• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

放射能という“目に見えない恐怖”がもたらすストレスの脅威

市民が知りたい情報を伝えられないメディアの責任

2011年4月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「はっきり言って、もう放射能のおかげで家族崩壊です。ストレスでおかしくなりそうですよ」

 こう切り出したのは、大手商社に勤める大学時代の知人の男性である。

 「被災している方のことを考えると、こんな不満はささいなものだと非難されるかもしれませんが」と彼は前置きしたうえで、次のように語った。

 「私には来月に5歳になる息子と、2歳半の娘がいます。娘は未熟児だったんで、いまだに同じ年の子供よりも体が小さい。だから妻は余計に、神経質になってしまいまして。水は買い占めるわ、大変でした。換気扇も絶対に回しません。息子も2時間以上は外出させないので、サッカーの練習にしても、終わっていなくても2時間たつと強制的にやめさせるんです」

 「僕は正直、やりすぎじゃないかって思うんです。息子だって、周りの子供たちはまだ練習しているのに、なぜ自分だけ帰らされるか分からない。子供なりに戸惑っている。でも、妻は『この子のことを守れるのは、私しかいない。周りから何と言われてもいいの』と一点張りで、何か僕が言おうものなら、たちまちけんかになってしまうんです」

あからさまにトーンダウンした放射能に関する報道

 実は、この話を知人から聞いたのは、先週の金曜日(4月8日)のことである。

 先週といえば、原発事故の発生当初は過剰なまでに恐怖心をあおり立て、その後は手の平を返したように、「大丈夫。問題ない」という言葉を繰り返したメディアが、放射能に関する報道熱をあからさまにトーンダウンさせていた時期である。

 それまでで最大の余震が襲来した木曜日の夜でさえも、「原発に異常はない」という報道を繰り返すばかりだった。

 そして月曜日。震度6弱の余震が福島を襲った。その数時間前には、福島第1原子力発電所の周囲20キロの圏外で新たに「計画的避難区域」を設定すると枝野幸男官房長官が発表した矢先の出来事だった。余震の直後にも、東京電力、原子力安全・保安院の会見が立て続けに行われたが、「問題なく、冷却注水も再開されている」とのことだった。

 火曜日には、チェルノブイリと同じレベル7まで引き上げるとの報道もあった。

 ところが、「で、ここで暮らす私たちへの影響は? やはり問題ないのか?」という類のものは数週間前に比べると明らかに少ない。「なぜ、今さら?」「説明が足りない」といった批判は報道されてはいるが、“目に見えない脅威”そのものに関する情報は、明らかに少ない。これが報道疲れによるものなのかよく分からないが、どうにも伝える“熱”を失っているように思えてならないのだ。

 原発の現在の状況は、当初やたらと言われた『最悪のシナリオ』ではないのかもしれない(何が最悪のシナリオなのか、最後まで分からなかったが)。しかし、少なくとも原発の状況は何ら改善されたわけでなければ、“放射能”という、目に見えない恐怖がなくなったわけでもないはずである。

根拠なき不安から高まるストレス

 むしろ時間の経過に伴って、不安感による心理的ストレスは高まっているのではないだろうか。

 地震、津波、原発、風評と4重もの被害がのしかかっている福島の方たちはもとより、「被災している方のことを考えると……」とためらいながらも、放射能という目に見えない恐怖に翻弄されている人たちがいる。

 特に子供を持つ女性の見えない敵への根拠なき恐怖心は、かなり高い。世間の放射能に対するある種の“慣れ”が、余計にそういった根拠なき恐怖に苦悩する方たちのストレスを高めているようにさえ思える。

