• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

開幕をめぐるドタバタ劇を検証する

米スポーツも揺れた「中断か、続行か」

2011年3月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本を襲った地震の一報を受けて以来、日本のことが気になって仕事が手につきません。オフィスの同じフロアの隣人からは、顔を合わせるたびに「今回のことで、本当に心を痛めている」「日本の友人として、一日も早い復興を願っている」といった言葉をかけられます。アメリカという異国で今回の大震災を経験した日本人として、多くのアメリカ人が日本のことを友人として、心配してくれている事実をお伝えしたいと思います。また、彼らの想いが被災地の方々にも届くことを心より願っています。

 今回は、米国のスポーツ組織が、有事に際して下してきた意思決定を振り返って検証します。それが、日本のスポーツ界が、東日本大震災の復興支援に力を発揮するための手助けになれば、という思いで筆を進めました。

シーズン開幕で足並みが乱れるプロ野球

 日本で「二大プロスポーツ」といえる野球とサッカーの、震災後の対応が注目されています。シーズン開幕直後に震災に襲われたJリーグは、早々に3月中の公式戦の中止を決定し、3月22日に開催されたJ1・J2臨時合同実行委員会で、4月23日からシーズンを再開することを決めました。

 一方、シーズン開幕直前だったプロ野球界では、開幕のタイミングについてセ・パ両リーグで対応が分かれる形となり、物議を醸しています。震災によって本拠地「クリネックススタジアム宮城」が被害を受けた楽天ゴールデンイーグルスの所属するパ・リーグは、3月25日に予定されていたシーズン開幕を4月12日に延期することを決めました。これに対し、球団の受けた被害がパ・リーグに比べて少なかったセ・リーグは、当初の予定通り3月25日の開幕を主張していましたが、文部科学省からナイター自粛などの要請を受け、結果的に3月29日に開幕を延期することになりました。

 また、日本プロ野球選手会は、こうしたセ・パの分離開催の動きを受けて協議に入りました。その結果、「選手全体として、同時に開幕すべきという意見が大多数だった」として、日本野球機構(NPB)に対し、4月12日のセ・パ同時開幕を改めて求めていく立場を表明しています。サッカー界に比べると、野球界の足並みが乱れている印象は否めません。

コメント13件コメント/レビュー

セリーグのオーナーの皆さんに言いたい。あなた達が最初に開幕日程の協議をされてるころ、被災地ではまだ被災から1週間も経たず、何万何千かもわからぬ遺体が日々発見され、何十万の方々が家族を亡くし、家を失い避難所で今日の食料を心配しているさなかでした。同じプロ興行を運営するJリーグや女子ゴルフトーナメントがいち早く中止や延期を発表し、世界のプロスポーツの団体や選手が心からの哀悼を表すなかで、こともあろうに日本のプロ野球が被災者を元気付けるためとかの方便を使いながら自分達の利益だけを考えて開幕日を変えなかった。オーナーの皆さん、恥を知りなさい。あなた達の魂胆は明確です。もし本当にチャリティが目的だというのなら、開幕数十試合の収益の全てを被災地への義援金にしたらいかがですか。仮に停電の心配のない関西や広島で試合を開催したとして、日本の国民は心から野球の試合を楽しめるでしょうか。被災地の方々はそれで元気付けられるとお考えですか。さらに残念なのは今回もコミッショナーの権威がなんら発揮されずに球団オーナーの私欲の前にひれ伏したことです。もし著者が日米プロスポーツを比較するならこの点を是非検証して下さい。過去危機に直面して多くの経営者が判断を誤り消費者や国民の支持を失い会社ごと消えていった先例が多くあります。今後プロ野球もこの末路をたどるかどうかわかりませんがパリーグや選手会の良識がそれを食い止めることを願います。(2011/03/25)

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「開幕をめぐるドタバタ劇を検証する」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

セリーグのオーナーの皆さんに言いたい。あなた達が最初に開幕日程の協議をされてるころ、被災地ではまだ被災から1週間も経たず、何万何千かもわからぬ遺体が日々発見され、何十万の方々が家族を亡くし、家を失い避難所で今日の食料を心配しているさなかでした。同じプロ興行を運営するJリーグや女子ゴルフトーナメントがいち早く中止や延期を発表し、世界のプロスポーツの団体や選手が心からの哀悼を表すなかで、こともあろうに日本のプロ野球が被災者を元気付けるためとかの方便を使いながら自分達の利益だけを考えて開幕日を変えなかった。オーナーの皆さん、恥を知りなさい。あなた達の魂胆は明確です。もし本当にチャリティが目的だというのなら、開幕数十試合の収益の全てを被災地への義援金にしたらいかがですか。仮に停電の心配のない関西や広島で試合を開催したとして、日本の国民は心から野球の試合を楽しめるでしょうか。被災地の方々はそれで元気付けられるとお考えですか。さらに残念なのは今回もコミッショナーの権威がなんら発揮されずに球団オーナーの私欲の前にひれ伏したことです。もし著者が日米プロスポーツを比較するならこの点を是非検証して下さい。過去危機に直面して多くの経営者が判断を誤り消費者や国民の支持を失い会社ごと消えていった先例が多くあります。今後プロ野球もこの末路をたどるかどうかわかりませんがパリーグや選手会の良識がそれを食い止めることを願います。(2011/03/25)

大方のコメントにおいて問題視されているのは、「世論がナイター強行に反対している最大の原因は電力需要問題であるはずなのに、全くそれが取り上げられていない」ということです。「批判コメントを寄せた人は皆、筆者のことをナベツネさん擁護派と勘違いしている」と誤読してしまっている方こそ、冷静に皆さんのコメントを読み直してみましょう。そうすれば、"論点がずれている"ことこそが、この記事が批判を浴びる理由となっていることに気付くでしょう。モノ作り大国日本を支える工場は、需給逼迫のためフル稼働が難しい状況です。半導体工場などは、一瞬の電圧低下であっても製品が使い物にならなくなるため、電力供給不安は致命的な問題です。今のところ、東京23区を保護して停電を郊外に押し付けているからこそ、中央のお偉いさんたちはぬくぬくとナイター強行などということを口にできるのでしょう。日本の精密機器を支える中小工場は軒並み郊外に立地しているというのに、暢気なものです。(2011/03/24)

おい、おい。コメントを見てびっくりしたな、もう。著者は別に予定どおりに開幕しろ、するな、なんて一言も言っていないのに、なんであたかもナベ○ネ擁護のような扱いをされてしまうのかまったく不可解。みんなもっと冷静になろうよ。▼アメリカの過去の対応を参考例として整理、そしてスポーツ選手はもっとボランティアなどを通して積極的に社会にコミットしていくことができる、というのが著者の主張では?なぜか日本では9.11の時のメジャーリーグの対応ばかりが注目されますが、実はアメリカでも足並みが揃わなかったのだと知っただけでも、Jリーグ、パリーグの決断が間違っていなかったと言えるわけですし。▼念のために著者の言葉を抜粋「このように、スポーツの「責任」とは、試合を行うことだけではないはずです」。これはもうどう見ても立派なナベ○ネ批判でしょう、ね。(編集部へ:削除するなよ!「光るコメント」に入れてくれたら褒めてあげる(笑))(2011/03/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長