• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

従業員3人で回す「九州トップホテル」、ホテル風早(下)

レストランは、宴会がない日だけ営業…

2011年4月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回のコラムで、大分県日田市豆田地区にある小さなホテルを取り上げた。そして、このホテル風早が阿蘇や由布院などの有名観光地だけでなく、博多や北九州のような産業集積地に囲まれている立地を逆手にとって、「観光地のハブ」となっていることを解説した。普通の町にある宿に泊まった客が、レンタカーを借りて、周辺の観光地を回るというモデルを作り上げたのだ。

 そして売上高が120%増となっているこのホテルが、どのように客数を伸ばし、しかも経営効率を高めているのか解き明かしていく。

レストランから始まり、苦しんだ歴史

 現在は宿泊施設として成功しているホテル風早だが、実はレストランとしてスタートしている。

 それは1988年のこと。九州を縦断する高速道路が開通すると、北部九州の大消費地を商圏と捉え、レストラン「欧風懐石 秋子想」をオープンした。

 今も、その建物が残っている。豆田のレトロな街並み合った、古民家風のしゃれたレストランである。落ち着いた雰囲気のこのレストランは、博多や小倉から来る観光客を対象に、客単価約4000円を想定して営業を開始した。

 レストランの開業当初、豆田を訪れる観光客すらほとんどいなかった。ほかにレストランがなかったのだから仕方ない。そして集客に苦しみ、厳しい経営状況が続いた。

 ところが、5~6年過ぎたころから、徐々にレストランに客が増え始めた。町にレストランが10軒ほどできたころから、この古い街並みを訪れる観光客が増えたのだ。そして、ホテル風早の原点となるレストランも、経営が少しずつ軌道に乗り始めた。

 そして、次に開業したのがホテル風早だった。

 1996年、レストランの隣に、ホテルを建築したのだ。そして昨年、宴会用施設「アプロディール 紙音」を開業した。ブライダルや弔事、パーティなどで利用できるようにしている。この宴会場は、レストランとホテルの間に設けられた。宴会場ができたことで、レストラン「秋子想」はパーティの待合室とした。レストランを宴会場に集約した形だ。

 今、レストランで提供している料理は、洋食でもなければ和食でもない。一部の料理はフランス料理のようにも見えるが、和食のテーストも失っていない。肉料理や魚料理はフランス料理風に調理され、バターやオリーブオイルを使ったソースがかかっている。コース料理ではパンやスープも出てくる。

 一方、前菜は和食の会席料理に近い。重箱に野菜の煮物やエビが入っている。フォークとナイフがテーブルに置かれているが、一緒に竹の箸もある。ご飯と味噌汁も出てくる。和洋折衷というか、両方の料理の「いいとこ取り」のようなメニューになっている。

 現在、レストラン「秋子想」は、宴会場内に移ったことで多くの客を収容できるようになった。また厨房も格段に広くなった。そして、効率的に調理できることもあって多くの客をこなせるようになり、回転率も上がった。それによって、より価格を下げて料理を出すことができるようになった。この好循環で、かつては来店しなかった地元住民がランチで気楽に利用するようにもなった。

コメント1件コメント/レビュー

同じような設備の企業でも運営次第で全然違う結果になりますね。同じような装置を揃えた工場でも同じです。運営次第で顧客から見ると全然違う企業になります。(2011/04/29)

「究極のサービス」のバックナンバー

一覧

「従業員3人で回す「九州トップホテル」、ホテル風早(下)」の著者

内藤 耕

内藤 耕(ないとう・こう)

サービス産業革新推進機構代表理事

世界銀行グループ、独立行政法人産業技術総合研究所サービス工学研究センターを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

同じような設備の企業でも運営次第で全然違う結果になりますね。同じような装置を揃えた工場でも同じです。運営次第で顧客から見ると全然違う企業になります。(2011/04/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長