• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「オレって、使い捨て?」 突然クビを宣告された45歳の悲哀

“過剰適応”でマンモスの牙と化す企業の行く末

2011年9月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「まさか自分が? って感じですよ。数年前からうちの会社でも、管理職を対象とした早期退職の募集が幾度となくありました。50歳以上が対象だったし、退職金も増えるんだったら悪い話じゃない、なんて思っていたんです。今、思えばしょせん、人ごとだったんですね」

 大手電機メーカーに勤める45歳の男性は、先月突然、人事部に呼び出され、早期退職募集の資料を渡された。

 「悪い話ではないと思うので、考えてみてください」

 まさに晴天のへきれき。自分には関係ないと思っていたことが、ある日突然、自分自身の問題となって降り掛かってきたのである。

 「管理職だと組合員ではないですから。多少、無理強いをしてもさほどややこしい問題には発展しないんですよ」

 男性はこう続けた。

 上場企業の希望退職・早期退職者の募集が、今年に入ってから増加傾向にあるという。世界同時不況の発生から2009年は急増したが、その後は世界経済の立ち直りに伴って輸出企業を中心に業績が持ち直し、2010年は概ね落ち着いて推移していた。ところが、今年3月以降に急速に増えているのである(東京商工リサーチ調べ)。

「会社存続」という名目の下で人をないがしろにする企業

 つい先日も、生き残りのための「事業転換」を進める富士フイルムホールディングスが、さらなる事業基盤の強化のため100~200人のリストラに着手することや、住生活グループが、グループ全体で新たに600人規模の早期退職希望者を募る予定であることが報じられた。

 前述の男性のケースは昨年度まで50歳以上が対象だったものが、今年に入って45歳以上にまで広げられ、自らもターゲットとなった。

 親会社から人が流れたことで、子会社の社員が押し出される羽目になることだってある。自分の会社の社員を子会社に転籍させて、子会社の社員がまるでところてんのように押し出されていくのだ。

 東日本大震災が起きた「3・11」から半年。「企業存続」「グローバル化」「雇用の流動化」「円高」などなど、もっともらしい大義名分の下、早期退職や希望退職が当たり前のように実行されている。

 かつては、リストラだけでなく、希望退職であっても、「非人道的な経営だ」と批判されたものだが、最近では「なぜ、リストラをしないんだ」と株主からも責められるようになった。

 経営者の目的は、あくまでも利益を追求すること。ただそれだけなのだ。

 あれだけ絆だの、みんなで頑張ろう、だの、“人”を思いやる気持ちが、日本中を駆け巡ったというのに。なぜか、企業を守る、という名目のために、人間がないがしろにされている現実がある。人間の使い捨て、は加速している。そうとしか思えないのだ。

 そこで今回は、「何のための会社なのか?」ということについて、改めて考えてみようと思う。

コメント118件コメント/レビュー

『ビジネスは、社会に貢献してその対価をいただくもの』『「幼稚」だと言われるのは、社会貢献という視点が脱落しているからです』…こういうのがそもそも幼稚だと思いますが。これっていわば「お客様は神様です」的な建前の話でしょ。社会に貢献だとか、新人教育の一番最初にやるべき建前の話じゃないですか。もちろん社会貢献は大事なことだとは思います。しかしそれは「会社が十分な利益を出し続け、余裕が出来てから目指すべきもの」というのが「現実」なのです。第一「社会貢献」しないと等価が貰えないという時点でビジネスを履き違えて居ます。極端な例ですが、例えば大地主が自分の土地に大豪邸を造ったとします。地上何階建てにもなるすごく大きな豪邸。地主さんは出来栄えに大満足です。しかし子供たちの遊び場がなくなる、道路に車が増えたので危険だ等の声もあがりはじめました。元々、都会だと当たり前なことばかりなのですが…。回りの人たちは言いました。こんな非社会貢献的な請負会社は、建設代をもらう権利は無い!と。もうひとつ。ある町にハンバーガー屋さんができました。おいしくてボリュームもあり、メニューも豊富でおまけに安いので大人気です。近くの人たちはちょくちょく買いに行きました。ところが最近、肥満の人や糖尿の人の数が増えてきました。街中も包み紙などのゴミが目に付き始めています。人々は言いました。食べ過ぎたのは悪いけど、病人とゴミを増やしたハンバーガー屋は、代金をもらう権利がない!と。両方とも改善すべき点があるとは思いますが、どちらもビジネスです。これらを否定するのは結構ですが、利益があって、裕福で、気にいらない仕事は断って、好きな仕事だけを請けて、社員も十分養えて、それでいて明日の金策に四苦八苦している会社に、お前らは幼稚でビジネスじゃないと言い放つ。どれだけ傲慢かお分かりですか?これが社会貢献=ビジネスと履き違えた人間ですよ。(2011/09/27)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「オレって、使い捨て?」 突然クビを宣告された45歳の悲哀」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

