• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「在庫を極力持たない日本企業」は幻想

ジャストインタイムを実現できていないメーカーの内実

  • 岸良 裕司

バックナンバー

2011年5月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 競争が激しいために、どこも次々と新製品を出してくる。製品の寿命はどんどん短くなり、半年以下に縮まっていた。旬が過ぎて売れ残ると、ディスカウントしてでも在庫を処分しなければならない。

 そのため、A社はさまざまな方法で在庫の削減に取り組んできた。「必要なものを、必要な時に、必要なだけ、必要なところへ」を合い言葉にして、トヨタ生産方式を導入。現場の懸命な努力によって、生産のリードタイムを数割短縮することに成功した。しかし、在庫は期待したほどには減らなかった。

 そのうち、新興国での需要拡大に伴って部品が不足するようになり、部品供給のリードタイムが長期化する。中には2カ月を越えるものまで出てきた。その結果、せっかく短縮した生産のリードタイムも再び長くなり、A社は約3カ月分の在庫を抱えることになった。

 そこでA社は抜本的な対策を打つため、数年前にITベンダーの提案を受け、「サプライチェーン・マネジメント・プロジェクト」なるものを立ち上げた。「製販一体」というスローガンを掲げて大規模なIT投資を行い、世界各地の製品在庫の量をリアルタイムで把握できる販売管理システムと需要予測システムを構築。これらの2つのシステムによって全社で在庫を半減することを目指した。

在庫を即時に把握しても、需要を予測するジレンマ

 ここで読者の中には、不思議に思う方がおられるかもしれない。「世界中の在庫をリアルタイムで把握できるのに、なぜ需要を予測しなければならないのか。在庫の増減に応じて生産量を調節すればいいではないか」と。

 在庫をリアルタイムで把握できるにもかかわらず、需要を予測しなければならないのは、お分かりの方も多いだろうが、生産のリードタイムが長いからである。そのため、現在の在庫の状況に応じて、即座に製品の出荷量を調節することができない。リアルタイムで把握した在庫などの販売データに基づいて、数カ月先の需要を予測し、その結果に応じて数カ月先に出荷する製品の生産量を決めざるを得ない。

 ここで予測した需要量が正確であれば、過剰な在庫は生じない。だが、現実はそうならなかった。予測の多くは外れてしまったのである。

 予測には、関係者の思惑がどうしても反映される。売り上げを増やし、シェアを拡大することを求められているプレッシャーもあり、販売部門は期待の新製品の需要を大きく見積もりがちだ。その見込みが大きく外れると、過剰な在庫はますます増える。

 もちろん、強気の見通しを上回って売れる製品もある。だがこの場合、実需に製品の供給が追いつかず、今度は欠品が発生する。生産のリードタイムが長いため、すぐに補充できず、大きな販売機会を逸することになる。

 このように過剰な在庫や欠品が生じると、往々にして行き着く先は責任のなすり合いだ。欠品が起きると、「生産のリードタイムが長すぎるからだ」と生産部門が責められ、在庫が過剰になると、需要の予測を外した計画部門が非難される。さらに批判の矛先は、売れない製品を企画・設計した開発部門にも及ぶ。「製販一体」のスローガンとは裏腹に組織間の溝が深まり、A社は新たな課題を抱え込むことになった。

 問題はさらに続いた。急拡大する製品の需要に対応するため、基礎研究、新製品開発、生産設備、情報システムなどへの投資を手控えるわけにはいかない。これらの投資を賄うために銀行から借り入れた資金の利子負担がA社の財務に重くのしかかり、約3カ月分ある在庫を削減して少しでも多くの現金を捻出することが、経営上の緊急課題になったのだ。この段階で、A社から我々のところに相談が寄せられた。

コメント27

「「ザ・ゴール」式で目指す 真のモノ作り再興」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者