• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

電子書籍を買ってしまった!

「紙の本」が好きだったのに…

  • 津山 恵子

バックナンバー

2011年3月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ついに、電子書籍を買ってしまった。

 「えっ。最新メディア生活って言ってたのに、今ごろ電子書籍を初めて買ったの?」

 はい。呆れられても仕方ない。だって、本当のことだから。

いつも本が友達だった

 私は長く「通信社記者」という仕事をしてきた。そんな仕事についたのも、活字が大好きだから。今の私からは想像できないことだが、子供の頃は体が弱かった。だから、同級生が外で元気に飛び回っている時、私と一緒にいてくれるのは本だけだった。

 毎晩、ベッドに入る時も、必ずお気に入りの本を抱えていた。紙のページをめくり、作品の世界に入っていく。今もその習性は抜けない。雑誌でも本でも、何か必ず枕元に用意する。そうしなければ、眠りにつけない。

 だから、電子書籍なんて、まったく興味がなかった。というか、本のカタチと紙の感触がないとすれば、それは私にとって、いつも一緒にいた「本」ではなかった。

 だから、電子書籍を買ってしまう「準備」ともいえる電子リーダーなど、絶対に買わなかった。今でも、持っていない。

 ところが、買ってしまった…。

 ことの次第はこうだ。

 仕事の調べ物で、どうしても必要な学術書を探していた。

 「アマゾンじゃ、ないだろうな」。そう思って検索すると、運良く見つけてしまった。

 ところが、価格は44.95ドル…。高っ。しかも、無料配達だと、到着は最短で5日後だという。

 うーん、買わなくても仕事には差し支えないかも…。そうだ、そこまでしなくても、原稿は書ける。そんな言い訳が頭をよぎったその時、こんな表示に気付いた。

 「キンドル版31.96ドル」

 もちろん、アマゾンが販売する有名な電子リーダー「キンドル」は持っていない。だが、パソコンやスマートフォンに、アマゾンのソフトウエアを無料ダウンロードして、電子書籍を読むことができるという。

 ちょっと気になる。電子書籍は買わないけど、ソフトはダウンロードしてみようか…。

 この心の隙が、その後の運命を決した。

コメント8件コメント/レビュー

私も海外在住ですが、日本の書籍を取り寄せるのは非常にコスト高で時間がかかります。電子書籍なら、購入してすぐ読み始められるのになぁといつも溜息をついています。また、読んだらすぐ不要になる本があまりに多いので、気に入った本だけ紙の書籍として(も)買えばいいのではと思います。周囲の人に勧めて貸し出せますし。(2011/03/10)

「津山恵子の「NY発 メディア新世紀」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私も海外在住ですが、日本の書籍を取り寄せるのは非常にコスト高で時間がかかります。電子書籍なら、購入してすぐ読み始められるのになぁといつも溜息をついています。また、読んだらすぐ不要になる本があまりに多いので、気に入った本だけ紙の書籍として(も)買えばいいのではと思います。周囲の人に勧めて貸し出せますし。(2011/03/10)

筆者の本を持って読むという一連の行為に対する愛着が感じられますね。電子Bookを使うことはそんな大好きな本を裏切った気持ちなのかな。自分も幼少のころ亡くなった祖父の蔵書をその黄ばんでカビ臭いページをめくり、旧かな使いに苦労しながら読んだことを懐かしく思い出しました。旧来のメディアに対する思い入れを払拭する機能性が電子書籍にはありますが、エモーショナルな付加価値まで消えていくところに寂しさを感じるので共感するコラムです。(2011/03/09)

エコノミーのために電子書籍を推進するのはわかるけど(著者のように消費が増えるようだし)、エコロジー観点で語る人を見ると、残念でしかない。紙は再生可能資源。土に還るし、植物は育てられる。しかし、電子機器に使う金属を得るのにどれだけの鉱石が採掘され、また廃棄した後はどうなっているのか…。 燃料は再生可能燃料がどうのって騒ぐ割に、その辺に考えが及ばないのだろうか。 (2011/03/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長