• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「通勤ラッシュ避けられる」46%

【4】今夏、サマータイム実施しますか?

  • 日経ビジネスオンライン編集部

バックナンバー

2011年6月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 原子力発電所の運転停止や、再稼働の延期などで今夏「15%の節電」が広く目標とされるようになりました。その1つの手段として一部で導入が始まっているのがサマータイムです。読者の職場では、どの程度実施されているのでしょうか。

 「既に実施」「実施する予定」の回答数を合わせると13.1%になりました。

 考えられるメリットでは、「通勤ラッシュを避けられる」の45.8%がほかを引き離してトップ。「付き合いや習い事、趣味に割く時間を増やせる」(24.7%)、涼しい時間帯に仕事をすることができる」(22.8%)が続き、「節電になる」(15.8%)という効果にはあまり重きを置かれていないようです。

 反対にデメリットでは、「残業時間が増える」「取引先などとの仕事の時間が合わなくなる」「睡眠時間が短くなる」が約43%で横一線。導入の機運がなかなか高まらない要因はここらへんにありそうです。

(有効回答数1066)

(「質問編」はこちら) 

コメント2

「NBO世論調査」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官