• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

震災後のモノづくり復興、6つの条件

今こそ見直せ「メード・イン・ジャパン」の底力

  • 常盤 文克

バックナンバー

2011年3月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東北地方を襲った東日本大震災の影響がとどまるところを知りません。想像を絶する激しい地震と津波、そして原子力発電所の大事故という3つの重大災害が重なり、現地の被害の悲惨さは筆舌に尽くしがたいものです。

 被害に遭われた方たちには、心よりお見舞い申し上げます。また、原発事故の影響を最小限に食い止めようと体を張って作業に従事している人たちには、ただただ頭が下がる思いです。

 この未曽有の大災害によって、我が国はいま大変な危機にあります。直接的な被害だけでなく、電力不足に伴う計画停電と経済活動への影響、原発事故による身体と食の安全への不安など、今回の災害は日本の人々の生活を一変させました。

 同時に、地震や津波によって企業の工場や物流拠点なども大きなダメージを受けました。停電によって工場の稼働を停止、または抑制せざるを得ない企業も多く、結果として様々なモノの生産と流通が滞っています。

災害を契機にモノづくりの価値観を転換せよ

 この危機的な状況を乗り切るには、今まで当たり前だったもろもろの価値観を変え、この難局に臨まねばなりません。

 ここでは「モノづくり」をいろいろな視点から考えてみたいと思います。モノは多面体なので、どこから見るかでいろいろな顔を見せます。その1つが、モノに対する価値観(物差し)です。

 これまで我々の生活はモノに満ちあふれる一方で、これが欲しい、あれが欲しいと不満だらけで、モノに対する感謝の念が欠けていました。この甘い生き方を反省し、物差しを変えていく必要があります。

 また、日本のモノづくりは「量より質」と言いながらも、結局は量を追い求めてきました。企業は量を増やし、売り上げを伸ばし、利益という数字を追いかけることで成長してきたのです。

 家電や携帯電話、自動車といった製品には、最新・最高の技術で高機能・多機能が付加され、それが最良であるとされてきました。あれもこれも詰め込むことで差異化し、結果として一部の人にしか使われない機能が増えてしまったのです。モノづくりが肥大化し、「メタボ商品」が世にはびこってきたと言っていいでしょう。

 ところが、これは必ずしも使い手のニーズに合ったものではありません。本来の「質」を重視したモノづくりとは、使い手の真のニーズに応えることのはずです。最新・最高にこだわることなく、「最適な技術」で使い手に合った「最適な製品」をつくる。それこそが、本当の「質」とは言えないでしょうか。

 モノづくりのプロセスにも同じことが言えます。省資源(材料、部品の構造をより簡素に小さく)、省エネ(電力、石油の消費をより少なく無駄なく)の「最適な生産プロセス」を徹底的に追求することが重要です。モノのありがたみを知った今こそ、我々はモノづくりの本来の姿を見つめ直す、機会を迎えているのです。

「陰陽思想」に見る物事の対極の重要性

 2つ目が、物事の一点だけを見ないで、その対極にあるものをしっかり見ることです。以前にこのコラムで書きましたが、中国には「陰陽思想」があります。物事は必ず「陰」と「陽」の2つの組み合わせで成立している、という考え方です。

 物事には表と裏があり、昼があれば夜が、西があれば東があります。このように、物事は陰と陽が対立していながら、その両方があって初めて成り立つのです。一方だけを見て、その“対”にあるものを見逃してはなりません。

コメント6

「常盤文克の「新・日本型経営を探る」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック