• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なでしこと長友に通じるもの(前編)

絶対のストロングポイントを伸ばす

2011年7月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 サッカー女子ワールドカップでのなでしこジャパン優勝は本当に感動的だった。被災地の方々や日本を元気にしたいという強い意志、日頃の恵まれない女子サッカーのプレー環境を変えるという使命感。僅かなやっかみや妬みさえも全く入る余地のない彼女たちの姿勢は、世界一という結果以上に伝わってくるものがあった。

 体格ではるかに勝る強豪国相手に、日本のスタイルで戦い抜いた日本選手たちに世界も驚きを隠さなかった。大会当初は殆ど注目されない中で、格上の女子サッカー先進国を次々に倒して世界の頂点に上り詰めた彼女たちは、さしずめシンデレラともいえる。

 今回の彼女たちは、エリートとして全てを与えられて育てられることが、世界で戦う、いや“闘う”上で絶対的なアドバンテージにはならない、ということを示してくれた。

 では何が必要なのか。日本サッカー界でのもう1つのシンデレラストーリー、「長友佑都」の秘密から解き明かしてみたい。

画像のクリックで拡大表示

 2007年、佑都は明治大学サッカー部でプレーしていた。さらに言えば、大学1年生の時にはレギュラーではなく応援席で太鼓を叩いていた。その選手が、3年後にサッカー大国イタリアのセリエA(1部リーグ)のACチェゼーナ、翌2011年にはインテル・ミラノへ移籍した。

 インテルホームスタジアムのジュゼッペ・メアッツァでは、8万人の観衆が熱狂し、試合の実況が全世界にテレビやインターネットで配信される。その世界的なビッグクラブで長友は、昨シーズン終盤に早くもインテルの左サイドバックとして確たる地位を確保した。今シーズンも新監督の下でレギュラー定着のための練習に明け暮れる日々が始まっている。

 エリート街道とは一切無縁。中学、高校時代も無名、大学1年生の時には試合時太鼓を叩いていた普通の大学生が、わずか4年後に世界最高峰のクラブでレギュラーを勝ち取ったのは何故なのか。

 私が接して来た多くの選手のなかでも、彼は他の選手とは少しだけ違っていた。それはほんの僅かな違いに見えることであったが、実は大きな差であった。

「海外でプレーする」という明快な目的意識

 佑都との出会いは2007年5月に遡る。

 当時私はU-17日本代表監督を務めていた。前年(2006年)U-16でアジアのチャンピオンになり、U-17ワールドカップを目指すことになってからは、ずっとプロのサテライトチーム(若手)と試合を組んでもらっていた。

 その中のFC東京サテライト戦。格上相手に本気で臨み、優勢に試合を進めていたが、左サイドだけは勝手が違った。相手チームの右サイドバックに幾度となく突破されてしまう。駆け上がってくるスピードと頻度に付いていけないのだ。対策として山田直輝(現浦和レッズ)をボランチから左サイドに変えて抑えにかかることを余儀なくされた。

 そのとき、何度も駆け上がって来ていたのが佑都だった。当時、彼は明治大学3年生だったが、FC東京の練習生として参加していたのだ。
 試合結果は1対1であったが、佑都の印象は鮮明に残った。

 年が明けた2008年1月。私はFC東京の監督に就任した。時を同じくして大学4年生になる直前の佑都が、明治大学サッカー部を退部し、FC東京に入団してきた。

 明大2年時、サイドハーフからサイドバックにコンバートされ頭角を現していた彼は、当時の北京五輪代表スタッフである江尻篤彦コーチ(明大出身)に見出され、反町康治五輪監督にも期待をかけられていた。

 この頃の佑都はまだ特別な実績を残した訳ではなかったが、北京五輪の意識の高いメンバーと一緒に過ごす中で、「将来海外でプレーする」という目標を持つこととなる。その目標を達成するためには、22歳という年齢のうちに、国内最高峰のJリーグでプレーして自分を高めることがベストの選択だ、という明快な目的意識があった。

 近年最強と言われた明治大学での4年生時でのプレーを放棄してプロの世界に飛び込んで来るには、経済的に苦労をかけた母親のことも含め相当の覚悟があった。

コメント4件コメント/レビュー

結果を引き出す為に練習や試合の中で機会を与えて育てるやり方も大事ではあるのですが、長友の場合は、自らが目標を設定し、その実現の為に必要な事を自分の中で整理し、できない事を延ばすよりできる事を更に強くする事に重きを置いて自ら考えて対峙していた辺りが、普通の選手と異なる所だった。その結果が今の長友の立場に繋がっているのだという流れがよくわかる内容でした。個人としてどこに目標を置くかは自由ですが、その為のアプローチをどうシンプルかつ具体的に考えて実行できるかの取り組み方と速さがポイントなのですね。とても参考になりました。(2011/07/21)

「城福浩の「ヒトとチームを鍛えるサッカー小論」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

結果を引き出す為に練習や試合の中で機会を与えて育てるやり方も大事ではあるのですが、長友の場合は、自らが目標を設定し、その実現の為に必要な事を自分の中で整理し、できない事を延ばすよりできる事を更に強くする事に重きを置いて自ら考えて対峙していた辺りが、普通の選手と異なる所だった。その結果が今の長友の立場に繋がっているのだという流れがよくわかる内容でした。個人としてどこに目標を置くかは自由ですが、その為のアプローチをどうシンプルかつ具体的に考えて実行できるかの取り組み方と速さがポイントなのですね。とても参考になりました。(2011/07/21)

世界で一番ポピュラーな競技であるサッカーにおいて日本女子チーム『なでしこ』がワールドカップ大会で優勝した。しかも、欧米先進国チームを悉く負かしてである。これは世界の発展途上国女子(中国女子も含む)に影響を与える歴史的快挙である。そして、その可能性を抱かせる良いお手本は、長友佑都選手であったと18日に女子優勝戦をテレビ観戦して、強く実感じた。日本はまさに進化した。尚、獲得した賞には、フェアプレー賞もあった。(2011/07/21)

 選手と監督・コーチの関係は、共通項はあっても選手1人1人によって対応の方法を変えていかないとバランスの取れたチーム力が発揮されてこない。練習1つをとっても、合同で練習することばかりに力点を置くと、合同練習法に合わない選手が出て来るものであり、これを「個人的」と解釈すると潜在的能力を持つ選手を埋没させる危険性を秘めることになる。長友選手の場合などは、十分にサッカーの理論が頭に育てられた後、身体能力の訓練とマッチングしたもの(年齢的にも)と考えられる。とくに、世界で活躍するスポーツ選手の行動体系は、研ぎ澄まされた緻密な能力がその個人に本来的に備わっているもの(天分)であり、監督・コーチが読み取る能力がなければ、単なる一般的な「マネジメント力」だけで団体競技をリ-ドすることは困難であると考えます。(2011/07/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長