• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なぜ自転車のまま地下鉄に乗れないのか

身近な「足」を考える

2011年9月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 長らく不思議に思っていたまま、書かずにいたことをお話しましょう。

 私たちは自転車に乗ることがありますよね。郊外の駅前などには、通勤通学の自転車が山のように置いてあったりもします。

 でも、どうして「自転車に乗ったまま」電車や地下鉄に乗れないのでしょう。

 「バカなことを言うな。満員電車で混み合っているのに、どうやって自転車まで電車に乗せようというんだ!」。などとお叱りを受けそうですが、そこをあえて考えてみたいのです。

自転車のまま乗れるドイツの地下鉄

 例えばドイツであれば、遠距離電車はもちろん、市外電車、都心部の地下鉄まで、乗れる形で自転車を持ったまま、普通に車両に乗っています。今回はそれを少しご紹介してみましょう。

 ドイツの駅には一般に「改札」がありません。自転車で電車や地下鉄に乗ろうという人は、自分の乗車券以外に自転車用のチケットを買う必要があります。逆にいうと、チケットさえ買えば、原則的に自転車に乗ったまま列車に乗ることができるわけです。

 ベルリンの地下鉄で言えば、乗客の最短距離の料金が150円くらい、中距離だと250円くらいで、日本だと関西都市圏の地下鉄料金に近い感じです。これに加え、あと160円ほどの自転車用チケットを買えば、普通に乗り降りすることができます。自転車の定期というものも存在します。

 駅に入り、自転車を小脇に抱え上げ、そのままエスカレーターに乗ってホームまで上がってゆく…、なんて風景は、日常ごく普通に見かけるものです。

 無論、いつでもどこでも乗れるというわけではなく「この車両は自転車禁止」などの表示が出ていますので、それに従わなければなりません。また自転車乗りのほうにも自主的なマナーが徹底しており、迷惑になりそうな車両に無理に積み込む、というようなことはまず見かけません。このあたりは、個人主義が徹底しているということなのでしょうか…。

コメント31

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授