• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「アメリカに放射能が来る」世界で吹き荒れるパニック報道

CNN、ロイターも流したトンデモ情報

  • 加藤 靖子

バックナンバー

2011年3月27日(日)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災が発生してから、もう2週間近くが経とうとしている。アメリカに住む私も、多くの日本人と同じように、地震と津波、そして原発に至るまで、日本が直面しているこの危機的状況から目を離すことができなかった。

 一報を聞いて、息を飲んでから一週間、寝ている時を除けば、ほぼインターネットの前に張り付いた。刻一刻と変わる被害状況を、各新聞や通信社のウェブサイトで確認して回りながら、NHKが震災のために特別配信していたリアルタイム放送をネットで流しっぱなしにした。

 米国メディアに目を向けても、状況は同じだった。米国のニュース番組やサイトが、日本で起きた震災の報道で埋め尽くされた。日本の出来事が、これほど大きく扱われ続けたことが過去にあっただろうか。

 その報道は、日米ともに地震と津波を伝えることから始まった。最初は地震のパワーやメカニズムの解説に始まって、時間を追うごとに被害の全容が明らかになり、変わり果ててしまった被災地を映し出した。

 この頃、世界中から記者たちが現地に入り、被災者の様子も詳細に伝えられた。

 妻子の遺体を体育館で発見して泣き崩れる男性や、買い物に出かけた先で津波が起こり、家で寝かしつけていた娘を遺体で発見した母親の話…。

 被災地の惨状を伝える内容は、こちら米国でも大量に報じられ、読めば読むほど心が折れそうになった。それは、米国人の心も動かした。丁寧に取材された報道から、震災の様子が世界中に伝わり、日本に対する注目度が一気に高まった。

 ところが、ここから米国をはじめとした世界の報道が、大きく軌道を外れていく。

 次々と外国人記者たちから「ニッポンの震災の凄惨さ」が報じられた。

 当初は好意的な内容も多かった。これだけ大変な状況で、暴動が起こらない。水の配給に数時間じっと待ち、配給を受けられなくても文句を言わずに帰っていく。避難所で互いに助け合う日本人が報じられ、その秩序を乱さない国民性が、海外メディアによって賞賛された。

 こうしたことは、国内メディアにとっては当たり前のことで、きっと日本人の良さとして気づいて報じることはなかっただろう。

 だが、海外メディアの冷静な報道は、ここまでだった。

コメント56件コメント/レビュー

南太平洋で核実験の放射性物質にさらされた住民がみたら大笑いしちゃいそう。50年前の核実験で放出された放射性物質だって当然世界中に飛散したはず。しかもセシウムよりはるかに有害なプルトニウムが。それとも放射線にさらされた世代から生まれてきたから現役世代は間抜け記事しかかけないのか。(2011/03/31)

「東日本大震災」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

南太平洋で核実験の放射性物質にさらされた住民がみたら大笑いしちゃいそう。50年前の核実験で放出された放射性物質だって当然世界中に飛散したはず。しかもセシウムよりはるかに有害なプルトニウムが。それとも放射線にさらされた世代から生まれてきたから現役世代は間抜け記事しかかけないのか。(2011/03/31)

昨日、米国(ウィスコンシン州)の知人から、東京ではペットボトルを買うのも制限されていると聞いたが、日本へ行くのを恐れている、との話を聞いたので驚いた次第です。今にも原発の汚染が首都にも迫っているような報道が米国では多いと聞いたので、風評被害ですよ、と言っておいた。やはり日本に来て直に見てもらうのが良いのかな、と思いました。(2011/03/31)

トンデモ報道ばかり集めれば、日本も大差無いです。正直なところ、海外の方が政府のリーダーシップ欠如を厳しく糾弾したり、今後を見据えて現在に警告をした記事だったりと、当事者でない分客観的な記事が多いように思います。日本のテレビなど、いまだに当時の悲惨な状況や、卒業式が行われたが亡くなった生徒がいる、等の「現在」の報道が多い。今を生きる人はもう未来を見据える時期に来ていると思います。こども手当の増額分はしない閣議決定の報道がありましたが、今後いくら必要でこの決定によりいくら捻出できて、いくら足りないのか。それによってはこども手当自体や高速無料化、所得補償の廃止等次の財源も考えていかねばならないはず。政府の発表をそのまま報道しているだけなのか、突っ込んだ報道が日本にはまったく見られない。夏の電力不足にしても東電一企業にできることは限られますから、これも政府の尻を叩いていかねばなりません。他にもたくさんあります。日本マスコミこそもっとしっかりしてもらいたい。(2011/03/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長