• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

閉塞感を打ち破るヒントは台湾にあり

液晶や半導体だけじゃない本当の実力

  • 常盤 文克

バックナンバー

2011年7月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年3月の東日本大震災では、被災地への義援金が世界中から集まりました。その中でも特に印象に残ったのが、台湾から寄せられた義援金です。親日的であることで知られる台湾の人々からは、日本円で総額およそ170億円が寄せられたのです。

 日本にとって台湾は、距離が近いこともあって、歴史上もビジネスの上でも結びつきが深い地域です。特に家電やコンピュータ、電子機器などの分野では、部材の供給面で欠かせないパートナーでもあります。このたびの台湾の人々の厚情からは、その結びつきの強さを再認識させられました。

 ただ、台湾のビジネス環境や企業の実力については、日本ではあまり知られていないように思います。本コラムでは、この5月に台湾のサイエンスパーク(科学工業園区)を訪問した際に感じたことを中心に、台湾の持つ強さについてお話したいと思います。

産業クラスターに見る台湾の本気

 台湾の面積は日本の九州とほぼ同じで、人口は約2300万人です。GDP(国内総生産)の総額は約4300億ドルで、日本の約12分の1。一人当たりにすると約1万8000ドルで、日本の約半分に相当します。

 台湾企業の訪問はおよそ10年ぶりですが、その変わり様は驚くほど大きく、その成長と発展ぶりには目を見張るものがありました。背後にあるのは、政府の産業育成に対する意気込みと、政府直轄のサイエンスパークの存在です。

 このパークは、北から新竹、台中、台南の3地区にあります。それぞれに特徴がありますが、いずれの地区でもハイテクの上流から下流までをそろえた産業クラスターを形成しています。

 似たような施設は、日本でも筑波研究学園都市などにありますが、研究・技術開発の成果を実際のビジネスにつなげる仕組みは、台湾の方が整っており、これが大きな強さの1つだと感じました。また、サイエンスパーク内での技術交流も盛んです。

コメント4

「常盤文克の「新・日本型経営を探る」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