• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大震災で明確になった~ ソーシャルメディア3つの「限界」と4つの「可能性」

2011年3月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この記事を書いている時点で、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震からちょうど1週間が経ちます。

 たった1日でこれほど色んなものが変わるのかと思うほど、今回の地震やそれに伴う様々な被害は私たちの価値観を大きく変えてしまいました。そんな中、個人的にかえって明確になったと考えているのが、ツイッターやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、ブログなどのソーシャルメディアの限界と可能性です。

 まだ、今回の震災を総括するには早すぎるタイミングかもしれませんが、現在進行形で見えてきているソーシャルメディアの限界や可能性についてまとめてみたいと思います。

ソーシャルメディアの限界その1:回線がつながらなければ無意味

 まず、あまりにも当たり前の話ですが、今回改めて明確になったのが「いくらソーシャルメディアがインフラになった」と言っても、その下で動く通信網が落ちてしまえば無意味ということです。

 少なくとも地震の直後は様々な地域で携帯電話のネットワークが混雑し、電話はもちろんメールの送信も難しい状況になりました。

 今回、関東は比較的通信系の被害は大きくなかったため、固定回線やモバイルのブロードバンド回線を利用することでネット利用は意外に可能でしたが、被害が大きかった地域では携帯電話やスマートフォンによるネット利用は難しかったと聞いています。

 もちろん、全くつながらなかった電話に比べれば、ネット回線の方がまだ安定して利用できたという事実はありますが、やはり通信環境が安定しているからこそ、ソーシャルメディアが活躍できるというのを再認識させられた1日だったと思います。

ソーシャルメディアの限界その2:真偽が定かで無いデマ情報が伝播してしまう

 これも利用者からすれば当然の話ですが、マスメディアでたびたびネット上の風説の流布や偽情報の伝播が取り上げられていたように、ツイッターのようなソーシャルメディアというのはあくまで私たち利用者による伝聞の世界ですので、様々なデマが伝播しやすいというのが、今回改めて確認されました。

 話題になったものでは、千葉県市原市のコスモ石油千葉製油所のLPGタンク火災により、千葉県内に有害物質の雨が降るというものや、被災地にいる人のふりをして助けを求めるものなど、様々なものが発生し、混乱を招く結果になっています。

コメント0

「企業と顧客を結ぶソーシャルメディア」のバックナンバー

一覧

「大震災で明確になった~ ソーシャルメディア3つの「限界」と4つの「可能性」」の著者

徳力 基彦

徳力 基彦(とくりき・もとひこ)

アジャイルメディア・ネットワーク

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 代表取締役社長。NTTやIT系コンサルティングファームなどを経て、2006年にアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官