• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大企業が注目するツイッターサービス「アクティブサポート」とは何か

“不満”になる前に積極的に対話すれば“ファン”になってくれる

2011年3月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先月、NTTコミュニケーションズがTwitter/Facebookクライアントサービスの「CoTweet」の日本販売開始の記者発表会を開催していました(関連記事)。

 通信会社のNTTコミュニケーションズが、なぜツイッターやフェイスブック向けのツールを日本で展開するのか?と不思議に思う方も多いかもしれませんが、ここに実は今後のツイッター活用のヒントが隠れています。

 CoTweetというサービスは、名称からも想像できるように、もともと企業のツイッターアカウント運用を支援するために開発された管理サービスです。

 現在はフェイスブックにも対応し、企業のソーシャルメディア運用を支援するツールとして、無料版も含めると、既に2万社を超える企業が使っている海外では有名なサービスです。

 類似のサービスとしては、既に利用者が100万人を超えるツイッタークライアントとして有名な「Hootsuite」があり、こちらも企業向けの有料サービスを展開しています。

 実は、日本ではそれほどまだ大きな話題になっていませんが、米国においてはCoTweetやHootsuiteなど、ツイッターやフェイスブックなどを組織的に運用するためのツールを大企業が使うのが当たり前となりつつあります。

コメント0

「企業と顧客を結ぶソーシャルメディア」のバックナンバー

一覧

「大企業が注目するツイッターサービス「アクティブサポート」とは何か」の著者

徳力 基彦

徳力 基彦(とくりき・もとひこ)

アジャイルメディア・ネットワーク

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 代表取締役社長。NTTやIT系コンサルティングファームなどを経て、2006年にアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長