• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

episode:R1 「当然想定しているはずです。そうじゃなければエンジニアじゃない」

  • 阿川 大樹

バックナンバー

2011年4月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「第三企画室、出動す Returns」について
2009年5月11日から2010年7月27日まで毎週掲載されていた連載小説「第三企画室、出動す ボスはテスタ・ロッサ」の前半部分が徳間文庫から「幸福な会社」と改題、発売されました。この発売を記念して、特別編「第三企画室、出動す Returns」を一カ月に渡ってお届けします。旭山隆児(あさひやまりゅうじ)、風間麻美(かざまあさみ)、楠原弘毅(くすはらこうき)の3人が帰ってきましたよ!

 楠原弘毅の携帯は<あの音>でまた鳴った。緊急地震速報だ。

画像のクリックで拡大表示

「きゃぁあああ」

 風間麻美は、悲鳴とともに楠原の視野から消えた。

「なんですか……、あ、揺れ、来ましたね」

「とっくに来てるわよ」

 風間の声は机の下から聞こえている。

「上から落ちてくるものなんて、ないですよ」

 そう言う楠原は壁に貼りついている。

「こわいよ~。わたし地震とゴキブリだけはだめなの」

 弘毅くん、と、か弱い声で手招きする風間。

「呼ばれたって行けません」

「なんだ、君だってけっこう怖がっているじゃない」

「このマンション、制震構造のはずなんですけどねえ」

「やっぱ、29階の揺れはきついなあ」

 余震の揺れが収まるとふたりはやっと落ち着いた。風間が汗をかいて貼りついた髪を気にして額に手をやる。

「テレビ、点けて」

 引越でいらなくなった14型アナログテレビ。風間が自分で持ち込んだものだ。地デジになる7月までは使える。

 画面に速報が出ていた。

 震源は福島県浜通り。震度5強。横浜は震度3だったらしい。

「またですね」

「また余震かあ。勘弁して欲しいよ、もう」

 地震からまだ3日しか経っていない。

* * *

 3月11日。

 横浜もすごく揺れた。神戸で震災を体験したはずの楠原さえ凍りつくほど揺れた。

 そのときも風間は悲鳴を挙げて机の下に潜り込んだ。

 揺れが収まってまもなく、楠原がいち早く平常心を取り戻した。

「不安なときこそ、まず事実を知ることが大事ですからね」

 気象庁のサイトは繋がりにくかった。新聞社のサイトにはまだ何もない。

「ガレージ、大丈夫ですかね」

「あ、そうだ。電話してみる」

 風間が電話をかけ始めた。茅ヶ崎のサウスガレージ・ワンが心配だ。

コメント2件コメント/レビュー

タイトル通り、原子炉関係のエンジニア達にとっても今回の被災は「想定外」では無かったと思います。ただ、想定していたと言うと、その対策を取っていなかったことを非難されるから、口に出来ないだけなんでしょう。批判するだけの評論家や政治家、マスコミが相手では仕方ありません。客先でクレームが起きた時、「想定外でした」で済めばそんな楽なことはありません。お互いにプロだから、たとえ想定していても、コストや納期対応であらかじめ充分な処置が取られていなかったことが、理解できます。いま重要なのは、どれけ迅速に対応できるかでしょう。(2011/04/19)

「第三企画室、出動すReturns」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

タイトル通り、原子炉関係のエンジニア達にとっても今回の被災は「想定外」では無かったと思います。ただ、想定していたと言うと、その対策を取っていなかったことを非難されるから、口に出来ないだけなんでしょう。批判するだけの評論家や政治家、マスコミが相手では仕方ありません。客先でクレームが起きた時、「想定外でした」で済めばそんな楽なことはありません。お互いにプロだから、たとえ想定していても、コストや納期対応であらかじめ充分な処置が取られていなかったことが、理解できます。いま重要なのは、どれけ迅速に対応できるかでしょう。(2011/04/19)

やったー、第三企画室が戻ってきた!、と思ったがよく見ると「一カ月に渡ってお届けします」。何だー、たった一ヶ月ですか。いや、それでもうれしいし、贅沢言いたくはないですけど、どうして一ヶ月?前回終わってしまったときも、何か唐突な感じで、せっかく面白いのにどうして?と思った私でした。ひょっとしたら全然関係ないかもしれないが、もし読者の反響を見ているのだとしたら、ここに熱烈に再会を望んでいるファンがいますよー。きちんと切れの良いところまで連載してください。少なくともオルタナティブ・ゼロが収益を上げるようになるまでは。(2011/04/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長