• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【追悼】『ザ・ゴール』のゴールドラット博士が逝去

マネジメントの発展に偉大な足跡を残した師を振り返る

  • 岸良 裕司

バックナンバー

2011年6月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本では2001年に発売されてベストセラーとなったビジネス小説『ザ・ゴール』(ダイヤモンド社)の著者として知られる物理学者、エリヤフ・ゴールドラット博士が2011年6月11日正午、イスラエルの自宅で息を引き取った。享年64歳。家族と親しい友人に看取られての安らかな最後であった。

 私は博士ご本人に誘われて、ゴールドラットコンサルティングのディレクターとなり、その薫陶を受け続けてきた。亡くなる直前にもイスラエルに滞在し、ほかの仲間とともに指導を受けた。病気が悪化して出席できない博士に代わって、6月13日からニューヨークで始まった国際カンファレンスでセミナーの講師を務めるためだ。

 もっとも、病状の悪化にもかかわらず、博士の指導は精力的だった。午前10時から午後9時まで議論を交わした後、夕食を挟んで議論を再開したいと言われたりして、側近の我々の方が音を上げたほど。その姿が今もまぶたを閉じると脳裏に浮かんでくる。

ボトルネックを解決して全体最適を実現する「TOC」を提唱

 ゴールドラット博士の名前が世の中に広まったのは、1984年に出版した『ザ・ゴール』が世界的なベストセラーになったことがきっかけだ。これまで世界で1000万人以上が読んだといわれる。

 そのあらすじは、機械メーカーに勤める主人公のアレックスが、恩師である物理学者のジョナの指導を受けながら、採算悪化によって閉鎖の危機に直面した工場を再建していくというものだ。このビジネス小説を通して、博士は自ら考案した改革手法の理論「TOC(Theory of Constraints:制約条件の理論)」とその具体的な手法を解説した。

ベストセラー『ザ・ゴール』の著者として知られるエリヤフ・ゴールドラット博士。2002年6月に撮影(写真:村田 和聡)

 TOCは、組織には必ず「つながり」と「ばらつき」があり、そのためにどこかに全体のつながりを阻害する「ボトルネック(制約)」が存在するという前提に立つ。そして、制約に集中して、それを解決することで全体最適を目指すという実にシンプルな理論である(詳細はこの日経ビジネスオンラインで筆者が連載中のコラム「『ザ・ゴール』式で目指す 真のモノ作り再興」を参照していただきたい)。

 このTOCとその手法は、製造業の生産現場だけでなく、小売業や行政などさまざまな業種や分野に応用され、企業などの組織全体の改革にも用いられている。『ザ・ゴール』は世界各国のビジネススクール(経営大学院)で教材にも使われており、現在のサプライチェーン・マネジメント(SCM)の理論の基礎になったともいわれる。

 このベストセラーは、日本でのみ2001年まで出版が許されなかった。この逸話をご存じの方も少なくないだろう。そのため、ゴールドラット博士は日本嫌いという噂もあった。

コメント4

「今日のトピックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長