• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

英語力を生かすには日本語力がカギ

「お前がいないと会社が回らない」と言われるようになる

2011年5月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 英語がうまくなってくると、自分の強みは「英語ができる」ことから「日本語ができる」ことに移っていきます。さらに、ビジネス力のある方は英語、日本語、ビジネスの3本柱を持つようになり、鬼に金棒となります。このことは海外で働くと痛感します。

英語を話す人の中で日本語ができる人は意外に少ない

 数年前のこと、ぼくの後輩が相談に来たことがありました。アメリカで医者の資格を取ったのですが、事情があって日本に帰国しなければならなくなったのです。アメリカの医師免許は日本では使えませんし、彼は日本の医師免許は持っていませんでした。

 「ぼくってどうしてこうもついてないんだろう。向こうで取った医師の資格は役に立たないし、英語だって完璧からは程遠い。これから日本で何をしたらいいんだ」と嘆いていました。

 ぼくは「日本語ができるじゃないか」と言いました。

 日本生まれ、日本育ちのごく普通の日本人である彼が、日本語ができるのは当たり前です。ぼくの言おうとしていることが分からないようで、不思議そうな眼差しでぼくを見ていました。

 銀メダルになれば、一人前に英語を話す人として扱われますが、同じレベルの人たちは世界に数億人はいます(カタコトでも英語を話す人は40億人いるそうです)。数億人いる一人前のグループの中では最下位に近いでしょう。

 しかし、一人前に英語を話す人の中で日本語ができる人となると、ほんの一握りしかいません。外資系各社がこの人たちをなんとか自社に雇おうとする理由は、英語がうまいからではありません。英語ができるだけなら、本社に帰れば、全員ができます。銀メダルの強みは日本語ができることです。

 日本が経済的に世界の小国だったならば、日本語ができることは強みにならないでしょう。ところが、日本は世界第3位の経済大国であり、ビジネス上欠かすことができません。

 ぼくは後輩に続けて話しました。
 「アメリカには医者はたくさんいる。その人たちは皆君より英語がうまい。その人たちと競争して医療技術でも英語でも勝てるかい?」
 「・・・・・・・・・・・・・・」
 「でも、その中で日本語ができる人が何人いると思う? 誰も持っていない強みがあるじゃないか」

 後輩は「分かった」という顔をして大きくうなずきました。

 その後、彼は海外の医薬品企業と日本を結ぶ医療コンサルタントとして活躍し始めました。今回の地震のあと、彼はアメリカ医師免許をもって、ボランティアとして初めて被災地で診療したそうです。「医者として、日本で初めて働きました」と語っていました。

海外で活躍する原動力は「日本語」

 英語を話す日本人の強みが日本語であることにぼくが気づいたのはニューヨークに行った時でした。そこでM&A(合併買収)のコンサルタントをしている日本人と知り合いになりました。その方は、それまでにぼくが会った中で最も成功している日本人ビジネスパーソンでした。日本の名だたる一流企業がその方を仲介者にして米国企業を買収しているのでした。

 「どうして、日本企業はこの人を仲介者に使うのだろう」と、ぼくは不思議に思いました。企業が会社を買収する場合、自社にないノウハウとか顧客があることが理由です。このいちばん大事なポイントは自社の技術者や販売責任者しか判断できません。自社が現在どのような技術や顧客を持っているかは外部には公表しないからです。合併の相手となる米国企業に行って、その技術力を査定する場合、非常に専門的な知識が必要ですから、コンサルタントなどの部外者にはできません。

 ぼくは、この方がどのように差別化を図っているのか、率直に疑問をぶつけてみました。
 「特にないんだよ」
 とこの方は答えました。
 「要するに、イメージなんだ」

 日系企業が外国に行くと、「言葉ができない。分からないことだらけだ。従ってガイドがほしい。このガイドはたくさんの買収をガイドしてきた。だから使ってみよう。というロジックが働くのだ」とこの方は言っていました。

コメント13件コメント/レビュー

 英語圏ではじめて就職したときのことを思い出しました。 採用されたい一心で、履歴書ははったりだらけ。英語でぼろが出ないよう、面接での質問には、余分なことは一切答えません。仕事への意気込みだけは、入念に用意した「スピーチ」で、熱く語りました。 いざ入社して、会議に出席しても、会議のテーマすら理解できない状態でした。後で、近しい同僚にこっそり、会議の内容をたずねる始末です。 それでも、会社で評価される人材になったのは、ひとえに、私が日本人であり、日本という大きなマーケットの担当だったからです。 このときほど、日本人に生まれたことに感謝したことはありません(笑)。 記事は「英語力を生かすには日本語力がカギ」というタイトルでした。日本語力というより、文化的背景や商習慣の知識といったことまでをも含めた「日本人力」と言ってもいいかも知れません。わたしが渡り歩いた会社という限られた例ではありますが、日本市場担当として、日本語が堪能がnon-Japaneseを積極的に採用しようとしていた会社はなかったことからも、日本語力そのものより、日本人であることが、より高い評価を得ていた気がします。(2011/05/23)

「英語は道具:銅メダル英語を目指せ」のバックナンバー

一覧

「英語力を生かすには日本語力がカギ」の著者

林 則行

林 則行(はやし・のりゆき)

投資家

投資家。全く英語が話せないのに資産運用のノウハウ修得のため渡米、コロンビア大学MBAにぎりぎり合格。仕事力と日本人の強みを生かすことで、社内最低の英語力ながら海外運用機関で株式運用部長。現在独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 英語圏ではじめて就職したときのことを思い出しました。 採用されたい一心で、履歴書ははったりだらけ。英語でぼろが出ないよう、面接での質問には、余分なことは一切答えません。仕事への意気込みだけは、入念に用意した「スピーチ」で、熱く語りました。 いざ入社して、会議に出席しても、会議のテーマすら理解できない状態でした。後で、近しい同僚にこっそり、会議の内容をたずねる始末です。 それでも、会社で評価される人材になったのは、ひとえに、私が日本人であり、日本という大きなマーケットの担当だったからです。 このときほど、日本人に生まれたことに感謝したことはありません(笑)。 記事は「英語力を生かすには日本語力がカギ」というタイトルでした。日本語力というより、文化的背景や商習慣の知識といったことまでをも含めた「日本人力」と言ってもいいかも知れません。わたしが渡り歩いた会社という限られた例ではありますが、日本市場担当として、日本語が堪能がnon-Japaneseを積極的に採用しようとしていた会社はなかったことからも、日本語力そのものより、日本人であることが、より高い評価を得ていた気がします。(2011/05/23)

いつも楽しみに拝読しております。読者のコメントの視点も加えて再整理いただき、書籍として発行されてはいかがでしょうか。現実に寄り添う、という明確なスタンスが素晴らしいと思います。私は買います。(2011/05/22)

数年を海外で過ごし日本に帰って再就職した先は外資系。当然のごとく上司は外国人で日本語を話せる人だったり、全く話せない人だったり。日本語がダメな上司の時の会議は全て英語。日本語を話していると「何を言っているのか分からない。英語を使え。」と。年下の同僚は上司への返答が「Yap, Hey Boss!」コミュニケーションが取れるのならこれも良いのでしょう。この会社は既になくなりましたが。転職先で言われた言葉は20も歳の違う子に「私日本語得意じゃないし、敬語は使ったことないからタメ口で良いよね。」会社に入ったのは私です。このコラムを読んで昔の事を思い出しました。一方で、母国語以外の英語と日本語を使っている同僚へ尊敬の念を抱いております。(2011/05/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員