• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【最終回】改革に失敗する日本企業がはまり続ける罠

グローバル企業のトップが驚嘆したTOC流の解決法

  • 岸良 裕司

バックナンバー

2011年8月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この時の説得の言葉はウソではなかった。ただし、合宿にはもう1つの狙いがあった。それは、経営幹部たちにある点に気づいてもらうこと。改革が成功しない原因は、現場ではなく、経営幹部たち自身のマネジメントにあるという点に、だ。

 なぜE社の改革が実を結んでこなかったのか。もうお分かりの方も多いだろう。最大の原因は、あまりにも多くの改革に同時に取り組んでいたことにある。改革の号令をかけるのはたやすいが、それを止めるのは難しい。結果そして改革活動は増え続け、そのどれもが中途半端になり貫徹できていなかった。

 一方で、優秀な社員に仕事は集中しやすい。1人で複数の改革に携わっている社員も多く、現場は疲弊しきっていた。いわば、会社全体が「改革疲れ」の様相を呈していたのである。

 ここまで書けば、次に打つべき手は明らかだろう。多岐にわたる改革を整理して、本当に必要な改革だけに集中すればいい。ところが、E社の経営幹部は、改革活動に熱心なあまり、この点にほとんど目が向いていなかった。

本当に必要なことに気づいていなかった幹部たち

 改革活動の進捗状況は、毎月の経営会議で報告されるが、わずか数分の時間で活動をすべて報告するのは無理だ。いかに優れた経営幹部といえども、活動の内容を正確に理解することはできない。会議における経営幹部からの指摘や指示は、現場の実態と乖離していることも少なくなく、経営と現場との間に断絶が生じるようになっていたのである。

 このように経営と現場との間に断絶が生じている企業は、E社だけでない。読者の中にも、お心当たりのある方は少なくないだろう。

 断絶している経営と現場とのつながりを取り戻す──。経営幹部たちを対象とした合宿には、戦略と戦術の練り直しに加えて、こんな狙いが込められていたのである。

 この隠れた狙いを実現するためのツールとしても利用したのが、「ストラテジー・アンド・タクティクス・ツリー(Strategy and Tactics Tree:戦略と戦術のツリー)」と呼ばれるものだ(以下、S&T Tree)。

 これは、エリヤフ・ゴールドラット博士がビジネス小説『ザ・ゴール』(ダイヤモンド社)で提唱した全体最適のマネジメント理論「TOC(Theory of Constraints:制約理論)」の集大成と言うべきものである。

 具体的には、企業などの組織がある目標を達成するために、トップから現場までの各階層や機能別の各部門でそれぞれどのような戦略を打ち出し、どのような戦術を取ればいいかを関連づけながら、網羅的に記述する。階層や部門ごとの戦略や戦術が相互に連関しながら1つの図を形成する姿が、あたかも1本の樹木(ツリー)の形をなしている。

出所:ゴールドラットコンサルティング
画像のクリックで拡大表示

 一見してお分かりだと思うが、このS&T Treeを一から作り上げるには相当な時間がかかる。計6日間の合宿では無理だ。しかし、ありがたいことに多くの場合は、一から作らなくても済む。ゴールドラット博士が、代表的な業種ごとに、S&T Treeの基本モデルを用意してくれているからだ。このモデルをベースにして、自社の実情に合ったものにしていけばいい。

コメント15

「「ザ・ゴール」式で目指す 真のモノ作り再興」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO