• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リスニング――聞き取れたフリが上達の道

「ピンチ会話術」で自然にうまくなる

2011年4月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「シャワーのように英語を浴びるのがよい」、「分からなくても聞き続ければ、ある日突然理解できるようになる」ということはありません。だからといって集中して聴いても分からないことだらけだから、嫌気がさすだけです。「聞き取れたフリ」をしているうちに自然とうまくなります。これがいちばん楽な上達方法です。

「英語放送のつけっ放しでリスニングが伸びる」は真っ赤な嘘

 「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの英語力の中で、聞くことが最も難しいです。相手は何を話してもいいし、そのスピードも相手の自由です。しかも、こちらは何度も「もう一度言ってください」とは言えません。

 巷の学習教材には「一日中英語のテレビをつけていれば、それだけで耳が鍛えられるようになる」といったコマーシャルを打っているものがあります。リスニングは難しいので、学習者の意欲を削がない方法を奨励しているようです。どんな宣伝も誇大広告の感がありますが、リスニングはその最たるものでしょう。

 ぼくも初心者のころは騙されて「英語一日つけっ放し」をやってみました。何日もやりました。でも、何の変化も起きませんでした。ただ雑音が鳴っているだけです。車の騒音が聞こえる部屋に住んでいる人が、いつの間にかその音を聞き分けて車種の違いが分かるようになることはないでしょう。漫然と聞いていて力がついた人をぼくは知りません。

 リスニングは一生懸命やってもなかなか聞きとれないものです。試しに、日本語のテレビを見る際に画面を見ないで後ろを向いて聞いてみてください。すべてが聞き取れるのはアナウンサーの読むニュースくらいです。対談番組になると分からない個所がすぐに出てきます。芸能人によるバラエティ番組となるとぐっと難易度が増します。

 母国語であっても簡単でないのですから、英語ではなおさらです。集中して聞かないと伸びることはあり得ません。ところが、この練習は面白くありません。何度聞いても分からないところだらけだからです。

 ぼくのお勧めは「リスニングの勉強をしないこと」です。英語が嫌いになってしまいそうな練習は一切する必要はありません。

 「だったら気が楽だけど、それだとリスニングの力が伸びないままではないだろうか」と思われるでしょう。それがそうでもありません。

背伸びをしているうちに本当に背が伸びる

 ポイントは「聞き取れるフリをする」ことです。ネイティブと話す際に、こちらが分かっていないことを隠しながら、分かったような顔で会話を続けるのです。もちろん会話中は、相手の言う事を理解しようと必死で努めます。これを続けているうちに、聞き取りの力はだんだんとついてきます。

 会社が仕事を受注する場合に、それまでの自社のレベルを超えた仕事を積極的に取ってくる場合があります。例えば、一般住宅を手がける工務店が今までやったことのないエコ住宅の仕事を取るような場合です。最初は見よう見まねで新しい仕事をこなすのですが、こなしているうちに、だんだんと高いノウハウがついてくるのです。

 ぼくが勧めるのは、背伸びをしているうちに本当に背が伸びるのを待つことです。なぜ「聞き取れたフリ」が可能かと言えば、相手が話すことのすべてが分からなくてもだいたいのところは理解できるからです。日本のテレビ番組だってすべてが聞きとれているわけではないですが、完璧に分かった気になるのと同じ原理です。

 当然ですが、聞きとれたフリをする際は、相手にばれないようにしなくてはなりません。「自分の英語は銅メダルまでいかない。ネイティブと二人きりになったら話がもたないよ」と思っていらっしゃるかもしれません。

 しかし、うまく逃げ切るテクニックを駆使すればなんとかなります。これが今回紹介するピンチ会話術です。まず公式です。自分がまだうまく話せないレベルなのですから、
(1)基本は相手に話してもらう
(2)ピンチの時は自分が話す
 というものです。

コメント30

「英語は道具:銅メダル英語を目指せ」のバックナンバー

一覧

「リスニング――聞き取れたフリが上達の道」の著者

林 則行

林 則行(はやし・のりゆき)

投資家

投資家。全く英語が話せないのに資産運用のノウハウ修得のため渡米、コロンビア大学MBAにぎりぎり合格。仕事力と日本人の強みを生かすことで、社内最低の英語力ながら海外運用機関で株式運用部長。現在独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長