• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

職人仕事の土台が決め手

音楽から考える「基礎」と「責任内閣制」

2011年9月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先週は民主党代表選のため、一度話題が野田新内閣に飛びましたが、再び『人生が深まるクラシック音楽入門』(幻冬舎新書)のおまけビデオの話題に戻ろうと思います。

 野田政権も閣僚の顔がそろいました。主要閣僚に若い人も見え(私個人としては自分と同年輩の閣僚が増え、という感想でもありますが)、過去の実績は問いにくいかと思いますが、何とか現状の難局を乗り越える舵取りをしてもらわねばなりません。

 しかし、改めて考えてみると、今回お話しようと思っている音楽の話題と、責任内閣制のような政治システムと、どこかしら似た所もあるような気がするのです。

「ブラックジャックのメス」再び

 さて、前回は手塚治虫のマンガ「ブラックジャック」を引いてお話をしました。この例を引いたポイントは、コミックスの中の話ではありますが、外科医ブラックジャックの奇跡的な手術を可能にするのは、

☆1 職人的外科医としてのブラックジャック本人のウデ

☆2 外科医が存分に力を振るえるメス
それに
☆3 メスを常に最高の状態に保つ職人プロとしての鍛冶師

という、3つの力がそろってこそ、なのですが、この第2、第3の部分は必ずしもお客様の目や耳にとまらない、あるいは前面に押し出さないようにしてきた、過去約1世紀に及ぶ日本の洋楽、クラシック音楽の受け取り方があるわけです。

 実はそれが、色々な限界、壁を作っているような気がするのです。これはまた、あえて言うなら「個人主義」とか「民主主義」など、やはり西欧から日本が輸入した「舶来物の受け取り方」全般に共通する面があるような気もするのです。

音を創るケーススタディ…オーボエの例から

 突然ですが「オーボエ」という楽器を例に挙げて考えてみます。国際的に活躍される奏者、例えば宮本文昭さん、あるいはNHK交響楽団の茂木大輔さんなど、広く知られる名演奏家も多数ある、魅力的な楽器です。国際的にはハインツ・ホリガーなど歴史的な名手の名も有名でしょう。

 このオーボエ、楽器の元来の先祖を尋ねると、意外かもしれませんが「夜鳴き蕎麦」というか夜鳴きラーメンですが、屋台などでラーメンを売って歩くときに吹く(かつては吹いていた)「チャルメラ」と親戚に当たる楽器です。どこが「親戚」なのかというと、音を出すために口でくわえる葦の「音舌」リードの形が同じ「二枚舌」ダブルリードで共通しているのです。

 東儀秀樹さんの登場ですっかりメジャーになった感のある日本の雅楽の楽器『篳篥(ひちりき)』も、この「ダブルリード」楽器の1つ、つまりオーボエと遠縁の楽器です。

 さて、このオーボエ、プロフェッショナルとしてこの楽器の奏者、つまりオーボエ演奏の職人になるなら、通常の意味での「演奏」や「練習」と並行して、どうしても避けて通れない「下準備」の段階が出てきます。それは「リード削り」です。

 私自身、オーボエを演奏しませんので本当に具体的なことは言えないのですが、リードの削り方1つで、オーボエの音は全く変わってしまうようです。

 20年くらい前になりますが、いま第一線で活躍する、とあるオーボエ奏者が大学生時代、リードの削り方で開眼したということで、音色が全然変わり、その後とある在京オーケストラの首席試験に在学中に合格して、大きく飛躍するのを目の当たりにしたことがあります。リード削り、ないし音色作りは、職業人としてのプレーヤー生命を決する、非常に重要な仕事の核なのです。

 ある若いオーボエ奏者の友人によれば、本当に優れたオーボエのリードを作ろうとするなら、リードを削るのは当然として、そのリードを削る「ハモノ」、さらにはその「ハモノ」を作ったり、作り変えたりする機械までそろえる必要があるとのことでした。実際、彼はドイツ留学時代、「リード削り工具を作る機械」まで仕入れてきて、それに習熟し、自分の演奏する音作りを基礎の基礎から鍛えるようになりました。新たな職人、ドイツ語で言うならマイスターの誕生です。

コメント2件コメント/レビュー

オーボエのリード削りの件、「のだめカンタービレ」で知りました。ブラックジャックのメスの鍛冶師の件、鍛冶師に依頼しているシーンが確かありましたね。(2011/09/09)

オススメ情報

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

オーボエのリード削りの件、「のだめカンタービレ」で知りました。ブラックジャックのメスの鍛冶師の件、鍛冶師に依頼しているシーンが確かありましたね。(2011/09/09)

●真っ当な職人の仕事に価値があることはそのとおりだが、それを閣僚人事などに結びつけようというのは乱暴を通り越している。●財務大臣に株屋、経済産業大臣に商社マン、国土交通大臣に土建屋あたりがいいのか?えっ、もしかして学者?●政治というのは、つまるところ「利害調整」です。相手は社会。行政機関のリーダーでもある政務三役の仕事は、政策を決定し、その政策の実現に伴う利害を具体的に調整することです。●政策の実現には必ず副作用が伴います。薬と同じで、副作用のない政策は実のない政策(ただのリップサービス)でしかありませんが、それが必要なら利害を調整して社会的合意を形成しなければならない。その専門家であることが必要なのです。特定分野の専門家は、その人がどんなに公平で誠実な人であっても、逆に特定の利害関係者の一種と見られる(俗にいう「色めがねで見られる」というやつです。)ため、むしろ適任ではない。●福島原発の対応で前の首相が色々非難されてますが、現場のあれこれに口を出すことが求められているのではなく、現場のことは専門家に任せ、社会にかかわる部分で専門家の意見を聴きつつ判断を下し、責任を負うことにあります。(2011/09/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授