• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なでしこはロンドン五輪でも米国に勝てるのか?

年俸250万円!米国女子サッカー堅実経営を分析する

2011年8月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 サッカー日本女子代表チームの第6回FIFA女子ワールドカップ制覇によって、日本中が「なでしこブーム」に沸きました。決勝の延長戦終了間際に神業的な同点ゴールを決めた澤穂希選手をはじめとする日本代表選手が7人も所属するINAC神戸では、ワールドカップ後の初戦となる7月24日のジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦で史上最多の1万7812人の観客動員を記録しました。今期のなでしこリーグのワールドカップ前の1試合当たり平均観客動員数は約800人なので、20倍以上の観客が詰めかけたことになります。

 多くの方が「これを一過性のブームで終わらせてはいけない」と言うでしょう。しかし、そのために、何をすればいいのか。「世界一」をしっかりとビジネスにつなげる戦略が必要です。そして、そのビジネスプランは、実は準優勝に終わった米国に学ぶべき点が多いのです。

男子ワールドカップを超える視聴率

 米国女子代表は、ご存知の通り世界ランキング1位の最強チームです。何でも「世界一」が大好きなお国柄もあってか、米国ではサッカー代表チームについては女子の人気が男子を凌駕しています。

 スポーツ専門チャンネルESPNが中継した日本代表との決勝戦の視聴率(8.6%)は、昨年の男子ワールドカップで同局がオンエアした米国男子代表チームのいずれの試合をも上回っています。この数値は、ESPNが過去に放映した女子スポーツイベントで、史上最高の視聴率でした。

 このように、米国で高い人気を誇るサッカー米国女子代表チームなのですが、代表チームを下支えする存在が、日本の「なでしこリーグ」に相当する女子プロサッカーリーグ「WPS」(Women’s Professional Soccer)です。WPSは2007年に設立され、2009年より7チームでリーグ戦を開始した米国最高峰の女子プロサッカーリーグです。今年は3年目のシーズンを迎えています。

 現在は6チームで構成されているWPSの年間試合数は20試合弱(18~19試合)。これはなでしこリーグとほぼ同数です。ただ、観客動員数(1試合平均)はWPSが今期(ワールドカップ前の5月31日時点)約3000人で、なでしこの3倍以上となっています。

表:WPSの2011年シーズンの1試合平均観客動員数(5月31日時点)
チーム名 試合数 観客動員数
(合計)
観客動員数
(1試合)
ボストン・ブレイカース 3 13,075 4,358
アトランタ・ビート 4 16,582 4,146
ウエスタンNY・フラッシュ 4 13,316 3,329
フィラデルフィア・インディペンデンス 2 5,335 2,668
スカイ・ブルーFC 3 7,769 2,590
マジック・ジャック 4 4,048 1,012
合計 20 60,125 3,006

注:トランスインサイト調べ

コメント6

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「なでしこはロンドン五輪でも米国に勝てるのか?」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長