 そこで、今回は、目に見えない恐怖について、考えてみようと思う。

コメント102件コメント/レビュー

河合様 いつも興味深く読ませていただいております。今回紹介された方の奥様と私の妻とがそっくりですので、この方の気持ちはよくわかるつもりです。この方への助言としては、?楽観派vs悲観派と捉えるとトラブルの元→「自分で情報をとって判断できる人」vs「権威者(と思い込んでる輩)の言うことを鵜呑みにする人」なのです。鵜呑みにする人間なんだから、説得を試みるだけ無駄と思えるでしょう。「話せばわかる」などおめでたい輩の幻想です。洗脳された人間みたいなもんだと考え、諦めて放置しましょう、?子供に後者の性質が伝染るのを避ける努力をする。現状のレベルの放射性物質よりはるかに有害で可哀想です。→奥様の言動はまともではないから聞く価値がないが、聞けるところは聞いといてあげる優しさを持とうと子供に伝えておく、?私の妻のように不安症になる可能性を念頭に置いておき、言動が目に余りだしたら迷わず精神科に連れていきましょう。幸運を祈ります、とお伝え下さい。(2011/04/21)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「放射能という“目に見えない恐怖”がもたらすストレスの脅威」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

河合様 いつも興味深く読ませていただいております。今回紹介された方の奥様と私の妻とがそっくりですので、この方の気持ちはよくわかるつもりです。この方への助言としては、?楽観派vs悲観派と捉えるとトラブルの元→「自分で情報をとって判断できる人」vs「権威者(と思い込んでる輩)の言うことを鵜呑みにする人」なのです。鵜呑みにする人間なんだから、説得を試みるだけ無駄と思えるでしょう。「話せばわかる」などおめでたい輩の幻想です。洗脳された人間みたいなもんだと考え、諦めて放置しましょう、?子供に後者の性質が伝染るのを避ける努力をする。現状のレベルの放射性物質よりはるかに有害で可哀想です。→奥様の言動はまともではないから聞く価値がないが、聞けるところは聞いといてあげる優しさを持とうと子供に伝えておく、?私の妻のように不安症になる可能性を念頭に置いておき、言動が目に余りだしたら迷わず精神科に連れていきましょう。幸運を祈ります、とお伝え下さい。(2011/04/21)

相変わらず本記事には多数のコメントが続いていますね。知り得た情報から再度自分の見解をまとめなおしてみました。放射能とは酸素や太陽光線のようなものだと言うのが、これまでの多くの情報から得られた結論です。どちらも健康に不可欠ですが、ガンの発生リスクから考えれば、どちらも浴びない方がいい。酸素はガンによくないことは、放射線は多いが空気が薄い高地の住民がガンにかかりにくいことが示しています。例えば、チベットのラサやボリビアのラパスなど4000m位の高地に住んでいる人達は平地の5倍もの宇宙からの放射線を浴びており、日本では1ミリシーベルトと定められている年間許容放射線量の2倍に達するが、白血病になる確率は平地の人間と比較して同等かそれ以下です。日光浴のしすぎは皮膚ガンの原因となることはよく知られています。少量の放射線も体を刺激し、健康にいいとのデーターがあります(ホルミシス効果)。しかし、多分、ガンの発生リスクだけを考えれば浴びない方がいい。これはどの健康食品も、それだけで健康になるものはなく、取りすぎは有害であると言うことに似ています。そもそも人類は常に自然界の放射能に曝されて進化してきました。放射能に弱い生物は滅んでしまい、生き残った人類は放射能に対してかなりの耐性を持っています。放射能で壊された細胞は修復され、ほとんどは健全なものになるため、SFに出るモスラやゴジラなどの突然変異は起き得ません。しかし、修復力は免疫力などの違いで個人差が大きく、修復しそこなった細胞がガン化される。そして国は規制値を個人差を考慮する必要のない非常に低いレベルに定めているため、多くの人にとっては過剰な規制値と言えます。規制値以下ではタバコやストレスの弊害の方が何百倍も大きく、避難でストレスが大きくなる人は避難は避けるべきです。特に放射能の影響の小さいお年寄りは避難によって健康を害するリスクの方が放射能の怖さよりずっと大きいと言えます。いずれにしても過剰に恐れることは、放射能以上に健康には大きな弊害になります。(2011/04/20)

楽観過ぎて死ぬ人もいれば、悲観過ぎて自分で自分の首締めて死ぬ人もいるってことですかね。どちらにしても風評を鵜呑みにして、自分で納得いくまで検証しない人は淘汰される確率が高いということで。少なくとも私は自分で自分の首締めて死ぬような滑稽なことだけはごめんです。当人にしてみれば真剣でも一歩引いて俯瞰して見ることはなんにつけても大事ですよ。(2011/04/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長