• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

見逃されている原発事故の本質

東電は「制御可能」と「制御不能」の違いをなぜ理解できなかったのか

  • 山口 栄一

バックナンバー

2011年5月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 福島第1原子力発電所(原発)事故の被害者に対する賠償問題で、5月10日、政府は「事前に上限を設けずに賠償を実施すること」など、支援の前提となる6項目の確認事項を東京電力(東電)に提示し、11日、東電はその受け入れを正式に表明した。これにより賠償の枠組みが決着し、東電は国家管理のもとで再建に動き出した。この確認事項は、電気料金の値上げを最小限に抑えつつ、被害者への賠償責任を東電が貫徹することを前提としている点において、一定の評価を与え得る。

 しかし今後、この議論を広く進めるに当たって、課題が2つある。1つは「今後も電力事業を地域独占のままに保っていいのか」という課題。もう1つは「この原発事故の原因の本質は何か」という課題だ。

 第1の課題について、私は前回前々回において「日本の電力事業は競争環境を持つべきだ」という議論を喚起した。しかし、国はそれとは逆行するように地域独占を守る方針を固めつつある。実際、経済産業省は中部電力と東電の境目に、60Hzと50Hzの周波数変換所を大幅に増加する方針を出した。これは、今後も日本を60Hz、50Hz混在のままにすることを意味するだけでなく、地域独占を堅持することをも意味する。なぜ、こうもこの国の電力事業はイノベーションに対して後ろ向きなのか、今後もこの課題解決の方向を我々は議論し続けていかねばならない。

 一方、第2の課題はもっと緊急性が高い。というのはジャーナリズムも政府も、津波と同時に非常用電源が失われ、その結果、当初から原子炉は「制御不能」になってしまったという「勘違い」で議論が進んでいるからだ。しかし実は、事故原因の本質について、ジャーナリズムも政府も見逃している、ある真実がそこにある。それは、「最後の砦」の存在にほかならない。

 実はこの「最後の砦」は、1号機では約8時間、3号機では約32時間、2号機では約63時間稼働して、その間、原子炉は「制御可能」な状態にあった。従って原子炉が「制御不能」の事態に陥る前に、海水注入で熱暴走を止める意思決定をする余裕が、少なくとも8時間もあったのだ。しかし、東電の経営陣はその意思決定を怠った。そして1号機が「制御可能」から「制御不能」の事態に陥ってから20時間後に、ようやく海水注入の意思決定が行なわれるに至った。

「最後の砦」とは何か?

 ここで「最後の砦」とは何か。これを図1で説明しよう。

 崩壊熱で発熱をし続ける核燃料は常に冷やし続けなければならず、その冷却は、圧力容器(RPV、Reactor Pressure Vessel)の上部から主蒸気ラインを経てタービンに至り、復水器と給水ポンプを経て圧力容器に戻される循環システムによって行われる。

画像のクリックで拡大表示

 しかし、給水ポンプが壊れるなどして炉心の温度が上がり始めたら、高圧注水系(HPCI、High Pressure Coolant Injection System)のHPCIポンプが動いて復水貯蔵タンク中の水を炉心に引き込むとともに、炉心スプレー系(CS、Core Spray System)のCSポンプが動いて燃料棒の上から水をスプレーし、炉心を冷やす。さらには主蒸気ラインに据え付けられた自動減圧弁(ADS、Automatic Depressurization System)が開いて、圧力容器内の蒸気を格納容器(PCV、Pressure Containment Vessel)内に逃がす。これらHPCI、CS、ADSなどを総称して「非常用炉心冷却系」(ECCS、Emergency Core Cooling System)と呼ぶ。

