• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「年齢別選挙区」で子どもの声を政治に生かせ

ドメイン投票より現実的。若さに応じて議席配分を

2011年6月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ハンガリー政府が選挙の投票方法に関し、未成年の子どもを持つ母親に対して追加的に1票を割り当てることを検討していることが話題になった。子どもにも1票を認める「ドメイン投票」と呼ばれるものだ。少子高齢化が深刻な日本にとっても、政府の役割を考え直す契機になりそうだが、ここでは、ドメイン投票よりも効果の大きい「若者の意思を反映しやすい選挙権制度」について考えてみたい。

数千万円の借金を負わせる「財政的幼児虐待」

 電車のなかで赤ちゃんを抱えた人が目の前に立っていても、お腹の大きな妊婦が立っていても、席を譲る気配も見せない元気そうな高齢者を何度も見かけたことがある。私自身、ベビーカーを押してエレベーターを待っていて、健脚な高齢者に横入りされた経験は数えきれない。こうした状況よりもさらに深刻なのは、社会保障における世代間格差である。

 現在の高齢者世代は、年金や医療保険を通じて政府から多くの給付を受けているが、その財源は国の借金(国債)や現役世代が支払う税金だ。そのツケは若者世代やこれから生まれてくる将来世代に膨大な国債残高として残されていく。

 内閣府の「年次経済財政報告(平成17年)」は、高齢者世代が生涯にわたってどれだけの税金を支払い、どれだけの便益を受けたかを計算している。それによれば、今の60代は差し引きで約1600万円分の純受益があったことになる。それに対し、今の30代が生涯に受ける便益を計算すると、実に約1700万円のマイナス(支払い超過)だ。これから生まれてくる将来世代は多大な国債が残されるので、生涯で約4500万円分の借金返済に追われるという。「財政的幼児虐待」といわれる所以だ。

第3次ベビーブームは起きなかった

 急激な少子高齢化により歪んでしまった人口構成のもとでは、選挙で多くの票を投ずる高齢者に有利な政策が選ばれがちだ。いわゆる「シルバー民主主義」だ。国政選挙での投票箱を開けてみると、20代が投じた票はわずか9%で、50歳以上の票が過半数だ(図1)。

 こうした状況で、75歳以上の人たちにかかる医療費を可視化する「後期高齢者医療制度」は「老人いじめである」と言われ、あっという間に廃止された。一方、少子化が深刻であるにもかかわらず、不妊治療や妊婦検診・出産では一部を除き健康保険は適用されないままだ。

コメント48件コメント/レビュー

老人はそれほど裕福ではないというコメントもちらほら見かけるようですが、とんでもない。積み立てた年金が帰ってくるのではなく、現役世代が支える構造で老人が少なく若者が多く、人口が増える局面では支えるのが楽ではあるが今は減少傾向。支える人間の方の割合がこれから更に少なくなる。文句を言っている今の老人より更に将来は暗いことが判っています。冗談ではない。では積立金ベースではなく税金でと言うのは結局ほぼ現役世代から取るのと同じ事。老人も払う?じゃあ年金現状のまま消費税他上がって支出増えても文句無いの?エネルギー保存則じゃないけど金が湧き出てくる事は無いのにどうすると?移民?税金だけ取られに来る事は無いので老後までも含めて社会維持コストどうすんの。安いからと大会社が呼んだ外国人安く会社は使うけど社会サービスコストは国や周辺住民が払っているに等しい。裕福な老人とやらが色々他人に押し付けただけだ。(2011/06/07)

「「気鋭の論点」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

老人はそれほど裕福ではないというコメントもちらほら見かけるようですが、とんでもない。積み立てた年金が帰ってくるのではなく、現役世代が支える構造で老人が少なく若者が多く、人口が増える局面では支えるのが楽ではあるが今は減少傾向。支える人間の方の割合がこれから更に少なくなる。文句を言っている今の老人より更に将来は暗いことが判っています。冗談ではない。では積立金ベースではなく税金でと言うのは結局ほぼ現役世代から取るのと同じ事。老人も払う?じゃあ年金現状のまま消費税他上がって支出増えても文句無いの?エネルギー保存則じゃないけど金が湧き出てくる事は無いのにどうすると?移民?税金だけ取られに来る事は無いので老後までも含めて社会維持コストどうすんの。安いからと大会社が呼んだ外国人安く会社は使うけど社会サービスコストは国や周辺住民が払っているに等しい。裕福な老人とやらが色々他人に押し付けただけだ。(2011/06/07)

若い者でも実際目先の事しか考えないと思うし、現状が衆愚に等しい状態では、若いなら将来考えて長期的に考えるなどはありえない。馬鹿でないというならば、今でも選挙で投票行動すれば幾らかでも変えられるであろうに行っていない事、本当の意味での将来の為の勉強・行動を多くの若者がしない事から明白だと思う。ゆで蛙になりつつある状況なのにだ。若者がまず投票にほぼ行く位の教育なりでの賢さが先に必要。投票権の無い子供の分を親にと言っても知名度やタレント性など本質でない部分にゆれるだけだ。日本人の現状の平均的特性からして投票とシステムを有効にするには、地元にだけいい顔する人間が通らないようにする他地域からマイナス票投票はどうだろうか?スケープゴートを使って逃れられる可能性はあるが上手くすれば局所的部分最適を狙うような人間は通らず、投票するべき人間が居ないと嘆く若者でも、それでこそマイナスを投じたい相手は居るだろうから投票に来るだろう。(2011/06/07)

面白い!(2011/06/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長