• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

嘘やデマが“生き残れない”ツイッター

2011年4月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、こちらのコラムで「大震災で明確になった~ ソーシャルメディア3つの「限界」と4つの「可能性」」という記事を書きました。

 前半の3つの限界に上げた中でも、特に今回改めて認識されたのがネット上の「デマ」の伝播でしょう。

 今回の大震災の過程では、様々なデマが話題になっており、特に注目されているのが今回の震災で情報インフラとして機能し始めているツイッター上でのデマの伝播でしょう。

ツイッターの弱点

 ツイッターではワンクリックで手軽に情報を引用して伝播させることができる「リツイート」という機能がついており、条件反射で簡単にそれらしいデマ情報を仲介してしまうことができる上、非公式RTと呼ばれる発言を改竄することでそれらしい情報を作ったり、文脈を変えてしまったりすることがおこるため、デマも伝播しやすいという弱点があることが今回改めて認識されています。

 ただ、細かくツイッターにおけるデマの伝播を分析してみると、いわゆるチェーンメールとは違うツイッターの性質が見えてきます。

チェーンメールとは違い、デマの否定も一瞬で広がる

 例えば前回のコラムでご紹介したコスモ石油に関するデマのケースを見てみましょう。

画像をクリックすると、サイトへジャンプします

 このケースでは「コスモ石油千葉製油所の爆発により有害物質が拡散し、雨などと一緒に降るから、肌を露出しないように」というような内容の情報が、利用者の間で広く伝播しました。

 実際には爆発したタンクに貯蔵されていたのはLPガスで有害物質ではなかったのですが、地震直後の衝撃的なタンク爆発映像とともに信憑性をまとい伝播してしまったものです。

 Googleリアルタイム検索で、ツイッター上の発言数の推移を見てみましょう。

 このデマが流れたのは3月11日の地震当日になりますが、その日のツイッター上での「コスモ石油」と「有害」というキーワードが含まれた発言の推移は下記のようなグラフになります。

出所:Google

 夕方の19時ぐらいから急速に発言数が増えていく様子が分ると思います。
 このグラフを見ると、このデマがかなりの伝播力で伝播していく様子を想像して頂けると思いますが、興味深いのはこの翌日です。


コメント16

「企業と顧客を結ぶソーシャルメディア」のバックナンバー

一覧

「嘘やデマが“生き残れない”ツイッター」の著者

徳力 基彦

徳力 基彦(とくりき・もとひこ)

アジャイルメディア・ネットワーク

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 代表取締役社長。NTTやIT系コンサルティングファームなどを経て、2006年にアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長