• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

プレート説は地震の原因を十分には説明できない

M6~7の余震に注意せよ!

  • 森 永輔(日経ビジネスオンライン副編集長)

バックナンバー

2011年3月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 埼玉大学の角田史雄名誉教授は、地震が起こるメカニズムを「熱移送説」で説明する。「地核で発生し地球の表面へと伝わる熱が、地震や火山の噴火を起こす」というものだ。この説に従えば、東日本では今後もマグニチュード6~7程度の余震が起こる可能性がある。同氏は「警戒を怠ってはならない」と警鐘をならす。

 「熱移送説」はさらに、地震の世界で“常識”と考えられている「プレートテクトニクス説」は、地震の原因を十分に説明することはできないと指摘する。

(まとめは森 永輔=日経ビジネスオンライン副編集長)

埼玉大学 角田史雄名誉教授

 「熱移送説」は、地核で発生する「熱」が地殻に影響して、地震を起こしたり、火山を噴火させたりすると考える。その概要を説明しよう。

 熱移送説は、「熱で膨れた岩盤が割れる」という松澤武雄氏が説く「熱機関説」を理論的な根拠にして、深尾良夫氏らが作成した地球内の温度分布画像を基にして考えた仮説である。地核で発生した高温の熱が、その外側にあるマントル、さらに外側にある地殻などを貫いて、地球表層部に伝わる。

この熱が、環太平洋沿いに伝わって、噴火や地震のエネルギーになる。このエネルギーによって、環太平洋ゾーンの地殻の最も外側にある「花崗岩質岩層」と呼ばれる固くもろい層が膨らみ、曲がり、そして割れる。この時に生じる揺れが地震となる。これが、「熱移送説」の概要である。

 熱移送説は、この地殻から伝わる熱が火山の噴火の原因でもあると考える。地核からの熱が摂氏400度くらいになると岩石は溶け始める。1000度になると、岩石は完全に溶けてマグマができる。この過程で、大量の火山ガスが生まれる。ガス圧が高まると、マグマなどが地表へ噴出して、噴火が起きる。

 熱が伝わる経路に沿って、熱によって起きる地震と噴火も移動する。これらを、縦に発生場所の緯度、横に発生した日時を示す表に書き入れると、地震と噴火とは、1日に5kmずつ移動していることが突きとめられた。そうした移動が、1~1.5年ごとに繰り返し発生することも分かった。

 つまり「熱移送説」は、地核からの熱が、地球表層部を伝わることで、次々に火山の噴火と地震とをペアで発生させていく、と見る。さらに、この熱エネルギーが引き起こす地震や噴火には、以下の関係があると考える。1)噴火の規模が大きければ、地下にたまったエネルギーが大量に使われるので、地震の規模は相対的に小さくなる。つまり、火山が噴火すれば、それが熱エネルギーの“ガス抜き”となり、巨大地震を発生させるエネルギーが減るのである。一方、2)熱移送量が多いのに、噴火がない、もしくは噴火の規模が小さければ、地震の規模は相対的に大きくなる。

コメント6件コメント/レビュー

未曾有の大地震を目の当たりに報道で知り、都内で体験しこれほど恐ろしく、悲惨で無残な事を自然がする。この事実は有史以来世界各国で生じている。地震発生理論、予知に関して世界中の学者、見識者の方々が日夜研究されています。この度の記事を大変興味ある内容です。是非とも地震予知解決の手段として展開をして頂きたいと思います。(2011/03/24)

「東日本大震災」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

未曾有の大地震を目の当たりに報道で知り、都内で体験しこれほど恐ろしく、悲惨で無残な事を自然がする。この事実は有史以来世界各国で生じている。地震発生理論、予知に関して世界中の学者、見識者の方々が日夜研究されています。この度の記事を大変興味ある内容です。是非とも地震予知解決の手段として展開をして頂きたいと思います。(2011/03/24)

私が高校生だった約30年前には、プレートテクトニクスは仮説として地学の教科書に載っていたと記憶しています。いつの間にか定説になったのだと思っていましたが、説明しきれないことがあるのですね。今回の地震で研究が更に進むと良いなと思います。(2011/03/23)

地球も熱機関であって、だんだん冷えるプロセスが地殻の有力な動力源なのは間違いないだろう。そういう意味では「プレートが動きます」ではなく、「地球が何十億年もかけて冷えていくプロセスの一部です」と言う方がエレガントなのは確かである。もっとも、「プレートテクトニクス」を「ビッグバン理論」と言い替えるのであれば、プルームテクトニクスはいわばインフレーション宇宙の導入のような物であって、言葉の上で否定する必要があるとも思えないが。(2011/03/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長