• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

クールビズを阻むのは社長さん

2011年6月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本のビジネスマンよ、上着を捨て仕事へ出よう! この夏、やっとそのチャンスがめぐってきました。いま、ビジネス現象にまでなっている、クールビズ。節電ビズをきっかけに、ホワイトビズ、スーパークールビズ、そして、SAVE BIZまで、ビジネスウェア界は大賑わいです。

 ひょっとしたらビジネスウェア業界市場を、再び活性化させるきっかけになるかもしれません。それ以上に、私が期待するのは、日本のビジネスマンをカッコ良くできる絶好の機会であると。脱ドブネズミ、さらばジミーズ・ビジネスマン!

 そもそも、なぜ日本のビジネスマンは、みんなユニフォームのようなスーツを着るようになったのでしょうか。スーツとは、そういうものだったのでしょうか。

 ご存知の方も多いとは思いますが、19世紀のイギリスで生まれたものです。SUITSから連想されるように、二間続きのホテルの部屋(スイートルーム)が語源で、ラウンジスーツとして始まりました。つまり、おしゃれではあるけれど、決してユニフォームではなかった。

 またスーツにつきもののネクタイはといえば、ルイ14世が首に巻いて楽しんだ宮廷ファッションの一部。その後、イギリスの紳士たちが競馬場でつけていたダービータイがカッコ良かったので広がったといわれています。

 いずれにしても、長い歴史があるものでもなく、何か決まりがあるものでもありませんでした。

 それが、今のようなスーツになったのは、70年代のアメリカ東海岸でブームになったアイビーリーガーのスタイル。高度成長まっしぐらでしたから、ニューヨーク・スタイルがビジネスエリートの憧れ。そして、80年代になってデザイナーズブランドが台頭し、イタリアンスタイルがだめ押しになりました。

4社で日本人のスーツの7割を売る

 もちろん、その当時は最前線でしたから真似をするのは仕方ありませんが、そのスタイル=ビジネスマンという構図が出来上がりました。

 スーツ需要はとんでもないほど跳ね上がり、紳士服量販店なるカテゴリーが創出。そして、今では、青山、AOKI、はるやま、コナカの4社で、日本人のスーツの約70%も売り上げているそうです。

 行かれたことのある方はご存知でしょうが、どのお店もモノトーン一色。それをカバーするように、これでもかのPOP類。ファッションを売るお店の、ワクワク感が全くありません。これでは、スーツを買う用がなければ行く理由がないでしょう。ビジネスマンへのスタイル提案がほとんどないのです。

 それでも、業界が成長していればとやかくいうことはないでしょう。しかし現実は、この10年でスーツの売り上げが約40%減。結局、低価格しか道がなく常にバーゲン状態。これでは、ビジネスマンをカッコ良くするどころか、業界を活性化することも難しそうです。

 この背景には、リーマンショック以来の超現状維持志向があります。何かしたいけれど、何をして良いかわからない、という無発想、非行動。

 しかし、若いビジネスマン世代にはまちがいなく、カッコ良くありたい、思われたいという願望があります。清潔感があり、仕事ができそうで、おしゃれ。特に、男性は心の中でそう思っているに違いありません。

コメント0

「マーケティング・ゼロ」のバックナンバー

一覧

「クールビズを阻むのは社長さん」の著者

関橋 英作

関橋 英作(せきはし・えいさく)

マーケッター

外資系広告代理店JWTでコピーライターから副社長までを歴任。ハーゲンダッツ、キットカット、デビアス・ダイヤモンド、NOVA英会話学校など、数多くのブランドを担当、成功に導く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)