• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アメリカ人が考え抜く「被災者のためにできること」

草の根から巻き起こる日本復興ムーブメント

  • 加藤 靖子

バックナンバー

2011年4月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月2日、米カリフォルニア州サンフランシスコ。東日本大震災の義援金を集めるために開催された「Bakesale for Japan」の会場に、続々と人が集まってきた。

 ベイクセールとは、クッキーやカップケーキなどの菓子を作って寄付し、イベント会場で販売して、集まった金を寄付する仕組みだ。米国では伝統的な募金集めの方法で、長い間、教会や学校で行われてきた。

全米で巻き起こる「パンを焼いて被災者を救おう」

 今回は東日本大震災の被災者のために募金を集めようと、サンフランシスコで食品販売店を営むサミン・ノスラットさん(写真下・左から2人目)が仕切った。ノスラットさんがこの企画を仲間に相談すると、西海岸から東海岸まで、瞬く間に参加者の輪が広がった。サンフランシスコで立ち上がったこのイベントは、最終的に、ニューヨーク、シカゴ、ハワイなど全米44カ所で実施された。

 会場の1つである、サンフランシスコのパシフィックハイツ地区にあるレストラン「SPQR」。この日は、昼の通常営業をやめて、ベイクセールの会場として使うことにした。この会場には、寄付する焼き菓子を両手に抱えてヨロヨロとやって来る人、笑顔で菓子を買っていく人、店先で声をかけるボランティアの人などがひしめきあい、活気で溢れていた。ベイクセールには焼き菓子を寄付したいという人々が次々とやって来て、その販売総数は把握しきれないほど多かったという。

コメント14件コメント/レビュー

こういうポジティブな感覚で前向きに取り組めるアメリカ人には、本当に尊敬の念を抱きます。日本人はどうしても後ろ向きというか自罰的な「自粛」という方向に走りがちです。(電力不足や品不足の問題で、節約など抑える方向の作用が働いたのは差し引いても)「花見自粛」とか「天罰」とか騒いでる、どこかの頭の古い知事に、ぜひこういう取り組みに参加して体感してもらいたい。リーダーこそ、前向きな行動が支援につながるような仕組みを作るのが仕事だと思います。(2011/04/19)

「東日本大震災」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こういうポジティブな感覚で前向きに取り組めるアメリカ人には、本当に尊敬の念を抱きます。日本人はどうしても後ろ向きというか自罰的な「自粛」という方向に走りがちです。(電力不足や品不足の問題で、節約など抑える方向の作用が働いたのは差し引いても)「花見自粛」とか「天罰」とか騒いでる、どこかの頭の古い知事に、ぜひこういう取り組みに参加して体感してもらいたい。リーダーこそ、前向きな行動が支援につながるような仕組みを作るのが仕事だと思います。(2011/04/19)

とてもありがたいし、救われる気持ちになりますね。草の根の親切には草の根で感謝を伝えるとコメントされていた方がいらっしゃいましたが、本当ですね。アメリカ人のこの明るさ、柔軟さ、親愛さ、自主性。日本人ももっと参考にしたいと思います。(2011/04/19)

イギリス在住です。 子どもたちが現地校に通っているので、今までイギリスのたくさんのチャリティ活動に触れ、懐の深さ、草の根の広さと強さ、そしてチャリティ自体を工夫して楽しむ文化に、感心してきました。今回の海外の日本支援も、草の根からセレブまで、素晴らしく、深く感謝したいと思います。http://matome.naver.jp/odai/2130295652081798901http://matome.naver.jp/odai/2130306917182895901ただ、こうした海外の支援に日本人はいまひとつ関心が薄く、どうやって感謝の心を伝えたらいいかを真剣に考える人が少ないようで心配です。管首相が海外7か国の主要紙に、かなりの予算をかけて感謝広告を出しました。 その際、管首相はもっとしっかりお礼を言うべき、など、まるでお礼を言うのは首相の仕事だというトーンのTwitterを見かけびっくりしました。海外の草の根の支援に対するお礼は、私たち、草の根の日本人が心を込めて、言葉に表して届けるべきではないでしょうか? 被災者の方はとてもそれどころではないし、大人は経済復興に専念するとして、日本中の中高大学生が、外国語の授業の一環で、心を込めたお礼の手紙を外国語で書いて、自分が一番素晴らしいと思う海外の支援に送る、というような動きが出来たら素晴らしいと思うのですが、先生方、いかがでしょうか?(2011/04/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授