• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インドを席巻する韓国勢を破ったソニー

負け続けた「日本の家電」が気付いた失敗とは

  • 中村 真司

バックナンバー

2011年4月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 なぜ、日本企業はインド市場で失敗を繰り返すのか。これからの連載で、その真因と処方箋を考えていきたい。

 欧米企業や韓国企業がインドで躍進した裏には、現地の生活を知り尽くした製品開発がある。

 そこで筆者はインドの農村部に足を踏み入れた。そこには、「最先端、ニッポンの家電」が入り込めない未開の市場が広がっていた。

 インドの商業都市、ムンバイからクルマで2時間。典型的なインドの農村に到着した。

 トゥプガオン村。全部で150世帯が集まる村には、灼熱の太陽がふりそそぐ。平屋の家が並ぶが、そこに電柱と電線が立っていた。電線は、だらりと垂れ下がるようにして各家庭につながっている。粗雑な感じが、その様子からも見て取れる。

画像のクリックで拡大表示

 近年はインドでもインフラ投資が急速に進んでいるが、まだ電気が通っていない村も多い。だから、トゥプガオン村は、まだ恵まれた状況だと言える。それでも、1日に2時間以上は停電する。電圧も安定していない。

 だが、これがインドの生活インフラの実情である。全世帯の3分の2は、電気が通っていなかったり、供給が不安定なままになっていたりしている。

 インドで家電製品をヒットさせるには、この貧弱なインフラを頭に入れておかなければならない。

 例えば、インドの携帯電話は年間約1億台が売れる巨大市場だが、圧倒的なシェアを誇るのがフィンランドのノキア。2010年のノキアのシェアは50%を超えており、続いてサムソン電子(17%)、LG電子(6%)と韓国勢が続く。日本勢はまったく振るわず、ソニーエリクソンがかろうじて3%というシェアを持っているにすぎない。

 なぜノキアなのか。その秘密は、2003年に発売したモデル、Nokia 1100にある。インド特有の湿度の高さや、埃っぽさに目を付け、防塵・防湿機能を高めている。そして、最大の特徴は、携帯電話に懐中電灯を付けたことだ。

ノキアの携帯には上部に懐中電灯が付いていた

 電力事情が悪いインドにおいて、懐中電灯が携帯電話と一体になっていれば非常に便利な道具となる。だから、訪れた農村部の人々に聞くと、「停電も多いから、懐中電灯機能はよく使う」と話す。インド市場で懐中電灯付きのNokia 1100は大ヒット商品となった。

 ノキアはNokia1100の後継機種のNokia1616などにも懐中電灯機能を付けている。逆に、必要ない機能は徹底的に省き、低価格化も実現した。Nokia1616は、ムンバイの街中で1300ルピー(約2300円)で販売されていた。

 「インドの農村で1300ルピーは高額ではないか」。そう思われる方もいるだろう。だが、新興国ではインフラ整備が遅れていることから、固定電話よりも携帯電話が先に普及する傾向がある。事実、トゥプガオン村では1世帯当たり1台以上の携帯電話が普及している。近くにあるモルブ村も訪ねたが、こちらでも状況は同じだった。農家が様々な情報を入手するために、携帯電話は必需品になっている。

画像のクリックで拡大表示

 さらにBRICsの一角であるインドでは、農村部の購買力が急上昇している。インドの代表的な消費財メーカー、ヒンダスタン・ユニリーバの売上高に占める農村地域の割合は40%にも達する。今後4~5年で50%まで拡大すると予想されている。

コメント6

「インド進出 挫折の本質」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