コメント101件コメント/レビュー

さらに真の理由が隠れているように思います。この10年で米国から吹き込まれた「会社は株主のもの」「会社の存続理由は毎年毎年税引き後利益を増やして、株主への配当金を増やすこと」という株主資本主義です。自社の株主総会にも出たことがあるのですが、株主にペコペコする経営陣と、自分はまるで王様と勘違いしたかのようなモンスター株主にヘキヘキしました。東京電力も毎年の株主総会を平穏無事に乗り切るために、原発の津波対策や電源喪失時の安全対策費をケチって、利益を増やさなければなりません。そのために政治力を駆使して、自民党に大量の政治献金をして、自民党議員を通じて官僚に圧力をかけ、原発の国の安全基準を低くさせてきたのでしょう。海水注入で廃炉にせざるを得ない、というときに会長、社長の頭をよぎったのは会社の資産を毀損したことを株主からの追求に対する恐れで、廃炉を躊躇したという側面があると思われます。会社は株主のもの、というヘンな資本主義を吹き込まれていなければ、原発周辺住民など、株主以外のステークホルダーのことをもっと考えた判断ができたと思われます。駆け出しのベンチャー企業なら、会社を立ち上げるための資本金を拠出した株主が威張って「会社は自分らのもの」というのはわかりますが、東京電力のように営業を数十年もやってきた伝統的な企業において、会社の中を流れているほとんどのお金は消費者の払った電気料金であり、株主の出した資本金なんてほとんど残ってないですよね。それなのに株主総会でエラソーに「利益いっぱい出して配当しろ」と叫んでいた株主こそ、今回、責任を取ってもらいたい。(2011/05/18)

「東日本大震災 立ち上がれ!モノづくり大国」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

さらに真の理由が隠れているように思います。この10年で米国から吹き込まれた「会社は株主のもの」「会社の存続理由は毎年毎年税引き後利益を増やして、株主への配当金を増やすこと」という株主資本主義です。自社の株主総会にも出たことがあるのですが、株主にペコペコする経営陣と、自分はまるで王様と勘違いしたかのようなモンスター株主にヘキヘキしました。東京電力も毎年の株主総会を平穏無事に乗り切るために、原発の津波対策や電源喪失時の安全対策費をケチって、利益を増やさなければなりません。そのために政治力を駆使して、自民党に大量の政治献金をして、自民党議員を通じて官僚に圧力をかけ、原発の国の安全基準を低くさせてきたのでしょう。海水注入で廃炉にせざるを得ない、というときに会長、社長の頭をよぎったのは会社の資産を毀損したことを株主からの追求に対する恐れで、廃炉を躊躇したという側面があると思われます。会社は株主のもの、というヘンな資本主義を吹き込まれていなければ、原発周辺住民など、株主以外のステークホルダーのことをもっと考えた判断ができたと思われます。駆け出しのベンチャー企業なら、会社を立ち上げるための資本金を拠出した株主が威張って「会社は自分らのもの」というのはわかりますが、東京電力のように営業を数十年もやってきた伝統的な企業において、会社の中を流れているほとんどのお金は消費者の払った電気料金であり、株主の出した資本金なんてほとんど残ってないですよね。それなのに株主総会でエラソーに「利益いっぱい出して配当しろ」と叫んでいた株主こそ、今回、責任を取ってもらいたい。(2011/05/18)

山口さんの記事の推測が正しければ、今日の我が国の経営者特に独占企業や公務員社会に所属する人たちは、危機管理能力が全くないとしか言えない人たちの集団であると考えられます。このことが技術立国を標榜してきた日本という国の衰退を来す原因と考えられますが、その基本に現在の我が国の教育にあるように思えてなりません。批判すること、現状調査をして今がどうあるかを認識することは容易ですが、いくらそうしたことを繰り返しても、調査しかできない人たちには、どうしたらこうした現状を改善できるのか、はたまたより新しい国家の形を構築するにはどうしたらよいか、創造的なプランをどうしたら示すことができるのか、はできないのではないでしょうか? 今回の大震災は、戦後65年間にわたって気づかれてきたこの国の形をゼロから皆を寿時が来たということを突き付けているように考えられます。政治家もジャーナリストも、批判すべき対象を探して、欠点をあげつらうのみで、誰も改革のプランを示すことができない情けない状況に陥っているように思えます。改革あんをかんがえてそれをはっしんすることを、その方法を考えてみませんか?(2011/05/18)

経営陣が自然災害に恣意的な確率をつけ数字を比較しただけでリスク管理ができているとしたつけです。原子力発電が制御可能とするなら、それを担保する全電源喪失時に対応できる設備投資を行い、実行のトリガは経営判断から独立なものにしておくべきでした。リスク回避の費用を宇宙船地球号の水タンク内へ放射性物質をばらまくことの代償と比べていなかった事が残念です。(2011/05/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授