• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「価値観の足し算」で良質なビジョンはできない

チーム創りを根本から学び直す【1】

2011年4月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第1回では「チームとは何か」「なぜ、チームを創るのか」についての問題提起をさせていただきました。続いて第2回ではチーム創りの前提としての安全な場の重要性についてお話しさせていただきました。

 私達が長年の取り組みで痛感していることは、誰もがチームや組織に属していながら、チームや組織を活かし、本来のチームの意義を活かすための本質的な取り組みが行われていないという事実でした。

 それは、私自身も長年、組織に属し仕事をしてきましたが、職務としてチーム創りについての学びを深めていなかったら気付かなかったことだと思います。

 マネジメントにしても人材開発にしても多くは対症療法的で部分最適が中心です。経営課題の多くは数値的な改善改革に重きが置かれ、最も重要な人的資本の価値を高める取り組みは表面的なものが多いように感じます。

 永続的成果は「人財」と良質なビジョンを持ったチームによってもたらされます。そのことの重要性を認識するだけではなく、経営や日々の業務の一環として取り組む企業やコミュニティが増えることで日本はさらに多様な豊かさを手にするのだと思います。

 また、私達全員が組織人である以上、新人から経営者までチーム創りについてしっかり学んでほしいと強く感じています。

チーム創りの「核」とは

 チーム創りの話をしていると、多くの皆さんの興味はどうしてもプロセスやノウハウに向いてしまいます。しかし、これまでもお話ししてきたように、それらが本当に意味のあるものになるためには、より良いチームを育むための環境や風土作りがとても重要なのです。それは、綺麗な花が咲くためには良い土壌が必要なのと同じです。

 チーム創りにとって重要な環境や風土には前回お話しした「安全な場」と、もう1つ重要なことがあります。それは「結束力を生み出す核をどのように創り出すか」ということです。

 チームがシナジーを生み出し、大きなチーム力を創り出す原動力は、チームメンバーの結束力と協調力です。これなしにシナジーは生まれません。

 この結束力と協調力を生み出すためには、チームに「核」が必要になります。「核」は大別すると「ネガティブな核」と「ポジティブな核」があります。

 ネガティブな核とは「危機感」です。これはステークホルダー全体にとって影響が大きければ大きいほど結束力と協調力が高まります。ただ、危機感により生まれた結束力と協調力は危機が去ってしまうことで簡単に消えてしまいます。つまり、一過性になりがちです。

 また、ネガティブな要因ですから特定の一時点においては大きなエネルギーを生み出すものの、長期化すれば逆に全体のエネルギーやモチベーションの低下につながってしまいます。

 そして、ポジティブな核とは「皆が共感し、心から欲するビジョン」(これを良質なビジョンと呼ぶことにします)です。良質なビジョンはモチベーションを高めるだけではなく、人材の人格面、能力面の成長を促進し、人生観にまで影響を与えます。

 また、定期的にビジョンの価値を再考し、改訂していくことで永続的に核として存在し続けることができます。

コメント1

「チーム創りの教科書 ミドルマネジャーのための「DoとBe」」のバックナンバー

一覧

「「価値観の足し算」で良質なビジョンはできない」の著者

斉藤 秀樹

斉藤 秀樹(さいとう・ひでき)

アクションラーニングソリューションズ代表取締役

ビジネス・チームビルディングの第1人者として、コンサルタントして活躍。アクションラーニングソリューションズ代表取締役、日本チームビルディング協会代表理事。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員