• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アメリカ人が考え抜く「被災者のためにできること」

草の根から巻き起こる日本復興ムーブメント

  • 加藤 靖子

バックナンバー

2011年4月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月2日、米カリフォルニア州サンフランシスコ。東日本大震災の義援金を集めるために開催された「Bakesale for Japan」の会場に、続々と人が集まってきた。

 ベイクセールとは、クッキーやカップケーキなどの菓子を作って寄付し、イベント会場で販売して、集まった金を寄付する仕組みだ。米国では伝統的な募金集めの方法で、長い間、教会や学校で行われてきた。

全米で巻き起こる「パンを焼いて被災者を救おう」

 今回は東日本大震災の被災者のために募金を集めようと、サンフランシスコで食品販売店を営むサミン・ノスラットさん(写真下・左から2人目)が仕切った。ノスラットさんがこの企画を仲間に相談すると、西海岸から東海岸まで、瞬く間に参加者の輪が広がった。サンフランシスコで立ち上がったこのイベントは、最終的に、ニューヨーク、シカゴ、ハワイなど全米44カ所で実施された。

 会場の1つである、サンフランシスコのパシフィックハイツ地区にあるレストラン「SPQR」。この日は、昼の通常営業をやめて、ベイクセールの会場として使うことにした。この会場には、寄付する焼き菓子を両手に抱えてヨロヨロとやって来る人、笑顔で菓子を買っていく人、店先で声をかけるボランティアの人などがひしめきあい、活気で溢れていた。ベイクセールには焼き菓子を寄付したいという人々が次々とやって来て、その販売総数は把握しきれないほど多かったという。

コメント14

「東日本大震災」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授