• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

復興の段階では冷めたリーダーが必要になる

加護野忠男・甲南大学特別客員教授が語る要諦

  • 加護野 忠男

バックナンバー

2011年4月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年3月11日に起きた東日本大震災。巨大地震は大津波や原発事故を誘発し、戦後最大の災害に発展。その結果、多くの日本企業の事業活動は、東日本にとどまらず全国にわたってマヒしてしまった。

 これまで追求してきた効率経営の歯車が一気に逆回転して、さまざまな負の連鎖が広がった。その反省に基づいて、企業は自らのあり方を再考しなければならない。大震災を転機として新たに創造し直すべき経営のモデルとは。企業で経営再創造の最前線に立つ実務家の取り組みや識者の論考を通して模索していく。

 今回に登場するのは、日本の経営戦略論や経営組織論の研究をリードしてきた加護野忠男・甲南大学特別客員教授。阪神・淡路大震災で被災した経験を持つ加護野氏は、この未曽有の危機をきっかけに、日本企業の抱える問題を直視せよと指摘。そのうえで、経営を創り直して再浮上するための要諦を示す。

(取材構成は、中野目純一=日経ビジネスオンライン記者)

 これまで目を背けてきた問題を直視して、日本という国や企業を一から創り直す。今回の大震災がもたらした国難は、その転機にしなければならない。

 では、直視してこなかった問題とは何か。その最たるものは、自分たちが思っていたほどの実力がなかったという現実である。例えば、「日本にはまだ技術力がある」という過信があった。日本の電機メーカーがサムスン電子やLG電子などの韓国勢に追い抜かれたことについても、「技術力では勝っているのに、ビジネスが下手で負けている」という見方がまかり通っていた。

 だが、今回の大震災によって、それは幻想に過ぎなかったことが明らかになった。日本が世界をリードしていると自負していた原子力発電所の事故で、米軍など海外の技術支援に頼らざるを得なくなっていることが、そのことを象徴的に示している。我々は技術力も失っていたのだ。

これまでも危機に直面してきたが、現実を直視しなかった

 これまでも改革の必要性が叫ばれ、様々な取り組みもなされてきた。しかし日本の経済や産業は再生していない。最大の原因は、技術力に対する過信が示すように、実態を正視することなく、そのために改革のスタート地点を見誤ったことにある。

 1995年の阪神・淡路大震災。北海道拓殖銀行や山一証券が経営破綻した97年の金融危機。そして近くでは2008年のリーマンショック──。この国はいくつもの危機に直面してきたが、それでも現実を正面から見据えるには至らなかった。

 だが、今回の大震災はこれまでの危機とは異なる。東日本一帯に甚大な被害が生じ、企業の生産活動の停止は東日本のみならず、全国的に広がっている。その影響の大きさは、これまでのどの危機とも比べ物にならない。太平洋戦争の敗戦以来の国難と言っていいだろう。これで幻想から目が覚めなければ、いつ覚醒すると言うのだろうか。

効率ばかりを追い求めすぎた弊害が噴出

 ここでしっかりと認識しなければならない問題は、技術力の衰えだけではない。効率ばかりを追い求めすぎた点についても反省する必要がある。

 日本の企業は「選択と集中」の号令の下、強いところに特化して弱いところを切り捨ててきた。その結果、特定の素材や部品を供給するメーカーの数がかなり減り、特定の企業に集中するようになっていた。それが、今回の大震災で生産の停止が全国や海外にも広がる一因となったことは否めない。予備のバッファーをきちんと作っておくべきだったのだ。

 効率を追い求めすぎた典型が、東京への一極集中である。私は阪神・淡路大震災の後にも、「この震災が神戸ではなく東京で起きていたらもっと大変なことになる。大阪など東京から離れたところに第2のセンター機能を設けておくべきだ」と主張した。

 こうした声はほかにも多かったが、現実には東京一極集中が加速した。その東京が原発の事故に伴う電力不足や計画停電という思わぬ形で機能不全に陥っている。東京一極集中の是正が、日本や日本の企業を創り直していくうえで重要なポイントの1つになる。

コメント17

「復興の経営学  ここから始まる企業再創造」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長