• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

グーグル社員が仕事が楽しいワケを経済学で考える

成功報酬の「歪み効果」は“社員に愛される会社”で解決

  • 大野 由夏

バックナンバー

2011年4月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 セールスマンの報酬や賞与を業績にリンクさせるなど、成果主義的な「アメと鞭」の原理はビジネスの世界では日常的である。働く動機を与える為には当たり前と思われているが、最近、経済学の分野でその「常識」に対して相反する研究結果が出て話題になっている。後述するが実は「社員は必ず20%は業務外のことをしなければならない」というグーグルの20%ルールや成果主義の背後にも、これら経済学の最新の知見が生かされているのである。

 まず、経済学のトップ学術誌で紹介された3つの実験結果を紹介しよう。発表された当時、大変話題になったものだ。

成功報酬が効く時、効かない時

実験1
 自動車のフロントガラスを設置する作業で、時間当りの固定給を変更し、設置したガラス1枚当りの成功報酬にしたところ、労働者の努力レベルが上がっただけでなく、より能力の高い労働者を雇用でき、全体の生産性が44%上がった。

実験2
 IQ(知能指数)テストに成功報酬を導入し、1問正解につき成功報酬ゼロの場合、少額の場合と高額の場合を比較した。正解率が一番高かったのはゼロ、次いで高額報酬であり、なぜか少額報酬の成績が一番悪かった。また別の実験で、ボランティアの募金運動でも成功報酬ゼロの時が一番集まった募金の金額が多く、少額成功報酬での努力レベルが一番低かった。

実験3
 成功報酬が少額、中間レベル、非常に高額(平均月給レベル)という3つのケースを設定し、創造的思考能力・記憶・運動技能を試す6つのゲームをさせた。少額と中間レベルでは成績に有為な差が見られなかったが、高額報酬では成績が目立って低かった。

 実験1はエドワード・ラジア教授によるものだ。経済学で言う典型的なプリンシパル・エージェントモデルの結果が当てはまる。

 ここでは、仕事を依頼する人をプリンシパル、依頼される人をエージェントと呼ぶ。フロントガラスを同じ時間内に多数設置すれば収入が上がるので、従業員(エージェント)は以前より頑張って仕事をした。成功報酬の努力効果が得られたわけだ。この努力効果が通常私達が考える「アメと鞭の原理」だが、これに加えて能力の高い労働者を雇用することができるという効果もあった。

能力の高い人が引き寄せられる成功報酬制度

 すなわち成功報酬制度では能力の高い労働者は高収入を期待できるが、能力の低い人にとっては見込める収入がわずかで魅力的な仕事ではない。従って、成功報酬の仕組みを適切に設定して、その内容をあらかじめ知らせておく事で、能力の高い人だけが雇用を求めるようになったのだ。これを成功報酬のスクリーニング(ふるい分け)効果と呼ぼう。

 実験2のケースは、成功報酬の有無がもたらす結果の差を研究したものだ。成功報酬がない場合は、IQテストをちゃんと受けようとか、あるいは困っている人を助けたいなどという内面的価値・モチベーションでエージェントが行動した。ところが成功報酬をもらえるとなるとつい金銭的報酬に目が行き、その結果努力に向けた内面的モチベーションは、「正しい事をするため」から「金銭的な報酬のため」になってしまった。つまり内面的モチベーションが消されてしまったのだ。

 少額報酬ではこの失われた内面的価値・モチベーションの分を相殺しきれず、エージェントの努力のレベルが下がった。このように金銭的成功報酬が内面的モチベーションを下げてしまう現象を「モチベーション・クラウディングアウト(締め出し)効果」という。成功報酬で会社のために頑張ろうと思うやる気のある社員の気持ちをかえって損なうので、これはビジネスに取っては大きな問題だ。

 そして、成功報酬の最も深刻なマイナス点と考えられているのが実験3に出てくる緊張効果と歪み効果だ。

コメント1件コメント/レビュー

確かに、アメと鞭は限界があることは肌感覚で感じていたことでした。このように実験や数値で現れるとより分かりやすいですね。子供を育てるときもアメと鞭ではなく、自尊心を育てることの方が効果的だし。企業の個人情報流出なんかも、ハッキングより社員や元社員の仕業であることのほうが多いと聞きます。アメと鞭信仰の会社と何かあったのだろうな、と推測できます。(2011/04/28)

「「気鋭の論点」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

確かに、アメと鞭は限界があることは肌感覚で感じていたことでした。このように実験や数値で現れるとより分かりやすいですね。子供を育てるときもアメと鞭ではなく、自尊心を育てることの方が効果的だし。企業の個人情報流出なんかも、ハッキングより社員や元社員の仕業であることのほうが多いと聞きます。アメと鞭信仰の会社と何かあったのだろうな、と推測できます。(2011/04/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授