• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

風評被害はこうすれば解消できる

「情報の経済学」で買い控え問題を読み解く

  • 安田 洋祐

バックナンバー

2011年8月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3.11の東日本大震災、特に津波によって引き起こされた東京電力福島第一原子力発電所の事故以来、放射性物質による汚染に関するニュースが後を絶たない。各地域の詳細な放射線量が次第に明らかになるとともに、最近では農水産物汚染に関する事実が次々と報道されている。これに伴い、「風評で△△市の観光客が激減した」「○○産の××が風評被害を受けている」といったように、風評あるいは風評被害という表現を耳にする機会が急増した。

 こうした風評報道に関して、「風評」という言葉の持つ意味や使い方に疑問や違和感を持つ読者も多いのではないだろうか。そこで、「風評(被害)」の意味や風評が生まれる原因、その解決策を経済学的に考えることで、風評を巡る論点を整理してみたい。

そもそも風評って何だろう?

 まずは、風評の意味について確認しておこう。風評とは「うわさ」、特に「事実と異なるうわさ」や「事実に基づかない(根拠のない)うわさ」を指す。ここでは風評被害を「事実に基づかないうわさが原因となって生じる(経済的な)被害」と定義する。

 実際の報道、あるいは日常会話で、風評被害はこの定義に基づいて正しく使われているのだろうか?

 話を分かりやすくするために、食品に関する風評被害について次の3つの状況を考えてみる。「○○」(地名)は、何らかの汚染被害が既に発生している地域だとイメージしてほしい。

状況A:「安全基準を満たしている事が明らかな食品Xが○○産というだけで売れない」

状況B:「安全基準の数値を超える汚染量が検出された○○産の食品Xが売れない」

状況C:「正確な汚染状況について公表されていない○○産の食品Xが売れない」

 状況Aが風評被害である一方、状況Bがそうではないことは明らか。問題は、現実にもしばしば発生する状況Cのような場合。Cを風評被害と呼ぶべきかどうかは、上の定義における「事実に基づかない」という部分をどう解釈するかによって変わってくるからだ。

事実とは“100%”確かなもの?

 食品Xについて「汚染の事実が確実に(100%)明らかになっていない限り「事実」と認めるべきではない」という立場であればCは風評被害になるだろう。既に○○産の別の食品から汚染被害が見つかっている場合でも、食品Xが汚染されていることは確定していないのだから、「汚染の『事実』がない」と言える。その食品を避けることは、根拠のないうわさに踊らされているに過ぎない。

 これに対し、はっきりと汚染事実が分からない不確実な状況自体を「事実」として認めるのであれば、Cは必ずしも風評被害にはならない。例えば、食品Xの汚染状況を誰も正確には把握していないが、「○○産の類似食品の汚染状況などから50%の確率で汚染されていることが推測される」という状況を考えてみよう。

コメント3件コメント/レビュー

放射線の線量計測器を購入するよりは・・・。測って安心よりも、止めて安全のほうが急がれます。もともと風評なんて半年もすれば消滅します。狂牛病が前例です。TVのワイドショーと週刊誌の特集を禁止すれば全て解決です。それよりもセシウムは半分になるのに30年。1/10になるのには100年以上かかるのですよ。早く漏出を止めましょう。(2011/08/22)

「「気鋭の論点」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

放射線の線量計測器を購入するよりは・・・。測って安心よりも、止めて安全のほうが急がれます。もともと風評なんて半年もすれば消滅します。狂牛病が前例です。TVのワイドショーと週刊誌の特集を禁止すれば全て解決です。それよりもセシウムは半分になるのに30年。1/10になるのには100年以上かかるのですよ。早く漏出を止めましょう。(2011/08/22)

 ノーベル経済学賞を受賞する程の「情報の経済学」というジャンルがある事を初めて知りました。 現実に起きている、いわゆる『風評被害』を広義に捉えれば、栃木県で開催する日本GPを外国人ライダー達がボイコットを表明しているように、食品にとどまらす、あらゆる分野に波及しており、単に情報の開示や伝達方法に問題があるが、それだけが『風評被害』の主たる要因では無いと考えられる。 食品については、『3・11』以前から多種の『産地偽装』が疑われており、更に放射能については『各地の最大放射線量』(文科省)と同様に、その測定方法に疑いが持たれている。全国に放射能汚染された牛肉が流通し消費された事態が生じてからは、あらゆる食品に疑心暗鬼になっている。 信じられるのは目の前にあるデータだけで、今後、食材を購入する時は、財布、エコバック、線量計が必須アイテムとなるかも知れない。(2011/08/22)

政府や自治体が計測器の利用コストを負担するとして、それが「拡充や配布」であっては意味がないと思う。何故なら、生産者が測定して開示するのでは、それが事実計測された数値である保証がないからだ。どうせ政府や自治体がコストを負担するのであれば、計測するための第三者機関(政府等であってはならない)を大幅に支援・拡充する方が良いのではないか。(2011/08/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長