• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ハイチ大地震と東日本大震災の違いとは

日本の震災が投げかける、世界の災害危険度

  • 津山 恵子

バックナンバー

2011年3月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「東日本大震災とハイチ大地震との違いは何ですか?」

 私は昨年3月、大地震に引き裂かれたハイチにボランティアと取材を兼ねて行った。このことを知っている友人は、今回の日本の震災が起きてから、私に決まってそう尋ねる。今回は、「最新メディア」リポートをちょっと小休止して、メディアが流す日本の震災が世界にどんな影響を与えているのか考えてみる。

 「ハイチと比較して違いは」と聞かれると、まず2つのことが思い浮かぶ。

油断すればすべてが奪われる

 1つは、日本の被災地で、「安全」が被災者たちの意識の高さと助け合いの精神でいかに守られているかという点。そしてもう1つは、東日本大震災に続いて起きた福島第1原子力発電所の問題が、いかに広く世界の注目を浴びているかという点だ。

 ハイチ大地震は2010年1月12日の夕方に発生した。首都ポルトープランスを直撃し、大統領府、財務省などがある官公庁街の建物がぺちゃんこになった。死者は、現在までのところ約31万人。

 昨年、震源地に最も近いレオガンという街と首都ポルトープランスに11日間いたが、強く印象に残ったのは、「貧しさ」だった。国民1人当たりの平均年間所得が約500ドルと、日本や米国より2桁も低い。

 そんな貧困にあえぐ国の政府機能とインフラが壊滅したわけだから、地震が起きてから2カ月たっていたが、本当に何もなかった。電気も、食べ物も、靴も、衣料も、薬も無い無い尽くしだった。その状態はほぼ今も続いている。

 東日本大震災についての米国メディアの報道をみていて思い出したのは、ハリウッドも含めて「ハイチ支援」一色になった米国の中では、あまり言えなかった「安全」に関する懸念だ。

 ハイチにいた間、外出時は貴重品をすべてカメラマン用ジャケットの内側に入れていたが、すぐに出せるようにと外側のポケットに入れていたものは、知らないうちになくなった。サングラス、日焼け止め、乾電池、飴、ティッシュなどなど。

 ボランティアグループがキャンプをしていた水のパッケージ工場内でも、置いてあったスーツケースの中からも、ボランティアが持って来た食料やハードディスクドライブ、携帯電話の充電コードが1日で消えた。

 私たちのグループが行く2週間前には「国境なき医師団」の医師2人が誘拐されて、行方不明になったままだった。米国の弁護士グループによると、女性に対するレイプは地震発生後、2~3割も増加している。

 スウェーデンの赤十字がキャンプで角材を配る場面を撮影しに行ったが、ここでも、日本のように淡々と並んで静かに待つ避難所の風景とは全く違う「殺気」が漂っていた。列はできているのだが、女性と男性で列が分かれている。しかも女性の列は、摂氏40度以上の炎天下だというのに、前後の人が体をぴったりとつけるように隙間なく並んでいる。赤十字によると、割り込みがあった場合に、つかみ合いの喧嘩になるため、ボランティアが隙間なく並ぶように指導しているからだという。

 大地震後のハイチは明らかに危険だった。いや、だからこそ、大地震の被害に遭って、肉親や家屋、財産を奪われてもなお、自らの生命や健康の危険にさらされるような過酷な「生存競争」が続く中で、生きる人々の姿が「強靭」に思えたのだ。

コメント10

「津山恵子の「NY発 メディア新世紀」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック