• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

episode:R4「東北に仕事を探しに行こうかと」

  • 阿川 大樹

バックナンバー

2011年5月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「第三企画室、出動す Returns」について
2009年5月11日から2010年7月27日まで毎週掲載されていた連載小説「第三企画室、出動すボスはテスタ・ロッサ」の前半部分が徳間文庫から「幸福な会社」と改題、発売されました。この発売を記念してお届けしてきた特別編「第三企画室、出動す Returns」、ついに最終回です!!

「休暇を取りたいんです」

画像のクリックで拡大表示

 ものすごく申し訳なさそうな顔をしながら楠原が風間に申し出た。

「いいよ。休みなよ。弘毅くん、ほとんど休んでないから。有給、たくさんあるでしょ」

「大日本鉄鋼なら入社3年目ですから年間14日ですけど……」

 あ、……。

「そっか。株式会社オルタナティブ・ゼロだもんね」

 大日本鉄鋼の第三企画室だったこの3人の部署は、いまオルタナティブ・ゼロという別会社になっている。最初の給料は大日本の金額を引き継ぐことにした。社会保険なども含めて、会社と従業員とのあいだの約束事は、元の会社に準じて決めたはずだ。いや、決めたというより手間を省いた。

 なにしろ、会社がスタートしたのは忙しい盛りのときだった。細かな規則など後回しだった。

 茅ヶ崎南製作所を立ち直らせ、サウスガレージ・ワンを立ち上げることで頭がいっぱいだった。自分の会社の規則や制度のことなんて考える暇なんてなかった。

 それぞれ会社を休んだことはある。

 それを有給休暇の日数に結びつけて考えたことはなかった。自分も楠原もこの会社の従業員にちがいなかった。けれど、むしろ社長の旭山と3人、同志、共同創業者のつもりでいた。

「大日本と同じに決めたはずだよ」

「それはわかってますけど、〈はず〉じゃ困ります」

「たしかにそうよね」

 風間はイントラネットの管理フォルダーを開いた。「諸規定」のファイルはすぐに見つかった。

「はい、楠原さん、入社3年目はおっしゃるとおり14日です」

「でも、3年目なのは大日本鉄鋼から勘定した場合です。この会社ができてからはまだ……」

「そっか。そういう細かいこと考えたこともなかったな」

「どうしたらいいんでしょう」

「ていうか、別に休みたいとき、休めるときは休んでいいよ。サラリーマン臭いこと言わないようにしようよ。それじゃ大日本鉄鋼みたいじゃない。そういうのやめようってのが、そもそもの第三企画室の始まりなんだからさ」

「ええ、いままでそうしてきましたけど……」

「じゃあどうして急にそんなこと言い出すの」

コメント2

「第三企画室、出動すReturns」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長