• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

ムダこそが大ヒットへの近道――最適化の罠 グーグル「20%ルール」の本質

レビュー

とても参考になった
 

0%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

0%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

効率化は無駄をなくすことと近似できますが、無駄と最適化は矛盾しませんよ。なぜ素直に、無駄に対して「効率化」をぶつけないのですか。問題定義がそもそもずれてます。だから考察が中途半端になるのですね。短絡的な最適化ってなんですか? なぜ「短絡的な効率化」としないのでしょう。最適化(optimization)とは、システム全体の最適効率化であり、システムを構成する小システムの中に一見無駄に思えるものがあっても、それが全体の効率化に貢献してれいば、最適化の要件になりうるのです。他の方のコメントにもありましたが、無料の社員食堂は、社員食堂そのものだけを取り出したら無駄なシステムになりましょうが、グーグルでは全体の効率化に貢献していて、必要なものなのでしょう。言葉の定義というものからよくお考えになってください。(2011/07/06)

車のハンドルにも”遊び”というものがあります。ハンドルの少々のブレを防ぐために、ゆとりを意図的に持たせた機能のことです。一見無駄な機能のようにも見えますが、この”遊び”の部分がないと、車は真っ直ぐ安全に走ることができません。F1マシンのように完璧な走りを追求するために作られた車は、ハンドルに遊びの部分がないため、一般人が乗ると一瞬の誤操作で大事故に繋がります。私たちは、F1ドライバーではないのですから完璧な走りを目指す必要もないかとも思います。一般人にF1ドライバーのような走りを無理やり強要した結果、システムそのものがクラッシュしてしまったのが今の日本のようにも思います。無駄の中にも、ちゃんと意味があり、こうしたものから余裕や、ゆとりが生まれるということも肯定すべきことでしょう(2011/07/05)

ムダがヒットにつながるというより、ある目的にとってはムダなものでも、違う目的にとっては最適だったりする、という因果関係の話のように思います。つまり、創造性と最適化を両立させるためには、具体的で求心力のあるミッションを組織内で共有する必要がある、と。そうすればそのミッションに対して創造性と最適化を十二分に発揮することができる、という話ではないかと。(2011/07/05)

最適化とは、ある制約下で目的関数(コスト関数)を最大、または、最小にすることです。筆者が言うように、グーグルは食事移動にかかる時間やコミュニケーションロスを目的関数に組み込み、他の企業は食堂の維持費を目的関数に組み込んで最適化している。つまり、グーグルもグーグルの価値観で目的関数を定義し最適化しているということになります。言葉は正しく理解して使うべきですね。(2011/07/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長