• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ポロシャツOKにすべき」8割

【3】クールビズ、どこまで認める?

  • 日経ビジネスオンライン編集部

バックナンバー

2011年6月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ビジネスパーソンの服装は、どこまで「崩して」構わないものなのでしょうか。業種や職種によって事情は様々だとは思いますが、読者の普段の現状と、「ここまでは認めるべき」という考えをお聞きしました。

 現状として「ノーネクタイ」「上着なし」「半袖シャツ」は9割以上で認められており、ほぼ、ビジネス界で「普通のこと」というコンセンサスが得られているようです。比較的、現状と認識の乖離が大きいのは「ポロシャツ」「スニーカー」「サンダル履き」といったところで、認められている割合に2~4割ほどの差があります。

 勤務形態によって大きく差が出るものを一部抜粋してグラフにしてみました。認められている度合いにばらつきが出るのは「ポロシャツ」「スニーカー」「サンダル履き」「Tシャツ」などです。例えばポロシャツは「外回りが多い」場合は19.4%、「内勤が多く、社外の人にほとんど会わない」場合は46.0%と2倍以上の差があります。

(有効回答数1873)

(「質問編」はこちら

コメント7件コメント/レビュー

裸や水着を認めろとは言わない。Tシャツの判断が割れるのもまぁ理解する。ただ、ネクタイは強要するな。私は暑がりのうえ、喉仏付近が継続的に何かに接触すると吐き気を催すので年中クールビズだ。(2011/06/21)

「NBO世論調査」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

裸や水着を認めろとは言わない。Tシャツの判断が割れるのもまぁ理解する。ただ、ネクタイは強要するな。私は暑がりのうえ、喉仏付近が継続的に何かに接触すると吐き気を催すので年中クールビズだ。(2011/06/21)

個人的には仕事に行くときと遊びにいくときとで同じ格好というのは認めがたい。石頭と言われても古いと言われても結構。あくまでも私個人の基準であるのだから。本質問に対しては個人が恥ずかしくなければ、どんな服装であろうが知ったことではない(周辺の人に不快な思いをさせることも恥ずべきことだよ)。かつて羽田元首相が省エネルックで出てきたとき、何と言ったかご記憶か?好きにすればいいではないか。省エネというのなら、まず昼間っから電気をつけ放しにして熟睡している国会の本会議場を閉鎖することから始めよ。(2011/06/16)

Tシャツ、短パン、サンダル履きでどのくらい電力が節約できるのか、根拠があるのですか。隣国のサラリーマンと同じ格好は…偏見ですが、イケてません。(2011/06/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長