• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

長期微量被曝はどれくらい危険か

正しく怖がる放射能【4】

2011年5月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月に入りました。福島第一原発の状態はいずれも予断は許さないものの、一定の安定をみており、メディアの関心も事故直後とは様変わりしてきました。

 この連載の内容を基に書籍を編むという相談を版元としているのですが、3月4月時点の記載をそのまま活字にしても、多くの方に長期的に役立つ情報になるとは限りません。最初から「想定の範囲内」ではありましたが、実際にメディアの空気感や日経ビジネスオンラインにいただくコメントや、ツイッターでのやり取りなどを通じて、皮膚感覚の変化を感じています。

 長期的に続くことがほぼ分かっている問題として、前回は原子炉の冷却の問題を扱いましたが、今回は「微量被曝」について考えたいと思います。

 最初に結論を言いますと、微量被曝について不用意に確定的なことを言うと、多くの場合、ウソになってしまう、ということです。

 なぜか? それは、人によって放射線への感受性に個体差が大きくあるからです。例えばたばこで考えてみましょう。ストラヴィンスキーという作曲家はヘビースモーカーでしたが88歳の長寿を保ちました。一方、私の父もハイライトを1日2箱くらい吸う喫煙者でしたが46歳で亡くなりました。父の場合はシベリア抑留中に罹患した結核・脊椎カリエスなど、若い時に手ひどく健康を痛めつけられたことが深く関係していますが、そんなことも含めて「個体差」に違いありません。

 今のはたばこの例でしたが、同じ放射線量を浴びても、深刻な病気を引き起こすか、そうでないかは個体差が大きく、あらゆる長期的な見通しは確率的にしか言うことができません。

確定的影響と確率的影響

 幾度も記していますが、被曝の影響は2つの異なる種類に分けられます。1つは被曝後直ちに現れる急性障害で、「確定的影響」と呼ばれます。

 確定的影響は被曝量によっていろいろ異なり、また個体差もありますが

*目の水晶体 総線量2シーベルト程度で混濁、5シーベルトで白内障
 
*骨髄 高感受性で総計0.5~1シーベルトで白血病などの懸念
(ただし強い再生能力があるので、造血幹細胞療法などが有効となる)
 
*腎臓 低感受性。1カ月以上にわたって20シーベルト以上被曝しても耐えた例がある
 
*卵巣 総線量3シーベルト以上で不妊の原因に
 
*睾丸 1回0.1シーベルトの被曝で一時的不妊。総線量2シーベルト以上で永久不妊

といった具合で、一つひとつ症状を見ると、恐ろしいものだと改めて思います。

 期間はさまざまとして、浴びた総量で大まかに考えて0.1シーベルト(100ミリシーベルト)から1シーベルト(1000ミリシーベルト)に達すると、健康への影響が懸念され、1~3シーベルト(1000ミリ~3000ミリシーベルト)の被曝量は直ちに適切な治療が必要、3シーベルト以上の被曝量は生命に危険があると考え、正しく恐れることが必要だと思います。

低線量被曝と晩発的影響

 今挙げた、被曝直後から現れる急性の症状、つまり、より少線量の被曝による、確定的な症状以外の影響は、すぐには目に見えないので「晩発的影響」と呼ばれています。

 同じ線量を被曝しても、発症する人もいれば、そうでない人もいる。そこで「確率的影響」とも呼ばれます。あくまで目安にしか過ぎませんが、一定以上の線量被曝すると、数年程度の間に癌が発生する可能性が指摘されています。

 臓器によって放射線への耐性、感受性が違っており、

総線量 0.3シーベルト 乳癌など
総線量 0.4~0.5シーベルト 白血病、リンパ組織系の癌
総線量 0.6シーベルト すい臓癌など
総線量 0.7シーベルト 肺癌など
総線量 0.9シーベルト 胃癌、骨癌など
総線量 1シーベルト 甲状腺癌

