• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

プロのコツから伝わる力

人生がきっと深まるクラシック音楽への誘い

2011年8月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 実は出先で突然の停電騒ぎとなりまして、出稿が遅れてしまいました。曲げてお許し下さい。しかし何というか、電気のない暮らしというのも、それはそれで受け入れてみると、いい点もあると思います。暑さがヒドイのはかないませんが、日が暮れれば暗くなり、ろうそくの火で明かりをとって、ゆっくり物事を考える…。普段ならネットにアクセスして過ぎている1~2時間が、沈思黙考の時間になったりする。

 春先に経験した輪番停電など、原発事故以降の消費電力の問題とは全く別の切り口から、電気と私たち、ということをちょっと考えたりしています。

 今回は、ツイッターでも少し予告させていただきましたが、そんな意味も含めて私の本業、大半がアナログでできているクラシック音楽の世界に、ちょっと変わった入り口からお誘いしたいと思います。

 夏休みも大詰めに差し掛かってきました。もしかすると、お子さんの宿題、夏休みの自由課題などで、ネタに困っている方もおられるかもしれません。そこで、そんなお役に立つかもしれない、という考えも含めて、まずビデオをご紹介しましょう。先日、幻冬舎から『人生が深まるクラシック音楽入門』という本を出しました。

アナログの豊かさ再発見

 本のおまけとして、新宿の幻冬舎本社会議室でパパッと撮り下ろしたビデオなので、中身はアドリブで、やや冗長な段はどうかお許し下さい。

 中身を文字でもご紹介しますと、私たちの身の回りにある「電気楽器」や電気電子の「オーディオ」製品、あるいはインターネットの音声動画ツールなど、大変便利なものも多いけれど(というか、それがなければそもそも「日経ビジネスオンライン」も成立しませんし、そこに音声動画のリンクをはっている、今の僕の論旨もないわけですが)、そうではない、古くからの音楽の知恵のいったんをご紹介しようということで、ここでは「共鳴」の話をいくつかご紹介してみました。いわばアナログの豊かさの再発見ですね。

 ギターとかバイオリンとか、特定の楽器を取り出すと、それ特有という印象がありますので、一般的な性質をお見せする…、というかお聞かせするために、オルゴールを色々な形で共鳴させるプレゼンテーションを考えてみました。

 最初に電子鍵盤で弾いてお聞かせしたのはムソルグスキーの「展覧会の絵」の冒頭ですが、電子楽器の音というのは鍵盤一つひとつに音が当てはめられていて(アサインされていて)それらが共鳴しあって響きを作るようには設計されていません。これに対して、ピアノでもバイオリンでも、生の楽器は常に楽器全体がどう響くか、もっと言えば部屋全体、奏者や聞き手の体を含めて、どんなふうに音楽が実現するかを、常に考えて作られてきました。

ワールドワイドのポップスターは戦後の産物

 私たちクラシック音楽の作り手、弾き手の仕事は、かつて何百年、いや何千年もの人類史全体にわたって、こうした「人馬一体」「一身具足」のかたちで音楽を作ること、にありました。ある種のオーディオ装置や電気電子楽器が発明されるまでは。

 主として20世紀に入ってから登場した電気・電子楽器は、音楽や音楽周辺のビジネスを根底から覆すものになりました。まさにイノベーションで、新たに膨大な市場を生み出し、音楽はグローバルな展開を始めます。

 分かりやすい話、今、誰もが当たり前に思っている「ワールドワイドのポップスター」というものは第二次世界大戦後の産物です。ロカビリーもプレスリーもロックンロールもビートルズもストーンズも戦争がなければ、あるいは戦時技術の進展がなければ存在しえませんでした。全世界的なポップスというものは、19世紀以前の人類には想像もできなかった。これは実は私たちが忘れている、でも割と大事なことではないかと思うんですね。

コメント3件コメント/レビュー

学校の音楽の授業で「音学」を習った記憶はまったくないですね。ただ、教科書通りに歌って音楽史上の人物を教えられておしまいって感じでした。小学校高学年~中学校くらいになったら音学の方が面白く感じられそうな気もします。(2011/08/24)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

学校の音楽の授業で「音学」を習った記憶はまったくないですね。ただ、教科書通りに歌って音楽史上の人物を教えられておしまいって感じでした。小学校高学年~中学校くらいになったら音学の方が面白く感じられそうな気もします。(2011/08/24)

私も一時は音大を目指して専門教育を受けた身なので、お話の内容に共感するとこと多かったです。しかし、いま上海でピアノ教師と友達になって教えあう中で発見したことなのですが、言葉を使わなければイイモノはどこでもイイモノとして受け入れられる訳ではなさそうです。中国の人がいいと感じる音の響きの構造は私とぜんぜん違います。ピアノ教師の母はショパンの幻想即興曲を全然美しいと思わず、その彼女も私が恍惚と弾くドビュッシーの月の光やラヴェルのソナチネにはあまり興味を示さない。音に対する感覚は、ある程度後天的に養われるものなのかもしれません。(2011/08/24)

主人は30を過ぎてピアノを習い始めました。2年になりますが、当初五線譜も読めなかった彼が今では両手でチェルニーを弾いています。自分で楽器を弾けるようになってからクラシックへの興味、感じ方も変わったようで、いろいろなクラシックを聴いています。音楽の楽し方をもっと知りたいと思います。次回コラムも楽しみにしています。(2011/08/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長