• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

子供たちが狂喜する韓国「英語村」に潜入

設備と運営にかかる巨額コストと、その効果は?

2011年6月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国・ソウル市内から車で1時間足らずの場所に、今回の目的地「SEOUL ENGLISH VILLAGE Suyu Camp」(スユキャンプ)はあった。

 一般的に「英語村」と呼ばれるこの場所は、主に幼稚園児から小・中学生らを対象にした、公的な英語体験施設だ。国民に負担の少ない形で、より英語に触れる機会を増やすことを目的に、2000年代半ば頃から韓国内に作られるようになった。

 現在、韓国に英語村と呼ばれる施設はおよそ30カ所あるが、大きく分けると、自治体が直営している施設と、民間委託で運営されている施設の2種類がある。スユキャンプはソウル市から委託を受けて、韓国の民間企業YBM Educationが運営している施設だ。

 ゲートをくぐると、駐車場エリアに観光バスがずらりと並んでいる。記者が訪れた日には、平日にもかかわらず約600人の子供たちが施設を訪れていた。地上3階、地下1階からなるメーン施設「カレッジセンター」に足を踏み入れると、そこには「英語公用語」の小世界が広がっていた。

「英語生活」を疑似体験

 まず子供たちを迎えるのは「入国審査ゲート」。入国審査官の役を務める外国人講師の質問に英語で答えてパスすると、英語村に「入国」することになる。

 その後、ホテルのチェックイン、レストランの食事、銀行での預金など、英語圏での生活を外国人講師を相手に、そのまま体験できる。こうした「バーチャル体験教室」が45室も展開されている。

 子供たちは少人数のグループに分かれて、それぞれの場面で必要となる英語の会話術を学んでいく。ちなみに、子供たちが英語村を訪れる前に予習できるよう、スユキャンプのホームページから各場面で必要になる例文や表現をまとめたファイルをダウンロードできる。

 食料品店の体験コーナーでは、店員に扮した外国人講師を囲んで子供たちが大はしゃぎだった。子供たちは野菜やパンの模型を抱え、キャッシャー前に並んでいた。そこには「英語を話さなくては」といった緊張感はない。

 美容院の場面では、希望の髪形を依頼するためにどんな単語や表現が必要になるのか、外国人講師が子供たちに説明している。カツラや様々な色の髪のサンプルが置かれていて、子供たちは興味津々で英会話に取り組んでいた。

 一番人気のコーナーは「クッキングブース」。大型冷蔵庫と調理場のある教室で、子供たちが実際にクッキーを焼く。手を動かしながら、料理に必要な英単語や英語表現を身につけていく。学習の後には焼きたてのクッキーが食べられるという、おいしいオマケ付きだ。

コメント2

「使える英語はこう学ぶ」のバックナンバー

一覧

「子供たちが狂喜する韓国「英語村」に潜入」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)