• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大震災が企業にもたらす3つの危機

リソース危機、デマンド危機、マインド危機に立ち向かえ!

  • 小屋 知幸

バックナンバー

2011年3月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

未曽有の危機

 3月11日に発生した東日本大震災は東北地方を中心に深刻な被害をもたらした。さらに、原子力発電所が危機的状況に陥っており、原子力事故による被害も非常に懸念されているところである。

 この震災が産業界に与える影響は甚大だ。被災地の企業が、地震や津波で直接的被害を受けたことは言うまでもない。それに加えて電力供給に大きな支障が生じたため、地震の直接的被害を受けなかった首都圏などの企業の活動にも影響が広がっている。さらに、消費マインドの急激な悪化により、今後は個人消費が大幅に落ち込むことが予想される。そして企業活動の停滞消費の冷え込みにより、回復途上にあった景気が大幅に後退することは避けられないと考えられる。

 また長期的には、被災者救済や復興対策に多額の予算投入が必要となる。今後の税収も落ち込むと予想されるため、国や地方の財政が一層悪化することは避けられないであろう。

 また今回の原子力発電所事故により、原発の安全性への信頼が大幅に損なわれたことの影響も深刻だ。原発の復旧には物理的に時間がかかる。さらに、今後の原発の再稼働や新設に対するハードルは一段と高くならざるを得ない。よって今後の日本は、環境負荷が高く、価格の高騰が見込まれる化石燃料への依存度を再び高めざるを得ないであろう。

 現時点で震災被害の全容は、まだ明らかになっていない。だが大地震、大津波に原発事故までが連鎖した今回の事態は、日本の戦後における未曽有の危機であると言ってもよいのではないだろうか。日本は、国の総力を挙げてこの危機を乗り切る必要がある。

 今後企業は、リソース(資源)危機デマンド(需要)危機マインド危機という3つの危機に直面すると見込まれる。そして個々の企業がこれらの危機を乗り越えていくことが、日本が復興に向けて道を歩むために不可欠であると考えられる。

リソース危機はすでに深刻化している

 今回の大震災は原発を含め、電力インフラに深刻な打撃を与えた。東京電力など電力会社は休止設備の再稼働などを含め電力供給能力の回復に努力するものの、それでも原発の穴を埋めることは困難であろう。このため東日本エリアの電力不足は、相当に長期化すると考えておく必要がある。

 電力は、あらゆるビジネスに不可欠なリソースである。そしてほとんどの企業は、必要な電力を安定的に調達できることを前提にビジネスの仕組みを形作ってきた。しかしこの前提は既に崩壊した。今後は停電により、工場設備、店舗、オフィスなどの稼働が停止するリスクを常に意識しておかなければならない。従って生産体制の組み換え、業務体制の組み換えなどにより停電リスクを最小化するための対策は、すぐに検討し実行に移さなければならない。

 また電力不足への対応は、個々の企業や個人の節電努力だけでなく社会全体で解決すべき問題でもある。有力な対応策の一つは、需要のピーク時の電力使用量を削減することである。このため企業が設備の稼働時間を、夜間や休日などにシフトすることが必要になってくるかもしれない。

コメント5

「東日本大震災」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授