• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第20話「民主化の波は、きみの国を襲うかもしれないね。うかうかしてられない」

2011年3月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 MTCの東京本社には沢口萌が入社し、シンガポールのMTCラボに赴任した。MTCラボでは原価計算のシステムを作るよう達也に指示されていた。

 萌は自分の会計知識には不安を抱いていたが、実地で身に付けようと考えていた。

 MTCラボの金子順平は萌の赴任を待っていた。金子がいる工場ではK01の生産に追われていた。電気自動車の電池の性能を飛躍的に上げるこの製品には、各国のメーカーから注文が殺到していた。

 東京のMTC本社では、団達也と細谷真理が今後の事業展開について会議を重ねていた。その時、伊豆の病院から達也に電話がかかってきた。達也の恩師、宇佐見が重篤だという知らせだった。

上海

 「きな臭くなってきた」
 ジェームスはリンダに電話をかけた。毎週一度、2人は学生時代のように話し合っている。だが、今日の話題は特別だった。北アフリカの政変だ。

 これまで、ジェームスは欧州の金融危機ばかり警戒してきた。だが、それまで全くと言っていいほど注意を払ってこなかった北アフリカに火の手が上がった。最初はチュニジアだった。それから瞬く間にアラブの大国エジプトに飛び火し、そして、リビアへと火の手が移った。

 ジェームスはこのリビアの動向が、世界史を大きく変えるかもしれない、とリンダに伝えた。

 リビアの国土面積は176万平方キロメートル。日本の約4.6倍の大きさだ。人口は約629万人(2008年)と東京都の半分ほどの国だ。

 だが原油埋蔵量は世界8位。2010年のリビアの一人当たりGDPは1万2062ドル。隣国のエジプトやチュニジアなどの国々と比べると図抜けて裕福だ。

 成り行きでは、世界は不況のどん底に叩き込まれるかもしれない。そんな一触即発の時に、世界中の国々が直面している。

 「彼らはインターネットの影響を過小評価していたようだね」

 中東や北アフリカは若年層が急増していることから、それに比例してインターネットの利用者も爆発的に増えている。たとえば、エジプトのフェイスブック利用者は565万人、チュニジアは220万人、そしてリビアは30万人だ。ネットで結ばれた若い世代が一斉に蜂起して革命を起こしているのだ。

 しかも、彼らは世界秩序さえも大きく変えようとしている。

「熱血!会計物語 ~社長、団達也が行くseason2」のバックナンバー

一覧

「第20話「民主化の波は、きみの国を襲うかもしれないね。うかうかしてられない」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO