• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

韓国の英語力が日本より高い理由

「英語ができないと生き残れない」は日本の未来か

2011年6月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ユニクロや楽天の「英語公用語化」宣言もあり、日本企業の英語に対する意識が高まっている。どうすれば、ビジネスシーンで使える英語を身に付けられるのだろうか。そのヒントを探るため、記者は韓国に飛んだ。

 韓国は1990年前後から、国を挙げて英語力強化に取り組んでいる。特に、1997年の通貨危機を境に国民に広がった危機感もあって、英語教育に対する熱気が急速に高まってきた。

 15年ほど前までは、日本と並んで「英語が苦手」とされた韓国。だが、今やTOEICテスト受講者の平均スコアは日本人受講者よりも40点ほど高い。

 英語力を急速に伸ばせた理由はどこにあるのか。韓国最大の教育関連企業「YBM Sisa.com」のD.H. Lee(リー)代表理事に聞いた。

 YBM Sisa.comは2000年6月に設立した、教育関連企業。英語教育コンテンツを基盤に、オンライン教育事業などを扱う総合教育機関だ。語学・電子図書コンテンツやソリューションを日本にも輸出している。


英語ができないと生き残れない

 「今、韓国は国内総生産の80%以上を海外貿易に頼っている状況です。国家の競争力を高めることが必然という環境では、英語ができないと生き残れない。韓国にとって英語は『生き残る術』なのです。

 韓国でグローバル化という言葉が聞かれるようになったのは、1988年のオリンピック以降です。90年代に入ってからは、サムスン電子やLG電子、現代(ヒュンダイ)がグローバル化の流れの中で生き残る企業体になるために模索を続ける中で、英語がブームになりました」

 具体的に、韓国企業は国民全体の英語力向上にどう関わっているのだろうか。

 「グローバル企業として成長するためには、英語力が必要。そう考えた企業は、採用段階で英語力を必須条件としました。英語力の判定基準として用いたのがTOEICスコアです。

 採用段階だけではありません。多くの企業が海外に派遣する人材や昇進させる人材に、一定以上のTOEICスコアを求めています」

 なぜ、TOEICなのだろうか。

 「グローバル市場で競合する企業の英語力と、韓国企業の英語力を比較することで、自分たちの能力を客観視できるからです。

 日本には、英語力を測るテストとして(英検など)様々なものがありますよね。でもこれらのテストは日本国内向けのもので、海外の人材と英語力を比較したり、国際基準の中で比較することは容易ではありません。

 一方、韓国では、『競争相手は韓国国民ではなく、ドイツや日本など海外勢』との意識が強い。例えばサムスンの場合、競争相手はLG電子ではなく、ドイツのシーメンスや日本の日立製作所、ソニーといった企業となります。そのため、国際的な英語力の指標となるTOEICのニーズが急速に高まっていったのです。

 競争力の指標は英語力だけではないにせよ、グローバル市場で戦うには英語は必要不可欠です。そこで、各企業の英語力がどのレベルに到達しているのか、現段階でどの程度の努力が必要なのかといった基準が分かるので、TOEICを使う企業が多いのです」

 話を聞いていると、「英語力の高さは韓国企業のステータス」といった印象を受ける。産業界ではトップ企業と認識されているが、英語力はあまり高くない。そんな企業はないのだろうか。

コメント33件コメント/レビュー

日本人の英語能力が高まらないのは、現実の世界において日本人は英語を全く必要としていないからでしょう。絶対多数の日本人は英語を全く必要として居ないのです。溢れる英語の看板を見ても単なる社名やブランド名であって英語能力を必要とはしないのです。アルファベット読解力で十分なのです。日本人は英語を学ばなくとも生きて行ける世界でも稀有な存在なのです。 私自身相応の英語能力を身につけていますが、私は、英語よりも人間性、社会性、仕事における専門性を重視します。英語ができるが専門性が無いのであれば単なる通訳にしかなり得ません。通訳が必要なら雇えば良い。先ずは、日本語を用いてしっかりと論理的思考と倫理観、専門性を磨き、その上で英語の必要性・利便性を納得すれば、英語を必要とする者の英語能力は格段に向上します。誰も不必要なものを覚えようとはしません。私の友人であるアメリカ人男性は今、必死に日本語を勉強し、彼の日本語能力の向上は目覚ましいものがあります。彼は日本語を理解する必要があるのです、日本人の女性と日本において二人+αの未来を築こうとしているのです。(2011/06/30)

オススメ情報

「使える英語はこう学ぶ」のバックナンバー

一覧

「韓国の英語力が日本より高い理由」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本人の英語能力が高まらないのは、現実の世界において日本人は英語を全く必要としていないからでしょう。絶対多数の日本人は英語を全く必要として居ないのです。溢れる英語の看板を見ても単なる社名やブランド名であって英語能力を必要とはしないのです。アルファベット読解力で十分なのです。日本人は英語を学ばなくとも生きて行ける世界でも稀有な存在なのです。 私自身相応の英語能力を身につけていますが、私は、英語よりも人間性、社会性、仕事における専門性を重視します。英語ができるが専門性が無いのであれば単なる通訳にしかなり得ません。通訳が必要なら雇えば良い。先ずは、日本語を用いてしっかりと論理的思考と倫理観、専門性を磨き、その上で英語の必要性・利便性を納得すれば、英語を必要とする者の英語能力は格段に向上します。誰も不必要なものを覚えようとはしません。私の友人であるアメリカ人男性は今、必死に日本語を勉強し、彼の日本語能力の向上は目覚ましいものがあります。彼は日本語を理解する必要があるのです、日本人の女性と日本において二人+αの未来を築こうとしているのです。(2011/06/30)

日本人は日本国内だけで生きていけるが、韓国人にとっては記事中にもあるように「英語ができるか(=海外へ逃げることができるか)」はまさに死活問題。単にその違いだけの話。どちらが良いかは個人の考えだが、国外脱出がみんなの夢、であるような国には住みたくないのが普通では?とは言え、日本人の英語力が上がるのは悪いことではない。特に会話において。10年以上イギリス・アメリカで暮らした人より、読み書きだけは自分の方が上という奇妙な現象は、日本ならではだと思う。(2011/06/29)

私は韓国で4年間暮らしている者ですが、現在の韓国の英語教育熱は想像を絶するものがあります。親ですら疑問を投げかけているのですが、回りが塾に通わせれば、不本意ながらも我が子も通わせざるを得ないのが本音のところではないでしょうか。元々韓国は科挙制度以来、親は子のために財産を投げ出してでも、教育を受けさせることを善しとする国柄なので、現在の状況もそうした文化的背景からエスカレートしていると思います。勿論、親の世代で英語を流暢に話せる人は殆ど見かけませんが、今の若い世代は確かに日本とは違っています。以前は日本に追いつけ追い越せ式で世の中が動いていた時代は日本語が必要でしたが、今は世界No.1になるために必然的に英語が必要になってきたと考えれば自然ではないかと思います。兎に角この国は競争社会であり、変化の激しい社会です。初めに行動有りきで、日本のように熟考の末行動するのとは違います。成功することもありますが、失敗する場合が大半です。その善悪は自己の判断に任せるとして、以上が韓国の現実です。(2011/06/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

断ればいいんです。値段を上げればいいんです。そうしないと労働時間の短縮なんて、できるはずないですよ

神津 里季生 連合会長