• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

りんごジュースに本鴨ハンバーグ、青森名産は飯田橋で

2011年8月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東日本大震災支援プロジェクト「美味しく応援。がんばろう!東北 今こそ食べよう東北の味」(毛筆体題字:畠中玉恵)の応援国旗を手にした「あおもり北彩館 東京店」のスタッフの皆さん。(左から)加藤さん、佐藤さん、小幡さん、長谷川館長、小沼さん、伊東さん、木立さん。長谷川館長は「東北6県みな けやぐ(友達) みんなでけっぱる(頑張る)ど!!」と地元の言葉で書き込んだ。
画像のクリックで拡大表示

 無理なく長くできることで応援しよう! 被災地を少しでも応援するために、東京にある東北6県の郷土料理が食べられる飲食店とアンテナショップを紹介する「美味しく応援。がんばろう!東北 いまこそ食べよう東北の味」。

 第12回は、青森編の第2弾! 青森のアンテナショップ「あおもり北彩館 東京店」を紹介する。場所は千代田区の富士見2丁目。JR飯田橋駅から徒歩3分。JR飯田橋駅西口を出て左折。神楽坂とは逆の方向へ直進し、交番を越えて10メートルほど行くと、青森県会館が見えてくる。「あおもり北彩館 東京店」はその1階だ。東京メトロ東西線の飯田橋駅ならA4出口。有楽町線や南北線、都営地下鉄大江戸線の飯田橋駅ならB2a出口が最寄りだ。

ひときわ目をひくブルーの看板には、店名より大きく「青森県の物産と観光の店」の文字が。震災後、柱に「復興! 東北 ケッパルぞ 青森県」とメッセージを掲げた
画像のクリックで拡大表示

 青森県産の生鮮食品や加工商品などを、高級スーパーと見間違うほど豊富かつキレイに飾っている。それもそのはず。2010年11月にリニューアルしたばかりだ。
 店内は約99平方メートルの空間。通路を広めにとっており、買い物しやすい。

 店頭には、にんにくやりんごなど、お買い得商品をダンボール箱に入れて並べている。入ってすぐの右側に冷蔵コーナーがあり、新鮮なとうもろこしなどを陳列している。奥のレジ横には、リニューアルに合わせて「あおもりカフェ」を新設。オリジナルのソフトクリーム(280円)やりんごジュース(100円)を、ミニカウンターで食べられるのもうれしい。このコーナーは17時までなのでお早めに。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示
青森県の名産品がギュッと詰った店内(左)。明るくて買い物しやすい。入ってすぐ左には観光コーナー「青森県東京観光案内所」がある。

コメント0

「美味しく応援。がんばろう東北! 今こそ食べよう東北の味」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック