• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

擦り合いを通じて、お互いを深く知り合える

山田 メユミ アイスタイル取締役@cosme主宰兼CCO(最高コミュニティ責任者)

  • 増田 晶文

バックナンバー

2011年4月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 山田メユミは1999年12月に、仲間たちと化粧品や美容の情報ポータルサイト「@cosme(アットコスメ)」を立ち上げた。そのとき山田は26歳だった。

 この連載で出会った数々のアントレプレナーの中でも、出色の若さで創業を果たしたことになる。

 山田の実力と話題性は、日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」で2001年にネット部門、2004年にリーダー部門を受賞したことでも、ご理解いただけるはずだ。

 彼女の仕事において「若さ」は最大のテーマといえよう。山田も自身の若さ、ことに体力面では恃むところが大きかったはずだ。

 ところが――山田は日本人形さながらの、乳白にほんのり桜を滴らせたような顔色を曇らせた。

 「32か33歳くらいのことでしょうか。会社が何とか軌道に乗り出した頃、ストレスがうまく抜けないと感じるようになってしまいました」

 山田は運動不足を痛感する。そして、行動を起こした。

 山田のスポーツに対するアクションは、あたかも彼女と事業がそうであったように、張力が張力を呼んで勢いづき、スイムとバイク、ランの3種目をこなすところへ行きつく。

 「トライアスロンは競技が次々に変わっていくので、使う筋肉も変わりますし、一つひとつをクリアしていくのが楽しいんです」

 ひな人形がもう少し相好をくずすと、こうなる――そんな按配で山田は頬を緩めたのだった。

 化粧品や美容の情報ポータルサイト「@cosme(アットコスメ)」を主催する山田メユミは、年齢的にアラフォーということになる。

 彼女と向き合ったとき、30代を少しだけオーバーしているのかと予想をつけていた。しかし、見事に目論見が外れてしまった。

山田 メユミ(やまだ・めゆみ)
アイスタイル取締役@cosme主宰兼CCO(最高コミュニティ責任者)。1995年に東京理科大学卒業後、化粧品原料メーカー研究開発部門、化粧品メーカー商品開発部を経て、1999年に化粧品コミュニティサイト「@cosme(アットコスメ)」などを運営するアイスタイルの立ち上げに参画、2000年に入社し、現在に至る。

 だいたいにおいて私は「年齢なんかどーでもえーわ。そんなんより人間性がモンダイやんか」と思っておるのであるが、ノンフィクションとかルポとか雑誌記事ちゅうのは、歳をきちんと押さえておく必要があるということになっている。

 だから、山田に生年をお尋ねしたのであった。彼女はためらいも、口ごもりもせず、さわやかな声音で即答してくれた。

 「私は1972年8月に父の転勤先の福岡で生まれました。その後、東京に戻って、幼稚園に入る頃から千葉に移っています」

 人と逢って、話して、感じて、それを発酵させ、あれこれ言葉をひねくって書きつづる仕事をして17年になるけれど、この5年ほどで「人の歳って、外見だけではわからんわ」とぼやくことしきりになった。

メルマガで知った女性のエネルギー

 ことに婦女子に若々しい人が多い。そして、この現象は間違いなく化粧品や美容の進化に負うところが大きいはずだ。山田が創業メンバーに名を連ね、取締役として活躍している「@cosme」もそこに寄与するところ著しいのではないか。

 何しろ、今や「@cosme」は、サイト利用者350万人(パソコン版のみ、モバイルは未集計)、クチコミ件数860万件という日本最大級のサイトに成長し、近年はショップ展開にも積極的だ。こういう方面に疎いオッサンの私はともかく、年齢や階層を問わず美容に興味のある“女子”なら、一度はアクセスしたことがあるというのだから、その企業力には活目しなければいけない。

「なぜ経営者は泳ぎ、漕ぎ、走るのか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長