などとなっています。

コメント84件コメント/レビュー

コメントされた方の多くに間違いや勘違い、思い違いが多いのに驚く。その為のコラムであるにも関わらずだ。残念ながらせっかく優しく解説されているにも関わらず十分理解されてない。残念である。線量の数字に拘る人、放射性物質に拘る人、問題点のマトリックスの要素はそれだけでは無い。赤ちゃん、幼児、小中高生、青年、中年、初老、老人、男女、妊娠の有無など(他にも持病とかもあるが)非常に多岐に渡り一括りにはできない。例えば線量は大人で妊娠していなければ外部被曝は年間20mSvでも大きな問題にはならないだろう。少ないに越したことはないが。だが、同じ基準で内部被曝となると大きく前提が異なる。外部被曝は凄く大雑把にはβ線とγ線といっていいが内部被曝は放射性物質が体内に入り至近距離からαβγ各線の影響を直接受けるのである。これは体内からなので簡単に除染できるものでは無い。なのにうっかり気づかず水や食料、呼吸から簡単に体内に入ってしまう。内部被曝の恐れに気づけば直ぐに病院で見てもらえば対策があるだろうが、気づかなければ重大な事態に陥る可能性もある。普通の大人は20mSvで良くても子供の外部被曝は同列に語れない。取りあえず10mSvまで下げてもらったが、赤ちゃんも中学生も同じ10mSvでいいのか?と言う事に誰が答えられるだろうか?同列に語って良いとはとても思えない。母乳に放射性ヨウ素が検出された話が出ていたが、赤ちゃんはどうなる?母親は?これは単純に規制値何μSv/h以下だから大丈夫って数字で割りきっていい話ではないだろう。逆に70最以上の老人には大変失礼だが、外部も内部被曝も20mSvでも何ら問題ないどころかそれ以上でも良いかも知れない。申し訳無いが、後30年後に影響が出て死んだとしても100歳だからだ。赤ちゃんが30年後に病床で無くなるのとは比較にならない。この様に大雑把に分けたとしても色々なケースがあり同じ条件であったとしても大人なら単なる風評だが子供なら一大事と結論は大きく変わることを理解しないといけない。ひとつ屋根の下に生活している親と子、祖父母であっても、それそれ放射線、放射性物質による影響は各自で大きく違うのだ。十把一絡げの結論はいけない。(2011/05/14)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントされた方の多くに間違いや勘違い、思い違いが多いのに驚く。その為のコラムであるにも関わらずだ。残念ながらせっかく優しく解説されているにも関わらず十分理解されてない。残念である。線量の数字に拘る人、放射性物質に拘る人、問題点のマトリックスの要素はそれだけでは無い。赤ちゃん、幼児、小中高生、青年、中年、初老、老人、男女、妊娠の有無など(他にも持病とかもあるが)非常に多岐に渡り一括りにはできない。例えば線量は大人で妊娠していなければ外部被曝は年間20mSvでも大きな問題にはならないだろう。少ないに越したことはないが。だが、同じ基準で内部被曝となると大きく前提が異なる。外部被曝は凄く大雑把にはβ線とγ線といっていいが内部被曝は放射性物質が体内に入り至近距離からαβγ各線の影響を直接受けるのである。これは体内からなので簡単に除染できるものでは無い。なのにうっかり気づかず水や食料、呼吸から簡単に体内に入ってしまう。内部被曝の恐れに気づけば直ぐに病院で見てもらえば対策があるだろうが、気づかなければ重大な事態に陥る可能性もある。普通の大人は20mSvで良くても子供の外部被曝は同列に語れない。取りあえず10mSvまで下げてもらったが、赤ちゃんも中学生も同じ10mSvでいいのか?と言う事に誰が答えられるだろうか?同列に語って良いとはとても思えない。母乳に放射性ヨウ素が検出された話が出ていたが、赤ちゃんはどうなる?母親は?これは単純に規制値何μSv/h以下だから大丈夫って数字で割りきっていい話ではないだろう。逆に70最以上の老人には大変失礼だが、外部も内部被曝も20mSvでも何ら問題ないどころかそれ以上でも良いかも知れない。申し訳無いが、後30年後に影響が出て死んだとしても100歳だからだ。赤ちゃんが30年後に病床で無くなるのとは比較にならない。この様に大雑把に分けたとしても色々なケースがあり同じ条件であったとしても大人なら単なる風評だが子供なら一大事と結論は大きく変わることを理解しないといけない。ひとつ屋根の下に生活している親と子、祖父母であっても、それそれ放射線、放射性物質による影響は各自で大きく違うのだ。十把一絡げの結論はいけない。(2011/05/14)

この記事を浅はかな記者やコメンテータに煎じて飲ませてあげたい。(2011/05/13)

微量放射線量を受け続けた人たとえば、レントゲン技師、原発作業者、宇宙飛行士、パイロット等のデータはありませんか?あまり公にはしたくないとは思いますが推論だけでは不安を煽るだけではありませんか?(2011/05/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長