• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

「ザ・ゴール」式で目指す 真のモノ作り再興 「対立」を解消できない日本企業の弱点

レビュー

とても参考になった
 

0%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

0%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

こんなシンプルで分かりやすい対立解消図は初めて見ました!思考プロセスの原点となる部分をこんなにわかりやすく解説される岸良さんはさすがです!!!これはビジネスの様々な部分で応用できるものですので活用していきたいと思います。(2011/07/07)

学生の頃に聞きかじった「弁証法」というやつを思い出しました。対立があるからと、手をこまねいていてはいけない。対立こそが発展の源ということですね。(2011/07/07)

あまり新たな知見は得られなかった。当たり前の話。TOC特有の理論とは思われない。日本には、もともと“すりあわせ”という言葉もある。(2011/07/07)

2つのことが対立して、なかなか問題が解決できないことは、ビジネス上は良くあることだ。そしてその解決策は「上位概念」(なぜそれをやるのか、と言う目的)を考えることにある。と言うところまでは、よく分かっていることが多いのだけれど、このシリーズは「具体的な解決策」をいつも提供しようとしているところが新しいのではないか?と思う。実際のお話が具体的で分かりやすいのも、ただの概念ではなく、「具体的にこうやって解決する」というのを意識されているからだと思う。よく考えたら、「目的は何か?何のためにそれをするのか考える」ことや、「図式化して、書いて、考える」と言う当たり前のことだけれど、これが重要なのだろう。(2011/07/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長