• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「滅私奉公」から「活私開公」へ

正しく怖がる放射能【16】

2011年8月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年度始めの4月から「正しく怖がる放射能」のタイトルのもとで、今回の震災とりわけ福島第一原発事故以降の問題を考えてきました。再来週は日経ビジネスオンラインが夏休みで、記事の新規公開がありませんので、今回から2回分で「総論」としての「まとめ」をしておきたいと思います。

 個別の各論では、また関連の問題に触れることもあるでしょう。ここでは大きくとらえた際のものの考え方を整理してみます。

ノルウェーの事件から

 物事を大きくとらえたいと思うので、全く違うケースから話を始めてみます。7月22日にノルウェーで起きた爆弾テロと大量殺人は、欧州全体を震撼させています。たまたま滞在先のイギリスでこの報に接したため、今回亡くなった若者一人ひとりを、顔写真入りで紹介するテレビ報道などを見ています。日本では、並行して起きた中国の列車事故などの方が目立って取り上げられるようにも聞き、明らかに報道には遠近観の違いがあるようです。

 英国での報道を見る限り、今回の爆弾テロと大量射殺を結構したブレイビク容疑者は、

  1.  犯行を認めており、
  2.  特に労働党の青年大会を襲ったのは、積極的な移民政策を推し進める労働党の次世代を担う人材を丸ごと粛清することで、「移民被害」を未然に防ぎ、また社会に覚醒を促すために必要な行動だった」とし、
  3. 「無罪」を主張している。

とのことでした。白昼の官庁街で爆弾を破裂させ、罪もない人(いま報道される範囲では)7人の命を奪い、多くの死傷者を出し、さらには、着弾した際に破裂し殺傷性の高い「ダムダム弾」を1人当たり2発ずつ撃って、(やはり今報道される範囲では)92人の命を奪いながら「これは必要なことだった」「自分は無罪」と主張する「自称キリスト教原理主義右翼」の犯人が取った行動、日本社会はどのようにこれを受け止めるでしょうか。

 これはあくまで僕の想像ですが、多くの日本人は、ブレイビク容疑者の屁理屈をあれこれ聞く以前に「言語道断、即刻死刑で当然」などと思うのではないでしょうか。

 しかしここで、ノルウェー政府は、2度と繰り返されてはならない、このような事件の再発防止を念頭に、非常に慎重な捜査と審理を進めている様子です。そんな中で、犯人が弁護士を通じて発表した「自分は無罪」といった主張も報道に載る。人権への配慮が進んでいるノルウェーでは捜査の初期から情報の透明性が確保されているとのことですが、ブレイビク容疑者からは反イスラム的な発言が予想され、社会的影響を考慮して、審理は非公開で進められているようです。

ノルウェー虐殺犯の「滅私奉公」

 実は先週のこのコラム第206回のタイトル『時に「滅私奉公」はマイナスになる』は、珍しく私自身がつけたものではありませんでした。滞在先の英国でネット環境が悪く(加えて私は、クレジットカードなどすべての入った財布をスリに取られたりして面倒の渦中にあったのですが)たまたまタイトルの抜けた本文原稿だけが届いたらしく、そのあと筆者(僕のことですが)と確認が取れぬまま編集部がつけてくれたタイトルでアップロードされました。早速ツイッター上で「らしくない」とご指摘をいただきましたので、アクシデントであることをツイッター上でもご説明しました。

 「時に『滅私奉公』は」ではなく『滅私奉公』は基本、常にマイナス、かつ克服されるべきものである」。これは私が深く尊敬、共鳴する哲学者、山脇直司さんが展開される公共哲学の、根本的なテーゼです。前回そして今回と、話を整理する上で活用させていただいている「滅私奉公」「活私開公」あるいは「滅公奉私」「滅私開公」などのコンセプトは、すべて山脇教授が国際的に展開しておられる公共哲学をオリジナルに、そこから考えているものです。ただし文責はすべて私にありますので、何か瑕疵などがありましたら、責を負うのは私です。

「『滅私奉公』は基本的にマイナスになる」

 さて前回のタイトル『時に「滅私奉公」はマイナスになる』ですが、ここで「時に」と書いてしまうと、逆に「大半の時間」滅私奉公はプラスになる、とも読めてしまいますね。何を細かいことを、と思われるかもしれませんが、実は根本的な問題を考えています。

 ここで私が問いたいのは、公共(公)のために、個人(私)が「滅」っする社会のあり方を、国や政府が制度として是認するべきか、という問題です。ノルウェーのケースを入り口に、また放射線の問題を念頭に「公」と「私」の問題を考えてみましょう。

コメント24

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長