• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

食べるベクレル、浴びるシーベルト

正しく怖がる放射能【2】

2011年4月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月15日付けで東京電力は福島第一原子力発電所事故に関する、詳細で分かりやすいまとめを発表しました。 

 今、これをご覧になって疑問に思われることがいろいろおありかもしれませんが、コラムでは前回、今回と流れに沿ってお話をしています。単発のご質問などは、前回同様、私のツイッターに直接いただければお答えできるものがあると思います。

 さて、ここに記されたデータ、例えば数値は、基本的にすべて正確を期して記されていると思ってよいと思います。もちろん測定値には誤差がつきものですが、意図的に数値を変化させるということはないと思います。逆に、これはいかがなものか、と思う部分も率直にあります。

 例えば、上にリンクした資料3ページと8ページには原子炉の概念図が描かれていますが2つを見比べてみてください。8ページの図は燃料が冷却水の中にある部分しか描かれていません。すぐ横には原子炉水位として「1号炉 -1600ミリ 2号炉 -1500ミリ 3号炉 -2250ミリ」という数値が記されています。これは、4メートルほどと伝えられる燃料棒のうち、1号炉は1メートル60センチ 2号炉は1メートル50センチ 3号炉は2メートル25センチ、冷却水よりも上に頭が出ており、そこが十分冷却できないという状態を示しています。それらが横の図には一切記されていない。

 これがどれくらい意図的であったのか、なかったのか、といった詮索はここではしないことにします。しかし、パッと見ただけではピンと来にくい数字に対して、直感に訴えやすい図が、必ずしも数値の内容を示していない、これはよろしくないと思います。

 例えば2号炉、3号炉の圧力容器の中は圧力値がマイナス、つまり負圧の数値が書き込まれています。負圧ときけば、実験装置やプラントに関わった経験があるひとなら「逆流」とか「吸い込み」とか、いろいろ嫌な連想を反射的にするものと思います。私は原子炉の専門家ではありませんが、小爆発によってすぐ外側の格納容器の一部破損が伝えられる原子炉で『負圧』ときくと、大気中の酸素を吸い込んで、炉内で発生する水素と爆発反応(水素爆発)を起こさないだろうか・・・などと心配になります。

 何はともあれ、データというのは、それをみて「おかしい!」とかピンと来なければ眺めていても何の意味もないもので、私も物質科学を離れて久しく、具体的な数値で分からないものは、物理学生時代の先輩など専門家におうかがいするようにしています。

 データを見てピンと来る、来ないの第一は、そのデータを測る方法、つまり「測定原理」を理解しているかどうか、にかかっています。ここでは「常識の源流探訪」流に「放射能発見」の源流から「見えない放射線の測り方」を振り返ってみたいと思います。

放射能の発見の原点:アンリ・ベクレル

 前回は、代表的な3つの放射線であるアルファ線、ベータ線とガンマ線をご紹介しましたが、内容的には実はアルファ線の説明で原子核や陽子、中性子などの基本的な話に脱線してしまいました。脱線と書きましたが、実はこの部分が一番基本的な内容なので、もし読み飛ばした方がおられましたら、もう1度よく見ておいてください。ここが分からないと、あとで被曝や原発の話をするとき、訳が分からなくなってしまいます。

 アルファ線の正体はヘリウム原子核でしたが、ベータ線の正体は電子線、ガンマ線の正体は光線だとお話しました。これについて簡単にお話しておきましょう。

コメント33件コメント/レビュー

判りやすくしようとした筆者の意図は良く判るが、それにしても回りくどく、現代人は読み飛ばすだろう。ただ、着目点は重要な所を突いているし、専門家がなかなかかけない事でもあるので見ておいたほうが良いと思う。(2011/05/11)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

判りやすくしようとした筆者の意図は良く判るが、それにしても回りくどく、現代人は読み飛ばすだろう。ただ、着目点は重要な所を突いているし、専門家がなかなかかけない事でもあるので見ておいたほうが良いと思う。(2011/05/11)

私は歴史叙述にやや冗長をかんじましたが、コメントを見ると、タイトルが要をして的を得ていたが故に詳論を冗長と受け取られたのでしょうか…あらためて文章表現の難しさを感じました▼シーベルトは、グレイという単位に対して「人体への影響度」をかけた値です。例えばα線なら20をかけるそうです。グレイは、「観測点の放射線の強さ」です。ですから、放射性物質の傍と離れた場所では、傍の方が値は大きくなります。ベクレルは、ある物体について「1秒間に何個の原子核が崩壊してるか」です。つまり「放射する能力(放射能)」の単位です。例えば、ピッチングマシンのパワーと、ボールがぶつかった時の衝撃力との関係ですね▼放射能(ベクレル)は詳しくは加速器で測定しますが、水道水等はガンマ線を測定してスペクトル解析をかけ、含有粒子量を推定しているようです。私が学生の時に扱った際の印象では、有効数字2桁(たとえば100なら95~104程度の誤差)ぐらいの精度が出せる機器もありそうでしたが、専門外なので実用されている精度はわかりません▼摂取制限の単位について。福島県で「Aの地点での放射線量」を測定する意味はありますね。今生活している時に被曝する放射線量は知っても意味がありますが、原発に含まれる放射性物質の放射能(ピッチングマシンの能力)がわかっても仕方がありません。しかし、「コップに入れた水道水の真上で計測した放射線量」は意味がありません。何故なら、それはその水道水を飲んだ人が内部被曝する放射線量ではないからです。。この場合は、今飛んできているボールよりも、ピッチングマシンの能力、つまり「水道水に含まれる放射性物質の放射能」を調べた方がより適切ということです。そして放射線量を人体への影響を加味して調整したのがシーベルト、放射能がベクレル、ということでしたね。放射能(ベクレル)は概算でシーベルト換算できますが、半減期、体内蓄積量も影響しますので、安全サイドの参考程度に考えておいた方が良いように思います。(注;私は放射線を扱う業務にはついていません(2011/04/25)

原発から約40km離れた所に住んでいます。放射線の問題は分かりづらく、多くの人が一時は市外に避難しましたが、今はそれぞれの納得と事情で戻ってくる人が大半の状況です。現場でのわかりづらさと不安感は”直ちに影響するレベルにない”というほぼ統一した言い方にあります。”では時間が過ぎれば影響があるということか?それはどんな状況下か?”について殆ど語られないからです。そこでシーベルト/時間が単位なのだから、積算値がポイントと思いつき市公表値を計算し一年後30mSvを十分下回りそうとわかり一つの安心を得た所です。もう一つの不満は、原発からの飛散物はどのような姿やサイズを示す資料がないことです。ご指摘の見える化に関連することです。遠方まで飛散するナノ微粒子もあれば、燃料棒の構造から考えて近距離では大き目のサイズなどいろいろあると思うのです。線量計数値のみが見える化ではやはり一般人の理解は難しいと思う次第です。この点を次回でも解説して頂きたいと思います。(2011/04/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長