『ビジネスは、社会に貢献してその対価をいただくもの』『「幼稚」だと言われるのは、社会貢献という視点が脱落しているからです』…こういうのがそもそも幼稚だと思いますが。これっていわば「お客様は神様です」的な建前の話でしょ。社会に貢献だとか、新人教育の一番最初にやるべき建前の話じゃないですか。もちろん社会貢献は大事なことだとは思います。しかしそれは「会社が十分な利益を出し続け、余裕が出来てから目指すべきもの」というのが「現実」なのです。第一「社会貢献」しないと等価が貰えないという時点でビジネスを履き違えて居ます。極端な例ですが、例えば大地主が自分の土地に大豪邸を造ったとします。地上何階建てにもなるすごく大きな豪邸。地主さんは出来栄えに大満足です。しかし子供たちの遊び場がなくなる、道路に車が増えたので危険だ等の声もあがりはじめました。元々、都会だと当たり前なことばかりなのですが…。回りの人たちは言いました。こんな非社会貢献的な請負会社は、建設代をもらう権利は無い!と。もうひとつ。ある町にハンバーガー屋さんができました。おいしくてボリュームもあり、メニューも豊富でおまけに安いので大人気です。近くの人たちはちょくちょく買いに行きました。ところが最近、肥満の人や糖尿の人の数が増えてきました。街中も包み紙などのゴミが目に付き始めています。人々は言いました。食べ過ぎたのは悪いけど、病人とゴミを増やしたハンバーガー屋は、代金をもらう権利がない!と。両方とも改善すべき点があるとは思いますが、どちらもビジネスです。これらを否定するのは結構ですが、利益があって、裕福で、気にいらない仕事は断って、好きな仕事だけを請けて、社員も十分養えて、それでいて明日の金策に四苦八苦している会社に、お前らは幼稚でビジネスじゃないと言い放つ。どれだけ傲慢かお分かりですか?これが社会貢献=ビジネスと履き違えた人間ですよ。(2011/09/27)

会社は株主のもの。欧米の理屈からすればそうかも知れませんが、「会社は社員(経営者含めて)のもの」と考える社会体質の日本人に理を突きつけても納得されず、話は進まないと思います。私が思うに、株主のものであるならば、社員持ち株会が持ち株を増やして大株主になれば良いことです。ボーナスは上司からもらうのではなく、配当でもらうのです。これには良い面悪い面双方あり、悪い面は、リストラなどができず、経営が保守的になり、思い切ったことができなくなる点があげられます。しかし、会社の社会貢献云々にこだわる方は、従業員株主化は効果的かと思います。それでも「会社が悪い」というのであれば、それは無責任ということになりますが。。。(2011/09/27)

リストラを行った部長が自身もリストラされ、株主総会に乗り込んだら主導した人事部長が警備員の服を着ていた、というエピソードはずいぶん前に読んだと思います。ひょっとして記事の使い回し、ではありあませんよね?コメント欄が花盛りなので一言だけ。(2011/09/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長