• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

「ザ・ゴール」式で目指す 真のモノ作り再興 プロジェクトの遅延が絶えない“真因”

レビュー

とても参考になった
 

0%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

0%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

絵に描いた餅のように言われる方もいらっしゃいますが、ぎりぎりの予算/日程で受注した仕事ほど、試してみると効果がある手法だと実感しています。元々ぎりぎりだと思っていても、知恵を絞ることで工程を短縮できるものです。また、それぞれの工程が遅れることが前提なので、なんでこの工程が遅れたのかと責められることも無くなります。マネジメント層は、結局間に合うのかどうか、黒字になるのかどうかが知りたいのです。それはバッファが示してくれています。(2011/06/26)

いやいや、コメントの反論に一理ありです。要求元から全て自社内の事なら記事の通りかもしれません。しかし、反論の所は受注する側、後半工程ということでしょう。発注するまでの段階で大きく時間を無駄にしている。その不手際を日本的慣習の悪弊でドンドン後ろに押し付けているだけです。この悪弊という構造こそ改善しなければいけないものでしょう。後ろが頑張って何とかした場合には前半での問題は有耶無耶にされ、問題が起これば発覚した所に何故か責任が押し付けられる事がある。出す側は無駄に責任回避ばかり(文書とかで)スキルアップ。ココにメスを入れ撲滅しない限り未来は無いでしょう。(2011/06/22)

甘い、甘過ぎる。現実はギリギリの単金・人月でしか受注できないため、元からスケジュールに余裕はない。バッファを持てるのは十分な利益を確保できるプロジェクトに限られる。(2011/06/22)

所謂「サバ読み」と言うやつですね。周りの人を見ていると、責任感が強いほどサバを読みますね。よく例に挙げられるのは「友達を空港に迎えに行くのと取引先の社長を空港に迎えに行くのとどちらが早く家を出る?」ってやつですよね。以前、ある役員にその事を聞いたら、平然と「どっちも一緒」ですって、、、ま、確かに責任感の薄い方でしたが、、、あ、因みに、その方最近島流しになりました。「サバ読み」なんか悪い事のように言われてきましたが、納期までに何とかしたいから、相手をぬか喜びさせたくないから「サバを読む」様なきがしますね。(2011/06/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長