• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「消費者の声を聞く」というモノ作りのウソ

「質」の時代にヒット商品を生み出すアプローチ

  • 常盤 文克

バックナンバー

2011年6月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「メード・イン・ジャパン」の製品は長らく、その品質と信頼性の高さから世界中で支持されてきました。日本企業の強みは、質の高い製品を安定して量産できることにあります。それが結果として、メード・イン・ジャパンの確固たる地位を築いたと言っていいでしょう。

 前回もお話ししたように、こうした日本企業の強みを生かせるのは、高品質・高機能な製品をリーズナブルな価格で、主に中所得者層向けに売る「MOP(Middle Of the Pyramid)」ビジネスです。発展途上国や新興国における低所得者層、すなわちBOP(Bottom Of the Pyramid)を対象にしたビジネスでは、中国や韓国、台湾の企業にはかないません。

 しかし、先進国を含めた世界市場全体で見ると、MOPはBOPの市場よりも、ずっと大きいのです。日本企業のモノ作りの強みは、安さではなく品質です。MOPの市場では、その強みを生かせます。そこで今回は、この「質」という切り口から、モノ作りについて改めて考えてみたいと思います。

エコポイントという名の壮大な“実験”の答え

 ここ2~3年、景気対策と称していろいろな形で補助金の投入が相次ぎました。家電製品や住宅のエコポイント制度、自動車のエコ減税などが実施され、売り上げは急増しました。ところが、一連の対策が終わると、多くはその反動で売り上げが落ち込んでしまいました。

 これらの景気対策は、日本企業に「量」か「質」かを問う壮大な“実験”だったように思えてなりません。ポイント制度や減税、補助金といった支援策によってモノの価格は、見掛け上は下がり、確かに販売の「量」は急増しました。それが一過性の現象に終わったということは、消費者の答えは「量」ではなく「質」だった、ということではないでしょうか。

 私たちの生活は確かに豊かになり、モノがあふれ、量の観点では飽和状態にあります。一方、もっと健康に、快適に、より豊かな生活を送りたいという欲求には、限りがありません。そんな欲求に応えようとすれば、あとは質を追い求めるほかありません。

 ただし、質は多様です。最近では単なるハードな質を超えて、「やさしさ」「美しさ」のような人の感性に訴えかける「ソフトな質」も大事になってきました。現代の日本人のニーズとは、「質」であると言っても過言ではないでしょう。

コメント7件コメント/レビュー

何か色々違う気がします。エコポイント等は量と質は関係ないだろう。景気浮揚のドーピングと地デジ化補助や省エネ化等の体質改善策。終了で売れないのは景気が良くないのと勿体無いのと置き場が無い事。定番商品としてほぼ確立した時期の物は消費者の声を聞いて良い類のもの。既存に無いようなものは提案型商品で、記事の最後の方はこの後者の提案型のケースですね。これはそうそう出るタイプでも無いのでこのケースをもってこのタイトルは正直ミスリードを狙っている悪い記事に思えます。(2011/06/15)

「常盤文克の「新・日本型経営を探る」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

何か色々違う気がします。エコポイント等は量と質は関係ないだろう。景気浮揚のドーピングと地デジ化補助や省エネ化等の体質改善策。終了で売れないのは景気が良くないのと勿体無いのと置き場が無い事。定番商品としてほぼ確立した時期の物は消費者の声を聞いて良い類のもの。既存に無いようなものは提案型商品で、記事の最後の方はこの後者の提案型のケースですね。これはそうそう出るタイプでも無いのでこのケースをもってこのタイトルは正直ミスリードを狙っている悪い記事に思えます。(2011/06/15)

ソニーがまだ元気で故井深氏が開発部門を牽引していたとき,人を驚かせないと(驚かせるくらいの製品でなければ)買ってくれないといい,新製品の指針としていた,との記事を読んだことがあります。会社が大きくなると会社を維持することが目的になり,一度失敗でもすれば,恐い管理者(経営者)の指示の下,確実に売上げを立てられる製品だけを作るようになっていき,市場(消費者)に遅れていくようになっていくのでしょう。資金を生み出す事業を確保しながら,仰るような施策も同時に進めていくことが現実解かな,と読みながら思いました。(2011/06/14)

カイゼンに代表されるようなコストの押し付け合いで利益を出してきた大量生産方式が崩れ去ったということでしょうか。ちまちまとけち臭い活動に執着してきたので、創造=自由に発想して提案する、(切り詰める提案はあまたとされたでしょうが)、価値を生み出すことを忘れていたように思います。また、その余裕をけちけち活動で奪われていた様に思います。拡大志向していたトヨタの凋落はひとつの象徴かもしれません。創造が失われた10年なのかもしれません。(2011/06/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授