• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

外国人だって洗って欲しい? TOTOが目指す世界制覇

ウォシュレットとハイテクトイレで攻める

  • 安西 洋之,中林 鉄太郎

バックナンバー

2011年3月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本へ出張して公衆トイレに入ると、気づくことが沢山ある。

 今ではすっかり洋式トイレがメーンになっているが、たまに新しい和式トイレも見つけることができる。

ハイテクトイレ大国、日本

 そして日本の洋式トイレだが、さすが技術大国だけあってハイテクだ。自動で蓋が開き、便座は暖かく、もちろん温水洗浄便座が付いている。ところが、洗面台で手を洗うとタオルやドライヤーが少ない。仕方なく、ポケットからハンカチを取り出すことになる。

 このアンバランスが気になる。

 そうだ、まだ気になったことがある。日本ではホテルのトイレでもトイレブラシがないことが多い。日本のハイテクなトイレは、汚物が水で流れやすい仕組みになっているという。それでも、いつも100%流れてピカピカというわけではない。「その場合、どうすればいいのだろう?」という疑問が湧いてくる。

 また英国に行くと、洗面所など水まわりの雰囲気が、私の住んでいるイタリアのミラノとは違うと感じる。蛇口のデザインは素っ気なく、水垢が付いていることも少なくない。清潔感はロジックと馴れの問題だろうが、地域や時代によって違ってくることは確かだ。

 それゆえに、この分野でビジネスを展開するには、食と同じレベルの高い「ローカリゼーション意識」が要求されるはずだと考えた。

 そこを今回は突っ込んでみたい。お答えいただくのは、TOTOのアジア・オセアニア統括会社、TOTO ASIA OCEANIA PTE.LTD.副社長の谷江洋氏だ。

 現在、TOTOは、米州、中国、アジア・オセアニア、欧州、そして日本という世界5極体制をとっている。米州は主に米国だが、生産拠点をメキシコに設け、さらにブラジルやアルゼンチンといった南米への進出を見据えている。中国は市場規模が大きいため世界5地域の1つとして区分されている。その中国を除くアジアと中近東、オーストラリアを含めた地域をアジア・オセアニアとくくっている。欧州はドイツを拠点に、フランス、イタリア、イギリスの主要国とロシアの主要都市をターゲットにしている。

 同社は創立100周年に向けた中長期ビジョン「TOTO Vプラン2017」に取り組んでいる。マーケティング本部副本部長の野上薫氏によれば、2017年の数値目標を設定し、「国内住設事業」「海外住設事業」「新領域事業」という3つの事業にまたがるマーケティング革新など5つの全社横断的な革新活動を推進する。その1つにグローバル体制の強化がある。

 さて、まずは私が長年、疑問に思っていたことから聞いていこう。

コメント3

「「ローカリゼーションマップ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長